2022年01月28日 09:00

自分で考え自分らしく表現できる「自立した子」を育てるために―― 延べ4000人の子どもを指導してきたカリスマ塾講師が説く「管理しない子育て」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『子どもを自立させる管理しない子育て』(鈴木久夫著)を2022年2月1日に発売致します。
――――――――――――――――――――――――――
親の人生と子どもの人生とを切り離して考える――
わが子に全幅の信頼を寄せることが自立を促すカギ

わが子に自分で考え行動できる「自立した子」になってほしいと願い、理想に近づけるために、つい子どもに干渉してしまう親は少なくありません。しかし、自立した子を育てるためには干渉ではなく、親の子離れが重要です。
約30年間塾講師として教鞭をとる著者は、親の手を離れ、自分で考え行動する子どもの家庭では、親が「自分の人生」と「子どもの人生」とを切り離して考えているといいます。親が子どもの意思を尊重し、全幅の信頼を寄せることで、子どもは自立することができるのです。
本書では、親はいつ、どのように子離れをすればよいのか、子どもの意思を尊重する親になるにはどうすればよいのかなど、自立した子を育てるための「管理しない子育て」について解説します。

【書籍情報】
書 名:『子どもを自立させる管理しない子育て』
著 者:鈴木 久夫(スズキ ヒサオ)
発売日:2022年2月1日
定 価:900円(税込価格990円)
体 裁:新書判・並製/162ページ
ISBN :978-4-344-93702-4

【目次】
第1章 ついわが子に干渉してしまう子離れできない親たち
第2章 子離れするために――
    親の人生と子どもの人生を切り離す
第3章 自分の頭で考え、自分らしく表現できる「自立した子」にするために
    「放置」と「放任」を区別した“管理しない子育て”
第4章 好きなことを見つけた、苦手な科目を克服した、志望校に合格できた……
    “管理しない子育て”でわが子の成功をつかんだ家庭
第5章 親も子も自立した対等な関係こそ親子の理想像

【著者プロフィール】
鈴木久夫(すずき ひさお)
株式会社クセジュ代表取締役。塾クセジュ最高顧問。
東京理科大学在学中より、塾クセジュの講師として活躍する中で、創業者である管野淳一の教育理念に感銘を受ける。大学卒業時に大手企業の内定を辞退し、株式会社クセジュに入社。講師として約30年間にわたり教鞭をとる。2011年より、管野氏とともに共同代表となり、2016年より代表取締役に就任。
2021年に代表を退任後は最高顧問を務める。プライベートでは三児の父親でもある。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(ゲントウシャメディアコンサルティング)
代表者
久保田 貴幸(クボタ タカユキ)
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7 
TEL
03-5411-6440
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gentosha-mc.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.