2022年02月21日 11:00

アクロニス・ジャパンの代表取締役社長に川崎 哲郎が就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイバープロテクションのグローバルリーダーであるAcronisは、このたび、2022年2月21日付で、Acronisの日本法人であるアクロニス・ジャパン株式会社(本社: 東京都港区、以下アクロニス)の代表取締役社長として、川崎 哲郎(かわさき てつろう)が就任したことをお知らせいたします。

川崎は、IT業界において30年以上におよぶセールスおよびマネージメント経験を有しています。アクロニス・ジャパンに入社する前は、SUSEソフトウエアソリューションズジャパン株式会社において、カントリーマネージャーなどを務め、パートナーネットワークや事業拡大に努めました。同社へ入社する前は、エフセキュア株式会社のセールスディレクターやサン・マイクロシステムズ株式会社などにおいてセールス、ビジネスディベロップメント、マーケティングの要職を歴任してまいりました。

今回の就任について、川崎は次のように抱負を述べています。
「パートナー様とともに販路を広げ日本市場においてバックアップのみならず広範なセキュリティ機能までも備えたアクロニスのサイバープロテクションを大企業だけではなく中小企業に至るまで広く浸透させて行くことに力を注いで行きたいと思います。アクロニスのサイバープロテクションによりサービスプロバイダー様が簡単にユーザ様に対して質の高いマネージドサービスを提供でき、ユーザ様のシステムやアプリケーションがますます高度化してゆくサイバー攻撃にも耐えうる強固なセキュリティ及びデータ保護が実現されることを定着させて行きたいと思います」

アクロニスについて
アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型の自動サイバープロテクションにより、安全性、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関連する現代のデジタル社会の課題を解決します。サービスプロバイダーとIT専門家の要求に応える柔軟なデプロイメントモデルと、次世代型の画期的なアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、エンドポイント保護管理ソリューションによって、データ、アプリケーション、システムに対して上質のサイバープロテクションを提供します。受賞歴のあるAIベースのアンチマルウェアテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーにより、クラウドからハイブリッド、さらにはオンプレミスまで、あらゆる環境を予測可能かつ低いコストで保護します。

2003年にシンガポールで設立され、2008年にスイスで法人化されたアクロニスは、現在19か国の34の拠点で1,700人を超える従業員を抱えています。アクロニスのソリューションは、550万人以上のホームユーザーと50万社以上の企業の信頼を得ており、この企業にはFortune 1000選出企業のすべてと一流プロスポーツチームが含まれています。アクロニスの製品は150か国以上の5万社のパートナーおよびサービスプロバイダー経由で提供され、40以上の言語でご利用いただけます。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

  • 川崎 哲郎(かわさき てつろう)画像

会社概要

商号
アクロニス・ジャパン株式会社(アクロニス・ジャパンカブシキガイシャ)
代表者
川崎 哲郎(カワサキ テツロウ)
所在地
〒106-6108
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー37階
TEL
03-4572-2525
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.acronis.com/ja-jp/
公式ブログ
https://www.acronis.com/ja-jp/blog/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.