2022年03月09日 12:00

【米国】拡張現実(AR)/複合現実(MR)特許総合力トップ3はMICROSOFT、MAGIC LEAP、SONY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社パテント・リザルトは3月9日、米国特許庁が2021年12月末までに公開した「拡張現実(AR)/複合現実(MR)」関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

近年、インターネット上の仮想空間でユーザーがアバターなどを介してさまざまな交流を図ることができる「メタバース」が注目を集めています。AR、MRはユーザー同士が仮想空間においてコミュニケーションをする際に重要な役割を担う技術となります。
今回の調査では米国特許商標庁で公開されている「拡張現実(AR)/複合現実(MR)」技術について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。

集計の結果、「総合力ランキング」は、1位 MICROSOFT TECHNOLOGY LICENSING、2位 MAGIC LEAP、3位 SONY GROUPとなりました。


1位 MICROSOFT TECHNOLOGY LICENSINGの注目度の高い特許には、「現実の空間と仮想コンテンツを融合する際に、遅延を少なくする技術」や「3次元空間の奥行きデータを用い、移動するカメラの自己位置を推定する技術」などが挙げられます。

2位 MAGIC LEAPの注目度の高い特許には、「光学歪曲補正情報を使用して、画像データを補正するAR、MR、VR用のディスプレイ」や「ヒトの視覚的習性を反映した仮想コンテンツを表示するシステム」などが挙げられます。

3位 SONY GROUPは「eスポーツのバーチャル観戦」に関する技術や「物体の姿勢に合わせて適切な付加情報を表示する技術」などが注目度の高い特許として挙げられます。

4位 APPLEは「リアル環境に仮想情報を表すための方法」などが、5位 QUALCOMMは「複数のユーザー間でデータを見て、共同作業を可能にするための拡張現実の体験技術」などが注目度の高い特許として挙げられます。

6位以下にはMETA PLATFORMS(FACEBOOK)GOOGLESAMSUNG ELECTRONICSなどがランクインしています。

本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「【米国】拡張現実(AR)/複合現実(MR)関連技術 特許総合力ランキング」にてご覧いただけます。

■価格:100,000円~(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2022/03/usarmr.html

■特許・技術調査レポートについて
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

■特許分析セミナー情報
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

■本件に関するお問い合せ先
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

■会社概要
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

添付資料

会社概要

商号
株式会社パテント・リザルト(カブシキガイシャパテント・リザルト)
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.