2022年04月15日 14:30

空間リンク「XPANDコード」無料版、広告廃止や読み取りアプリ起動機能追加でより便利なツールに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
XPAND株式会社(東京都中央区銀座、代表取締役CXO 南木 徹)が開発・運営する空間リンク「XPANDコード」。200m先からでもスマホで読み取れる超非接触ツールで、スポーツ・小規模店舗・公共分野等での活用が始まっています。
そのXPANDコードの無料版「XPANDコード Gratis(グラーティス)」が、より使いやすくなりました。
https://xpand.codes/generator/


1.XPANDコードGratisアップデートの概要
当社は、XPANDコードGratisについて、本日4月15日にアップデートを実施しました。
大きな変更は、次の2点です。

(1)広告表示を廃止
これまでのGratisでは、読み取った後に一度広告を表示し、そこからコンテンツへ遷移する仕様でした。
展示会等のイベントに合わせて、一時的に広告表示しない運用も試行していたところ、良い反応を多数いただいたため、有料版同様、広告表示を全面的に廃止することとなりました。
これにより、読み取りからコンテンツ表示までの体感スピードが向上、QRコード以上に快適な読み取り体験が可能です。

(2)XPANDコードリーダー起動用QRコードを付記
XPANDコードを見かけても、読み取り方法がわからない、との声をまだまだいただきます。
今回のアップデートで、XPANDコードGratisにリーダー起動用のQRコードを付記アプリがない場合でも、その場でXPANDコードリーダーを起動できるようになりました。
有料版のXPANDコードQ(QRコード複合型)についても、本日より同様の仕様に変更しています。
尚、有料版では、従来通りQRコードのないXPANDコードもダウンロードできます。


2.XPANDコードについて
Photo: UBOX

公共交通サインの多言語化・個別最適化といった課題解決のために産まれ、スポーツへの活用も始まった空間用リンクが「XPANDコード」。
QRコードの弱点である距離とデザイン性を補完することができる、いわばQRコードのアドオンツールで、「第3のバーコード」(日刊工業新聞)としても注目されています。
https://newswitch.jp/p/14289


3.XPANDコードの作成方法・読み取り方法
XPANDコードの作成は、XPANDコードジェネレーターをご利用ください。
操作性を一部見直し、より使いやすくなりました。
https://xpand.codes/generator/

XPANDコードリーダーは、アプリインストール不要で起動できます。
併せてぜひお試しください。
https://xpand.codes/reader/
※iOS 13以下の端末と一部のAndroid端末ではアプリインストールが必要です
※XPANDコードリーダーは、VisionSmarts(ベルギー)製の高性能画像認識ライブラリーを利用しています
 https://xpand.codes/ja/vsreader/


4.XPANDコード ワールドツアー
2019年後半以降、日本政府・東京都・JETROなどの公募で相次ぎ選ばれ、「XPANDコード ワールドツアー」を敢行しています。
欧州・北米・ASEAN・インド・中東・中華圏での認知が広がってきています。
https://xpand.codes/ja/20200903-world-tour/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
XPAND株式会社(エクスパンドカブシキガイシャ)
代表者
南木 徹(ナンモク トオル)
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F
TEL
03-6215-8400
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://xpand.codes/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.