2022年04月25日 11:00

株式会社イーシーキューブ、ECサイトでのクレジットカード不正利用防止を目的に、株式会社アクルと業務提携。不正検知サービス「ASUKA」をEC-CUBE利用者向けに特別プランで提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社イーシーキューブ(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:金 陽信 以下、当社)は、株式会社アクル(本社:東京都港区 代表取締役社長:近藤 修 以下、アクル)と業務提携し、国内シェアNo.1(※1)EC構築オープンソース EC-CUBEの利用者に限定した、クレジットカード不正検知・認証サービス「ASUKA」特別プランについて、2022年4月25日より提供開始することを発表いたします。

不正検知サービスとは、導入されたECサイトで注文があった際に、クレジットカードの不正利用を事前に検知することで、不正取引によるチャージバックリスクを抑えることができるサービスです。クレジットカード番号の盗用による被害額が、2016年の114.5億から5年で310.1億(※2)と倍増する中、特に転売しやすい商品や高額な商品など、チャージバックが懸念される商品を扱うECサイトを中心に注目を集めています。
クレジットカード不正検知・認証サービス「ASUKA」では、不正利用の可能性が高い対象を自動で検知し、本人確認を行うことから、通常ではカート離脱に繋がる購入時の本人確認ステップの追加を行うことなく、効果的なチャージバック対策を実現できます。
今回の業務提携により、EC-CUBE利用者は「ASUKA」を特別価格で導入することが可能となります。
「ASUKA」のEC-CUBE特別プランのお問い合わせ・資料請求はこちら
https://akuru-inc.com/contact/eccube-asuka.html

(※1)独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による
(※2)一般社団法人日本クレジット協会「クレジットカード不正利用被害額調査」による

■インテグレートパートナー 株式会社Diezon 代表取締役 正古 明 氏 エンドースコメント

郵便物の転送システムを悪用するなど、不正注文はあの手この手で増えています。ある程度、商品発送前の目視確認の対象を絞ったとしても、注文量の増加に伴い、限界がきてしまう時があります。「ASUKA」のEC-CUBEへの導入に関しては、カード決済画面にメールアドレスをhiddenで表示するだけのカスタマイズで、スピーディに導入できました。運用面においても、中リスクの対象ユーザーに絞って目視確認を行うことも、スキップさせることも自由なため、注文量やクライアントのリソースに合わせた対応が可能です。
マイページのカード情報登録を悪用した大量アタックの防止に利用できることも、EC-CUBEをご利用の皆様に知っていただきたいポイントです。この度、EC-CUBE向けに特別料金での提供が始まることは、弊社にとっても、その先のクライアントにとっても大変嬉しいことだと思っております。

■インテグレートパートナー 株式会社U-Mebius 代表取締役 嶽山 主憲 氏 エンドースコメント

既に「ASUKA」を利用している制作会社として、今回の取り組みを歓迎いたします。「ASUKA」は簡単なJSタグをクレジットカード入力画面のテンプレートに入れるだけで、不正利用リスクのスコアリング機能が自動で立ち上がります。サイト内で不正利用の判定ができることに感動しました。受け取ったリスク判定に応じて、さらに自前のセキュリティ対策の実装も可能という、高いカスタマイズ性も魅力です。
また、トークン式のクレジットカード決済であれば、どの決済会社のプラグインにも導入ができる仕組みになっており、その便利さにも非常に驚きました。これまでもチャージバックを避けたいクライアントにはおすすめしていましたが、特別価格での提供とのことで、さらに導入が進むことを期待しております。

■アクルの「不正検知・認証システムASUKA」について

アクルが2020年7月にリリースした「ASUKA」は、ECサイト注文導線の中で、クレジットカード不正利用者を効果的に排除し、チャージバック対策ができるツールです。検知した不正な取引に対してのみ本人確認を行うため、ユーザーにとって購買時の手間が増えることなく、不正利用を防ぐことができます。
また、カードの規則性を利用して、ランダムな大量アタックでECサイトを攻撃し、決済が通れば有効な番号であると確認する「クレジットマスター」という手口の対策に特化したプランも提供しています。この被害を受けると、サーバー負荷の影響でカード決済が停止する・高額な決済処理料が発生する・カード情報の漏えいと同様の風評被害を受けるなどのリスクがあります。数年前に流行した手口ですが、この1~2年、再び被害が広がり、アクルへのクレジットマスターアタックに関するお問い合わせも急増しています。
通常プラン・クレジットマスター専用プランともに、EC-CUBE利用者限定の特別価格をご用意しています。詳しくは専用ページ(https://akuru-inc.com/contact/eccube-asuka.html)よりご相談ください。

■「EC-CUBE」について

ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は2006年9月の公開以降多くの方にご利用いただいた結果、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定、2020年11月には月商1000万円以上のネットショップ利用店舗数でNo.1に認定(※3)されています。最新版である「EC-CUBE 4.0」を2018年10月にリリース後、ダウンロードせずに安心安全に使っていただけるクラウド版「ec-cube.co」を2019年2月にリリース。オープンソースを基盤として、カスタマイズ可能なクラウドサービスの提供、簡単に機能追加できるプラグイン、外部サービスや企業の基幹システムとの連携を可能にする「Web API」等、単なるECサイト構築にとどまらない、企業のECを中心としたDX推進を強力にサポートするプラットフォームへと進化を続けています。
(※3)ECマーケティング株式会社「ネットショップ動向調査 ~ 小規模/大規模ネットショップ~月商1000万円未満/1000万円以上のそれぞれのWeb担当者に聞いた!現在使っているカートシステムの満足度は?」による

■株式会社アクル概要

会社名:株式会社 アクル
本社:〒106-0032東京都港区六本木1丁目9番9号六本木ファーストビル14階
代表取締役社長:近藤 修(こんどうおさむ)
設立: 2016年7月1日
URL:https://akuru-inc.com/
事業内容:クレジットカード不正対策ソリューション、チャージバック保証サービス、集客支援サービス 他

■株式会社イーシーキューブ概要

会社名:株式会社イーシーキューブ
本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
代表取締役社長:金 陽信(きむやんしん)
設立:2018年10月1日
URL:https://www.ec-cube.co.jp/
主要株主:株式会社イルグルム
事業内容:ECオープンプラットフォームの開発・提供等

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

  • AKURU-EC-CUBEロゴファイル

会社概要

商号
株式会社イーシーキューブ(カブシキガイシャ イーシーキューブ)
代表者
金 陽信(キム ヤンシン)
所在地
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
TEL
06-4795-7506
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.ec-cube.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.