2022年05月09日 13:00

「Kairos3」、SFA機能の単独提供を開始。顧客情報を一括管理できるファイルストレージ機能拡充も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、「Kairos3(カイロススリー)」内の機能の提供方法を刷新し、5月9日(月)よりSFA機能「Kairos3 SFA(カイロススリーエスエフエー)」を単独でご利用いただけるようになりました。また、ファイルストレージなど一部機能の拡充を実施したことをお知らせいたします。
■営業支援機能「Kairos3 SFA」について
「Kairos3 SFA」は顧客情報や商談情報を集約し、営業活動の進捗管理や売上予測を支援する機能です。また、タスク管理機能やメール連携機能によって、営業担当者の活動を支援し、活用の定着を促します。

これまで「Kairos3 SFA」は、「Kairos3」のマーケティングオートメーション機能「Kairos3 MA」と併用する必要がありました。当社ミッションである「マーケティングを、もっと身近に。」を実現するために、マーケティングオートメーションの利用有無に関わらず、「Kairos3 SFA」機能のみでご利用いただけるよう変更しました。「Kairos3」内のマーケティング支援機能「Kairos3 MA」、営業支援機能「Kairos3 SFA」のそれぞれを単独でも、併用でもご利用いただけるようになります。

利用料金
・基本料金
 初期費用10,000円
 月額25,000円(5ユーザーまで利用可能)
・オプション料金
 ユーザー追加 月額5,000円/1ユーザー

■その他拡充機能
<ファイルストレージ>
ホワイトペーパーや見積もりなどのデータファイルを「Kairos3」上に保存できます。顧客に関する情報を一元管理できるようになったとともに、ホワイトペーパーなどのデータファイルを自社サーバーへアップロードせずに顧客に提供できるようになりました。

<外部メール連携機能の改良>
顧客とのメール情報を「Kairos3 SFA」上に蓄積する外部メール連機能において、メール宛先に含める専用アドレスに独自ドメインが利用できます。また、蓄積されたメールを商談ごとだけでなく、企業ごとにも閲覧できるようになり、複数の商談をもつ企業との接触履歴を確認しやすくなりました。

<Sales Cloud連携の強化>
Salesforce社が提供するSFA・CRMツール「Sales Cloud」との双方向でのデータ連携ができます。見込み客、商談化した顧客それぞれに適切なマーケティングや営業活動ができるようになりました。

■サービスサイト
「Kairos3」 https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation

■カイロスマーケティングについて
「マーケティングを、もっと身近に。」をミッションに掲げ、知識や経験に関わらずに活用できるマーケティングオートメーション・SFA一体型の「Kairos3」の開発・提供、マーケティング・営業の実行方法がわかるメディア「マケフリ」を運営しています。「ものづくり大国ニッポン」のさらなる発展を支援すべく、業界や従業員数に関わらずあらゆる企業・組織のみなさんがマーケティングを活用した営業活動ができる社会を創造します。
所在地 :東京都渋谷区神宮前2-34-17住友不動産原宿ビル 17F
代表者 :佐宗 大介
設立 :2012年9月
URL :https://www.kairosmarketing.net/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
カイロスマーケティング株式会社(カイロスマーケティングカブシキガイシャ)
代表者
佐宗 大介(サソウ ダイスケ)
所在地
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル 17F
TEL
03-5366-4712
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
会社HP
https://corp.kairosmarketing.net/
公式ブログ
https://makefri.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.