2022年05月10日 11:00

業務用マッサージチェア「あんま王」 複合カフェ「快活CLUB」への導入台数が937台に(4月末時点) ランチ&マッサージのセットで仕事の合間にリフレッシュするサラリーマンが増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健康機器の企画・開発を行う株式会社日本メディック(所在地:神奈川県藤沢市、代表取締役:城田 充晴)が企画・開発する業務用マッサージチェア「あんま王IV」は、株式会社快活フロンティアの運営する複合カフェ「快活CLUB」への導入台数が937台となりました。(2022年4月末時点)
導入台数が増加した背景では、コロナ禍で働き方が柔軟になり、時間や場所を選ばず仕事ができるようになったという方も多く、ランチ&マッサージの短時間の利用で仕事の合間のリフレッシュとして活用するケースで増加しています。
仕事の合間にランチ&マッサージ!短時間でリフレッシュするサラリーマンが増加傾向に
全国に507店舗を展開する(2022年4月末時点)人気の複合カフェ「快活CLUB」は、コミック・インターネット・カラオケ・鍵付完全個室など豊富なコンテンツを備え、近年ではテレワークスペースとしても活用されています。2020年より当社の業務用マッサージチェアあんま王を導入し、以来4月末時点で導入台数は937台、全国328店舗に上ります。マッサージブースではブース料金のみでマッサージ機を時間内で好きなだけ利用でき、施設利用者に好評となっています。
特にコロナ禍で増加したのが、日中のサラリーマンの短時間の利用です。マッサージチェアブースの利用者はかねてより20代から40代の男性が多い傾向にありましたが、特に仕事中の休憩時間に短時間でリフレッシュできる場としての活用率が増加しました。サラリーマンの利用は、以前は終業後に立ち寄られるケースが多く見られましたが、コロナ禍で場所や時間に縛られない働き方が広まったことも影響し、忙しい仕事の合間の休憩時間を活用し1か所で食事と気分転換が叶う点で好評いただいています。

導入の決め手は (1)利用者への音環境の配慮 (2)修理体制 (3)プライベート空間の演出
「快活CLUB」では、音などの施設内環境の整備や利用者のくつろぎやすさを重視されています。今回、「快活CLUB」で当社業務用マッサージチェアを導入するに至った決め手や導入の狙いについてご紹介いたします。

(1) 近隣ブース利用者の妨げにならない“音”への配慮
導入にあたり、マッサージブースは隣接するブースと天井空間がつながっていることから、マッサージ機を利用する際の排気音を懸念されていました。近隣ブースで読書などを楽しむ他の施設利用者の妨げにならないよう、排気音のデシベル数までを調査した上で、導入いただいております。あんま王では、温泉ホテルの他商業施設やコインランドリーなど幅広い用途でご利用いただくケースも多く、排気音を極力抑えています。

(2) サービスの低下を防ぐ、故障時の迅速な修理体制
コミックやインターネット、カラオケなどさまざまな設備を備える「快活CLUB」ですが、マッサージチェアの利用を目的に来店される方もいらっしゃいます。その際に重要になるのが、故障時の迅速な修理体制でした。故障によりマッサージ機が使用できない場合、施設利用者の満足度にも影響します。本来の施設用途の他に待ち時間活用などの付加価値として設置されている施設(ショッピングセンターやコインランドリー、待合室等)に比べ、マッサージ機器自体が施設の利用目的の1つとなっているような施設では、故障による使用停止は利用者の満足度を大きく損ないます。
また、マッサージ機を業務用として使用する場合、不特定多数の人が高頻度で使用するため、家庭での使用に比べ、はるかに消耗スピードが速く、故障頻度が高くなります。故障による施設や利用者の負担を最小限に納めるべく、当社では迅速な修理体制を整えていた点も導入のポイントとなりました。

(3) 業界初採用の“フルフェイスフード”により、1人のプライベート感を更に高める
マッサージチェアとして業界で初めて採用した“フルフェイスフード”もポイントとなりました。複数人で楽しく過ごす利用者もいれば、1人の時間をゆっくりと過ごしたい、とプライベートな環境を求めて施設を訪れる方もいらっしゃいます。マッサージブースはすべて個室にはなっていますが、“フルフェイスフード”の利用により、1人のプライベート空間の演出をより高めることができます。

業務用として国内トップシェアに、活躍の場を広げる業務用マッサージチェア
当社の業務用マッサージチェア「あんま王」は、家庭用とは異なる業務用に特化した機能を追求し続け、業務用として国内トップのシェアを誇ります。高耐久性やスピーディな補修体制はもちろんのこと、パブリックな空間にいながら外部の視線を気にせず使える“フルフェイスフード”など業務用として多くの方に使用していただくための性能を追求してきました。家庭用では見られない大型サイズや、これまでのマッサージチェアにはない近未来的なデザインも人気の理由です。
「あんま王」は「待ち時間の有効活用」の他、「施設利用者のリラックス」や「遊休スペースの収益化」などさまざまな目的で導入されています。
あんま王IV 商品概要
販売名:マッサージチェア
定格電圧:AC100V(AVアダプタ使用)50/60Hz   本体定格:DC24V   消費電力:110W
もみ回数:3~80回/分   たたき回数:25~800回/分   足裏ローラー回転回数:60回以下/分
上下移動速度:約0.6~5.0cm/秒   タイマー:5~30分(5分単位)
本体寸法(約):リクライニングしてない時:幅 810mm×奥行き 1330mm×高さ 1400mm
リクライニングしている時:幅 810mm×奥行き 1680mm×高さ 1110mm
リクライニング角度: 背もたれ 約130~170度  オットマン:約10~80度
本体重量:95kg   張地:合成皮革
商品詳細  http://www.nihon-medic.co.jp/machine_anmaou_four.html
<商品に関するお問合せ先> 0466-45-3288
【企業概要】
マッサージチェアをはじめ、健康状態を推定する測定機器、などの健康器具の企画・開発を行っています。特に、業務用マッサージチェアとしては国内最大シェアを誇り、業務用に特化した機能を追求しています。超高齢化社会へと進む現代の日本において、安全で質の良い健康機器の企画、開発ならびにマッサージチェアの利用拡大を通して健康増進のサポートを目指します。

社名 株式会社日本メディック
代表 城田 充晴
所在地 神奈川県藤沢市下土棚468-1
ホームページ http://www.nihon-medic.co.jp/
TEL 0466-45-3288
設立 1983年7月14日
資本金 1,000万円
事業内容 健康、運動、美容、生活環境機器などの卸・小売・レンタル
     スーパー銭湯、健康ランド、スパ、リゾートホテル、企業・団体等での健康スペースの企画・運営
     健康、運動、環境、美容等に関する製品、システム、情報の企画、開発、製作及びコンサルティング

プレスリリースに関する報道関係者お問い合わせ先
広報事務局 担当:川崎(090-2401-4914) 杉村(070-1389-0175)
TEL:03-5411-0066   Fax:03-3401-7788  pr@netamoto.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • ライフスタイル

添付資料

会社概要

商号
株式会社日本メディック(ー)
代表者
城田 充晴(シロタ ミツハル)
所在地
〒252-0807
神奈川県藤沢市下土棚468-1 
TEL
0466-45-3288
業種
その他の製造・メーカー
上場先
未上場
会社HP
http://www.nihon-medic.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.