2022年05月18日 09:00

民間宇宙旅行時代到来!ASTRAXグループメンバーが「国際宇宙会議(IAC 2022)」に向けて発表申請していた論文「火星での垂直・水平農法」が審査を通過し発表決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人々の夢を宇宙で実現させる民間宇宙サービスプラットフォームを提供する宇宙ベンチャー企業株式会社ASTRAX(アストラックス、以下 ASTRAX、本社:神奈川県鎌倉市、代表:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地)は、2022年9月18日から22日にパリで開催される世界最大の宇宙業界の国際会議、第73回国際宇宙会議(IAC 2022)向けて、ASTRAXグループメンバーと共同で発表申請していた論文「火星での垂直・水平農法」が審査を通過し、国際宇宙会議で発表をすることとなりました。
【国際宇宙会議での発表論文】

このたび日本時間2022年3月8日早朝の申請締切までに、全世界97カ国から約4800本(国際宇宙会議史上最高数)の論文が申請され、2022年4月22日までに、約2800本の論文が審査を通過したことが発表されました。
ASTRAX代表山崎大地による論文32本、ASTRAXグループのメンバーの論文64本、合計96本の論文申請を行い、そのうち30本(ASTRAX代表山崎大地の論文12本、ASTRAXグループメンバーの論文が18本)が2022年4月20日に採択されました。

採択された論文を今後順次発表してまいります。

【論文28本目】
■論文タイトル:
INSIDE&VERTICAL FARMING ON MARS(火星での垂直・水平農法)

■著者:栗原義明

■共著者:山崎大地(ASTRAX代表・民間宇宙飛行士)

■アブストラクト(日本語版):
農業は、人類が誕生して以来、すべての生き物が死なない、あるいは長生きするための基本的な方法です。農業は、場所や地点を問わず、普遍的に維持しなければならない重要な産業です。月も例外ではありませんから、月での農業を考慮すべきです。言うまでもなく、火星は大気中に二酸化炭素が充満しており、土の上で直接農業を行うことはできません。そのため、小さな野菜や果物を栽培するためには、大きなドームが必要です。現在の技術では、巨大なハウスですべての種類の農作物を栽培することはできません。そのため、安定的に成長する種子を選び、その結果、ドーム内で安全に養殖し、定住することが必要なのです。このプロジェクトを実現するために、地球から持ってきた酸素発生装置を農業用ハウスの中に設置し、植物が新鮮な空気を吸って元気になるようにする必要があります。結論として、室内農業は、地球から輸送される物資に深く依存することなく、我々人類や他の哺乳類が食物を食べ、十分な栄養を摂取するための必然的な方法であると言えるでしょう。このように、室内農業は火星で食料を供給するための有効な方法なのです。

■Abstract:
Farming is a fundamental way for all living things not to die and even live loner since birth of human race. Farming is an essential industry that we all must maintain regards of place, location and geographical point, in nutshell, it should be universally applicable. Moon isn’t also an exception so that we should take into consideration of farming there. Needless to say, mars is filled with CO2 in the atmosphere, under the condition we cannot farm directly on the soil. In order to remove the difficulty, we need a big dome to cultivate small sized crops, vegetables and fruits. Under current technology, we cannot farm all types of agricultural products in the huge sized house hence it’s necessary to choose seeds that can grow up stably and consequently we can cook, eat safely in the dome for settlement. To realize this project, oxygen generator we bring from earth needs to be attached inside of the farming house so that plant can inhale fresh air to energize. To conclude my basic plan, inside farming in a room is an inevitable method that we human race and other mammals can eat food enough nutritions from them without deep dependence of good carried from earth by transportation. As mentioned repeatedly, inside farming is an effective process to supply us with foods on mars.

今後、ASTRAXは各著者に向けて、論文発表に必要となるさまざまなサポートを行ってまいります。

また、論文の著者及び共著者、論文著者以外の国際宇宙会議(IAC 2022)参加希望者への特別ツアーも準備してまいります。ご興味のある方は、本件に関するお問合せ先までご連絡ください。

【国際宇宙会議(IAC)とは】
国際宇宙航行連盟(IAF)が主催し、年に1度、開催される、宇宙業界では世界最大の国際会議です。
2021年は、10月25日から29日の5日間の会期でモハメド・ビン・ラシッド宇宙センター(MBRSC)がホストを務め、アラブ首長国のドバイで開催されました。110カ国から5,000人以上の参加者が集まり、「Inspire, Innovate and Discover for the Benefit of Humankind(人類の利益のためのインスピレーション、革新、発見)」というテーマのもと多数のプレナリー、テクニカルセッション、スペシャルセッション、IAF GNFパネル、そして90社以上が出展する展示会が行われました。ASTRAXはその国際宇宙会議において、グループメンバーとの共同で23本の国際論文を発表しました。

今年は、2022年9月18日から22日までフランスのパリで、フランス国立宇宙研究センター(CNES)がホストを務め、「Space for @ll」をテーマに、第73回国際宇宙会議(IAC 2022)が開催される予定です。
「宇宙といえばASTRAX!」
ASTRAXは、今後も人類全体の経済圏(生活圏)を宇宙に拡大させるとともに、地球上の平和と生活環境の改善や向上を目指し、民間の力で様々な宇宙サービスを提供してまいります。

【ASTRAX会社概要】
会社名:株式会社ASTRAX
代表者:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地
所在地:神奈川県鎌倉市
URL:https://astrax.space
事業内容:民間宇宙開拓事業全般及び宇宙サービスプラットフォームの提供

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ASTRAX
担当者:CEO秘書・星エリカ
E-Mail:erica.hoshi@astrax.space

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社ASTRAX(アストラックス)
代表者
山崎 大地(ヤマザキ タイチ)
所在地
〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町 ASTRAX秘密基地
TEL
0467-00-0000
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://astrax.space

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.