2022年05月10日 14:00

“遠くの都会”よりも、“近所の魅力”。 71.4%の女性が関心持つ「地元消費」の正体 女性消費者トレンドレポートHERSTORY REVIEW 2022年6月号がリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性視点マーケティングを行っている株式会社ハー・ストーリィ(代表取締役:日野佳恵子、本社:東京都港区)は、2022年5月10日(火)に女性消費者トレンドレポートHERSTORY REVIEW 2022年6月号をリリースしました。

◆2022年6月号のテーマは「地元密着マーケット」。顧客との関係構築のキーワードに弊誌が実施したアンケート調査の結果、71.4%の女性が新型コロナ流行以降に「生活圏内」の情報を調べ、これまで行ったことのない店舗を利用したことがわかりました。特に、20代30代では8割を超えており、若い年代の女性は積極的に地元の新たな魅力を発見していることが伺えます。
2年以上も続く新型コロナの流行により、”地元”の価値が大きく変容していることは注目すべき点と言えます。生活圏内の女性消費者との関係構築はビジネス成功にとって重要なキーになるでしょう。

6月号のテーマは、注目高まる「地元密着マーケット」です。なぜ今、”地元”へのモチベーションが高まっているのか。彼女たちに選ばれるためのポイントはどこにあるのか。調査結果をもとに探っていきます。

〇詳しくはこちら
https://herstory.co.jp/review/59-2206

【6月号の注目記事を一部紹介】

情報収集はInstagram&紙媒体のハイブリッド型に(9P「オンラインインタビュー調査」より)

女性消費者インタビューでは世代を超えた4名の回答者全員が「生活圏内」の情報をInstagramから得ていると回答していました。が、彼女たちは同時に地域情報誌や広報誌、地方新聞などの紙媒体も併せてチェックするハイブリット型であることも判明。
地元グルメやイベントに興味を持ち、情報アンテナを広く張り、日々の生活を楽しもうとする女性像が浮かび上がります。複数種類の媒体を使い分けながらの細やかな情報発信が、選ばれるポイントともなりそうです。
・2022年版「Y2Kファッション」がZ世代のトレンド 「22P「女性10タイプ別トレンドワード HER TREND」より)

15歳~24歳のプレ社会人層で一大トレンドとなっているのが「Y2Kファッション」です。「Y2K」とは「Year 2000」の略で、2000年代に流行したショート丈のトップスにミニスカート、厚底ブーツを取り入れた派手めなコーデが再び人気を集めています。また、K-POPアイドルをお手本にしたコーデもSNSを中心に拡散しています。
2022年版は、ヘルシーな「肌見せ」がキーワード。当時のブームを知らないZ世代の彼女たちは、懐かしさと新鮮さを同時に感じながら、そのまま真似をするのではなく「今風アップデート」を楽しんでいるようです。
ピンポイントなニーズに応える美容ケアが人気 「ブロウリフト」で美眉キープ「(27P「女性10タイプ別トレンドワード HER TREND」より)

30~64歳のベビなし夫婦層のトレンドの一つは美眉をキープする「ブロウリフト」です。日本人の8割は眉の毛流れが下または横を向いているといわれますが、パーマとワックスによって毛流れを自由に動かせるようになり、ナチュラルな美眉が継続。メイク時間も短縮できると評判です。マスク着用だからこそ、見える眉の印象はより重要に。月1回ほどの施術でキープできるため、ヘアサロン感覚で通う大人主婦も増えるのではないでしょうか。また、うぶ毛パーマや唇ケアなど、ピンポイントなニーズに応える美容アイテムは他世代でも人気です。今後も新しいポイントに焦点をあてた商品が登場しそうです。
「ソロ活」は大人女子の新常識に? 「(30P「女性10タイプ別トレンドワード HER TREND」より)

「ソロ活女子のススメ」は江口のりこさん演じる主人公がひとりでさまざまな活動(=ソロ活)に邁進する様子を描いたテレビドラマですが、45~64歳の青年・成人期ママの間でも、美術館や動物園、イベントやレストランなど、誰にも気兼ねせず1人の時間を豊かに楽しむ「大人女子のソロ活」は増えているようです。

コロナ禍で人と会いにくいが、アクティビティを楽しみたい。そんな女性たちのニーズに応え、これまでは2人以上で行くのが当たり前とされてきた場所でも今後は「おひとりさま」プランの充実が期待されます。


===========================================
女性消費者トレンドレポート 2022年6月号
"遠くの都会”よりも、“近所の魅力” 「地域密着マーケット」に惹かれる女性たち
===========================================

本商品は、以下3点がセットになった商品です。

1.HERSTORY REVIEW vol.59(PDF)
2.女性トレンド解説動画
3.女性WEBアンケート調査結果(PDF)

▼本商品のお申し込みはこちら

単体購入: 5,000円(税込)
https://herstory.co.jp/review/59-2206

年間購読:54,000円(税込)/年
https://herstory.co.jp/review/subscription

<目次>
【6月のキーワード】
"遠くの都会”よりも、“近所の魅力” 「地域密着マーケット」に惹かれる女性たち
【女性消費者動向】
71.4%が“近場の魅力”に興味アリ
地元で“好き”を探す女性たち

【オンラインインタビュー】
女性たちで進む“ジモト消費” インスタ・雑誌のハイブリット情報が主流

【事例取材】

CASE1 株式会社 陽と人
斬新な商品名に込められた、デリケートゾーンケアと福島への想い
「明日 わたしは柿の木にのぼる」

CASE2  株式会社ソアラサービス
「私たちがほしいものを、作る」
広島発!世界を狙う”平和グッズ”誕生秘話「EARTH Hiroshima」

【6月キーワードと考察】

【女性視点マーケティング最前線 Marke-Jinに聞く VOL.43】
シンポジウム「女性をめぐる現状と課題~政治とジェンダーの視点から~」(後編)
女性の議員はなぜ増えない? ジェンダー・クオータ導入が問題解決の糸口
京都女子大学 学長 竹安 栄子

【STAFF TREND 買ってよかった!トレンド商品】

【女性10タイプ別トレンドワード HER TREND】
(1) プレ社会人層 (青年期 15~24歳)
(2) 若手シングル層 (壮年期 25~39歳)
(3) 中堅シングル層 (中年期 40~49歳)
(4) ベテランシングル層 (高年期 50~64歳)
(5) ベビ待ち夫婦層(壮年期~中年期 25~49歳)
(6) ベビなし夫婦層(壮年期~高年期 30~64歳)
(7) 乳・幼児期ママ層 (壮年期~中年期 25~44歳)
(8) 児童・思春期ママ層(壮年期~高年期 35~54歳)
(9) 青年・成人期ママ層(中年期~高年期 45~64歳)
(10) セカンドライフ層(老年期 65~89歳)

【HER TREND 考察】
【クラスターが異なると選択基準はこんなに違う!】
【国内ローカルNEWS】
【海外ローカルNEWS】
【編集部発掘の商品・サービス】
【HERSTORY REVIEWの活用法】
【今後の予定・イベント】

▼HERSTORY REVIEWとは?
https://herstory.co.jp/review

【会社概要】
弊社は、従来のマーケティングを女性視点で見直すマーケティング理論「女性視点マーケティング(R)」の導入&支援により企業様の課題解決をサポートしている会社です。長年行っている女性動向の研究&分析報告や女性マーケット攻略のためのノウハウを研究レポートにまとめ提供しています。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ハー・ストーリィ(担当 三沢)
東京都港区六本木5-11-25 鳥居坂アネックス5階
電話:03-5775-1581
コーポレートサイト:https://herstory.co.jp/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社ハー・ストーリィ(カブシキガイシャハー・ストーリィ)
代表者
日野 佳恵子(ヒノ カエコ)
所在地
〒106-0032
東京都港区六本木5-11-25 鳥居坂アネックス5F
TEL
03-5775-1581
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://herstory.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.