2022年05月18日 11:00

工業用コーティング剤の市場規模、2026年に1,160億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「工業用コーティング剤の世界市場:樹脂(ポリウレタン、エポキシ、アクリル、アルキド)、技術(溶剤系、水系、粉体)、最終用途業界、地域別 - 2026年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を5月17日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1071376-industrial-coatings-market-by-resin-polyurethane.html

工業用コーティング剤の市場規模は、2021年の1,020億米ドルからCAGR2.5%で成長し、2026年には1,160億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因としては、最終用途産業からの需要増が挙げられます。アジア太平洋地域の一般産業は活況を呈しており、工業用コーティング剤の需要増につながると予想されます。

COVID-19の産業用コーティング剤市場への影響

IMF(国際通貨基金)の更新情報によると、2020年には2008年の世界経済危機と同程度かそれ以上の景気後退が起こるとされています。IMFは、2020年から2021年にかけて、世界経済の総生産高が9兆米ドル(約1,000兆円)喪失すると警告しており、ダメージの程度は、欧州や米国などの主要経済圏でウイルスがどのように広がるかに左右されるとしております。

エコノミストによると、中国経済は、COVID-19の流行が世界経済に及ぼす影響により、自国製品への世界的な需要が減少し、さらに打撃を受ける可能性が高いと言われています。パンデミックが拡大するにつれ、不安定な市場と信用不安の拡大を背景に、成長率は急激に低下すると思われます。

中央銀行は、政策金利の大幅な引き下げ、資産買い入れの再開、流動性注入を組み合わせて実行に移しています。財政当局は概して遅れをとっていましたが、今後は、最も影響を受けたグループに対して、より大規模で的を絞った支出を行うことが予想されます。

欧米の移動規制は経済活動に深刻な打撃を与えています。インドや東南アジアの国々も経済の大きな混乱に直面しました。

牽引要因:環境に優しいコーティングの需要増加

工業用コーティングは、環境にやさしく、コーティング樹脂のVOC排出量削減や低汚染コーティング技術に関するEUの厳しい規制が、環境対応型コーティングの需要を促進しています。米国や西欧諸国における政府の規制、特に大気汚染に関する規制は、今後の低汚染コーティング技術採用の原動力となります。これらの規制により、溶剤系塗料から水性塗料、粉体塗料、ハイソリッド塗料、紫外線硬化型塗料などの環境に優しい製品への需要の移行が進んでいます。これらの環境に優しい製品は、硬化段階で蒸発する溶剤の量が少なく、欧州委員会と連邦政府機関が定めた新しい規則や規制は、VOC排出量を最小限またはゼロにして、より環境に優しい社会を実現する方向に進んでいます。

市場機会:造船とパイプラインセクターにおける粉体塗料の将来性

中国は海運と造船に関わる最大国の一つです。同国は造船ではパイプラインセクターにおける粉体塗装の成長に継続的に貢献しており、粉体塗装技術の需要が増加しています。アジア太平洋と南米を中心とした発展途上国の造船とパイプラインセクターは、粉体塗装業界にとって魅力的な市場となっています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1071376-industrial-coatings-market-by-resin-polyurethane.html

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.