2022年06月22日 16:00

ECMO (体外式膜型人工肺)市場:2021年成人セグメントが40.0%の収益シェアを獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ECMO (体外式膜型人工肺) の世界市場 (2022-2030年):市場規模 (モダリティ・用途・患者層別)・地域的展望・成長の潜在性・市場シェア・予測」(Global Market Insights Inc.)の販売を6月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1088274-extracorporeal-membrane-oxygenation-market-size-by.html

ECMO (体外式膜型人工肺)市場は、心肺疾患や呼吸不全の症例が増加していることから、2030年までに大きく成長すると予想されます。また、感染症が増加していることや、ECMO装置のさまざまな利点に対する認識が高まっていることも、今後数年間で市場成長を加速させる可能性があります。

COVID-19の流行期間中、重症患者のための余剰生命維持システムに対する要求が高まったため、市場は急激な需要を目撃しました。特に、ECMOセクターにおける有利な政府政策と支援的な投資は、市場収益をさらに押し上げています。例えば、2022年5月、フロリダ州ネープルの非営利医療システムであるノースコリアー病院(NCH)ヘルスケアシステムは、心臓患者に余命保護を提供するためにECMO装置に多額の投資を行いました。NCHは、8人のECMO患者に一度に数時間から数週間のサポートを提供できる設備を整えたと報告しています。

さらに、業界の主要企業は、ECMO市場で優位な地位を維持するために、製品革新と技術進歩に積極的に参加し、製品状況にプラスの影響を与えています。例えば、2020年8月、医療機器企業のTerumo Cardiovascularは、クリティカルケア免疫療法のエキスパートであるCytoSorbentsと協力し、CytoSorbを米国のCOVID-19ホットスポット10州にわたる病院に販売し、呼吸不全が確認または切迫した重症成人患者に使用することを決定しました。

ECMO (体外式膜型人工肺)市場は、患者の年齢、モダリティ、用途、地域別に分類されます。

モダリティ別に、市場は、静脈(VV)、静脈動脈(VO)、動静脈(AV)に分類されます。静脈瘤(VV)セグメントは、2022-2030年の間CAGR1.9%で成長すると予想されます。これは、患者に提供される一時的な肺活量や心肺サポートなど、VVの特筆すべき利点に起因しています。

アプリケーション別に、市場は、体外心肺蘇生(ECPR)、心臓、呼吸器に分類されます。呼吸器用途セグメントは、2021年に65.0%以上の市場シェアを占めました、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器系疾患を患う患者に呼吸補助デバイスの需要が急増していることから、2022-2030年の間、需要が急増することが予想されます。

患者の年齢別に、市場は、成人、小児、幼児に分類されます。2021年、成人セグメントは約40.0%の収益シェアを獲得しました。成人のECMO手順の大幅な増加およびCOVID-19に対する老年人口の高い脆弱性は、製品の採用を加速させると予想できます。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、研究開発活動への投資の増加、患者人口の増加、ラタム地域での大手企業の存在感の拡大を理由に、2022年から2030年にかけてCAGR3.1%で成長すると推測されます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/gmi1088274-extracorporeal-membrane-oxygenation-market-size-by.html

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.