2022年06月23日 09:00

ピペリジンの市場規模、2027年に8,600万米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ピぺリジンの世界市場:種類別 (純度99%、純度98%)・最終用途産業別 (医薬品、農薬、ゴム、その他)・地域別 (アジア太平洋、欧州、北米、中東・アフリカ、南米) の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1090240-piperidine-market-by-type-purity-purity-end-use.html

ピペリジンの市場規模は、2022年の6,400万米ドルからCAGR5.9%で成長し、2027年には8,600万米ドルに達すると予測されています。ピペリジンは、作物保護、医薬品製造における医薬品有効成分(API)、有機合成における溶剤として広く使用されており、医薬品および農薬の最終使用産業における需要増加は、今後の市場の成長を支えるものと思われます。

COVID-19のピペリジン市場における影響

2020年、ピペリジン市場は、医薬品製造における高い需要により、COVID-19パンデミックによるプラスの影響を受けました。しかし、農薬、ゴムなどの最終用途産業からの需要は、労働力不足、輸送障害、在庫不足によりマイナスの影響を受けました。その後、2021年以降、市場は回復に向かっています。

牽引要因:製薬業界からの需要増

ピペリジン誘導体は、窒素含有複素環化合物の重要かつ広範なカテゴリーを代表するもので、ピペリジン骨格を持つ化合物は、多種多様な生物学的活性を示します。ピペリジンは、様々な医薬品の製造に使用される重要な化合物で、抗がん剤、抗菌剤、鎮痛剤、抗炎症剤、抗精神病薬などに広く使用されています。ピペリジンおよびピリジン複合体は、FDA承認薬に存在する最も一般的な複素環式断片の2つで、医薬品原薬(API)、中間体、ファインケミカルの合成に用いられるユビキタスな構成要素です。また、多くの医薬品中間体に含まれる一般的な有機化合物または代表的な構造要素でもあります。

過去数十年間に、糖尿病、冠動脈疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、肝炎、関節炎、癌などの慢性疾患の発生率が、世界の主要地域で増加しています。これは、世界的な老年人口の増加(2050年までに世界人口の20%以上が65歳以上になると予想される)、ライフスタイルの変化、急速な都市化に伴う食生活の変化に起因するものです。慢性疾患の高い発生率と有病率は、その効果的な治療のための原薬の必要性を高める結果となっています。市場の主要企業は、増加傾向にある慢性疾患の治療に向けてAPI製品のポートフォリオを整えることに注力しており、また、その治療に特化したAPIの生産能力を高めるために生産設備の拡張を試みています。このように、APIの生産におけるピペリジンのニーズの高まりは、市場を牽引するものと思われます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1090240-piperidine-market-by-type-purity-purity-end-use.html

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.