2022年06月24日 10:00

光学式選別機(Optical Sorter)の市場規模は、2022年から2027年にかけて平均年成長率9.9%増で推移する見込み【市場調査レポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「光学式選別機(Optical Sorter)の世界市場:2027年に至るタイプ・用途別予測」のお取扱いを開始いたします。

光学式選別機(Optical Sorter)の世界市場規模は2022年の26億ドルから2027年には41億ドルへと拡大するとみられます。同市場の平均年成長率は9.9%で推移するとレポートでは分析しています。
食品業界において、食品加工活動及び加工/配送時間短縮に光学式選別機の利用が増加していることは、光学式選別機(Optical Sorter)市場を牽引し、光学式選別機メーカーに新たな収益機会をもたらすと推測されています。

【英文市場調査レポート】
光学式選別機(Optical Sorter)の世界市場:2027年に至るタイプ・用途別予測
Optical Sorter Market with COVID-19 Impact Analysis, by Type (Cameras, NIR, Lasers, Hyperspectral Cameras & Combined Sorters, Other types), Platform (Freefall, Belt, Lane, and Hybrid), Application and Geography - Global Forecast to 2027
https://researchstation.jp/report/MAM/28/Optical_Sorter_2027_MAM2865.html
(レポートの詳細目次は上記URL参照)

【レポート構成概要】
◆光学式選別機(Optical Sorter)の世界市場予測2018-2027年
・市場規模(US$)

◆タイプ別、市場-2027年
・カメラ
・レーザー
・NIR選別機
・ハイパースペクトルカメラ/複合選別機
・その他
※(市場規模US$)

◆プラットフォーム別、市場-2027年
・ベルト
・フリーフォール
・レーン
・ハイブリッド
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2027年
食品
・野菜/フルーツ
・ドライフルーツ/ナッツ
・肉/シーフード
・穀物/穀類/パルス

リサイクル
・プラスチック
・紙
・有機性廃棄物
・建築/解体
・E-スクラップ
・金属
・ガラス

鉱業
・工業用鉱物
・貴金属
・その他
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2027年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、英国、フランス
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、韓国
・その他アジア太平洋
その他地域
・中南米
・中東
-サウジアラビア
-UAE
-その他中東
・アフリカ
※地域別に用途別大分類別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・バリューチェーン分析
・エコシステム
・ファイブフォース分析
・ケーススタディ
・技術トレンド
・貿易分析
・特許分析
・市場シェア分析
・競合状況

◆光学式選別機(Optical Sorter)の主要企業プロフィール動向
・TOMRA
・BÜHLER
・HEFEI MEYER OPTOELECTRONIC TECHNOLOGY
・株式会社サタケ
・ALLGAIER WERKE
・HEFEI TAIHE INTELLIGENT TECHNOLOGY GROUP
・KEY TECHNOLOGY
・UNITEC
・AWETA
・MACHINEX
・PELLENC ST

(その他企業)
・BINDER+CO
・SESOTEC
・NATIONAL RECOVERY TECHNOLOGIES (NRT)
・RAYTEC VISION
・STEINERT
・ANGELON
・MAF RODA AGROBOTIC
・NEWTEC
・CIMBRIA
・DAEWON GSI
・CP GLOBAL
・REDWAVE
・ELICA ASM
・TECHIK INSTRUMENT

(全295頁)
【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
https://researchstation.jp/report/MAM/28/Optical_Sorter_2027_MAM2865.html

発行元:MarketsandMarketsについて
https://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2022年6月10日

★関連レポート
「自動倉庫(ASRS)の世界市場:2026年に至る機器タイプ別、産業別予測」
https://researchstation.jp/report/MAM/28/ASRS_2026_MAM2802.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
https://researchstation.jp/index.html

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
リサーチステーション合同会社(リサーチステーションゴウドウガイシャ)
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://researchstation.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.