2022年06月24日 12:00

グローバルフォトクロミック色素市場の収益、市場規模、販売量、売上高、価格の分析レポート2022-2028

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年6月24日に、QYResearchは「グローバルフォトクロミック色素に関する市場レポート, 2017年-2028年の推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。フォトクロミック色素の市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界と中国市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界と中国市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2017年から2021年まで、予測データは2022年から2028年までです。

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/225859/photochromic-dyes

市場分析と見通し:世界のフォトクロミック色素市場
コロナ禍によって、フォトクロミック色素(Photochromic Dyes)の世界市場規模は2021年に 百万米ドルと予測され、2028年まで、%の年間平均成長率(CARG)で成長し、 百万米ドルの市場規模になると予測されています。

フォトクロミック色素 の世界の主要メーカーには、PPG, Tokuyama Corporation, Mitsui Chemicals, Tokyo Chemical Industry, Milliken Chemical, Yamada Chemical, Medvance, QCR Solutions Corp and Vivimed Labs,などがある。2021年、世界の大手6社の売上は %のシェアを占めています。

北米の フォトクロミック色素 市場は、2021 年に 百万米ドル、中国市場は 2028 年に 百万米ドルになると予測されています。世界市場における中国のシェアは、2021年に %で、2028年には %に達し、年間平均成長率(CARG)は %と予測されています。ヨーロッパの フォトクロミック色素 市場では、ドイツが2028年までに 百万米ドルに達すると予測されています。アジアでは、日本と韓国の市場が最も注目されていて、今後6年間の平均成長率(CARG)はそれぞれ %と %です。

Azobenzenesは、2021年には フォトクロミック色素 世界市場の %を占めていましたが、コロナ以降の期間には %のCAGRで成長し、2028年には 百万米ドルになると予測されています。一方、Light Control Materialsセグメントは、2028年まで年間平均成長率(CARG)%で成長し、2028年には約 %のシェアを占めることになります。

世界のフォトクロミック色素規模とセグメント
世界のフォトクロミック色素市場は、会社別、地域別、製品別とアプリケーションによって細分化することができます。世界のフォトクロミック色素市場における主な会社、関係者及びその他の参加者は、本調査レポートを重要なリソースとして活用することができます。このレポートは、2017年から2028年までの会社別、地域(国)別、製品別及びアプリケーション別の売上実績と予測に焦点を当てています。

【総目録】
1 世界のフォトクロミック色素市場概況:製品概要、市場規模、売上市場シェア、販売量、平均販売単価(ASP)の推移と予測(2017-2028)
2 世界のフォトクロミック色素会社別の市場競争:製造拠点、販売エリア、製品タイプ、競争状況と動向と販売量、売上、平均販売単価のベース
3 フォトクロミック色素地域別の状況と展望:地域別の市場規模とCAGR(2017 VS 2021 VS 2028)、販売量、売上、単価と粗利益の推移と予測(2017-2028)
4 フォトクロミック色素アプリケーション別:アプリケーション別の市場規模の推移と予測(2017-2028)
5 北米フォトクロミック色素国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
6 ヨーロッパフォトクロミック色素国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
7 アジア太平洋地域フォトクロミック色素国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
8 ラテンアメリカフォトクロミック色素国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
9 中東とアフリカフォトクロミック色素国別の市場概況:販売量、売上(2017-2028)
10 主な会社とそのデータ:企業情報、主なフォトクロミック色素製品の販売量、売上、粗利益(2017-2022)
11 原材料、産業課題、リスクと影響要因分析
12 マーケティング戦略分析、ディストリビューター
13 研究成果と結論
14 付録

QYResearch(QYリサーチ)は市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグローバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。米国、日本、韓国、インド、中国でプロフェショナル研究チームを有し、世界30か国以上においてビジネスパートナーと提携しています。今までに世界100カ国以上、5万社余りに産業情報サービスを提供してきました。また、日本の皆様へのサービスをより一層充実するために、日本の現地法人を設けています。

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp
■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社
日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
QY Research株式会社(キューワイリサーチカブシキガイシャ)
代表者
林玉光(リン)
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL
090-3800-9273
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
https://www.qyresearch.co.jp
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.