2022年06月30日 09:00

『垂直農法』の現状、課題に関する無料ウェビナーを、IDTechExが開催します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IDTechEx(先進技術調査会社: 本社英国 ケンブリッジ)は、『食糧危機解決のための垂直農法の役割』と題したウェビナーを、2022年7月7日(木)に開催します。

都市化や気候変動により耕作地が減少する中、農業は危機に直面しています。これらの問題は、パンデミックや地政学的な出来事によってさらに悪化し、食料サプライチェーンに大きな負担をかけ、大量の飢餓を招く恐れがあります。垂直農法は農業センターの分散化、栽培密度の向上、環境制御システムによる気候の影響からの切り離しを実現し、これらの危機の解決に貢献することが期待されています。そのため、垂直農法産業は近年大きな関心を集めており、2021年には10億ドル以上の資金を調達しています。しかし、垂直農法の現実はもっと悲観的かもしれません。コスト高など、この産業は多くの課題も抱えています。

このウェビナーでは、垂直農法の現状、課題について、IDTechExのテクノロジーアナリストBrendan Behが最新の調査をもとに解説します。

<開催概要>
テーマ:『食糧危機解決のための垂直農法の役割』
(The Role of Vertical Farms in Solving Today's Food Crises)
開催日時: 2022年7月7日(木) 10時もしくは18時から 30分間
開催方法:オンライン
言語:英語
参加費:無料(事前登録制)
https://www.idtechex.com/ja/webinar/39135-31975-21361-27231-35299-27770-12398-12383-12417-12398-22402-30452-36786-27861-12398-24441-21106/429


当日カバーする内容(予定)
- 垂直農法が農業界にもたらすもの
- 今日の垂直農法が直面している課題
- 垂直農法の収益性向上の考えられる方法

IDTechExは、関連する調査レポートを5月に発行しました。
『垂直農法 2022-2032年』
https://www.idtechex.com/ja/research-report/vertical-farming-2022-2032/871
本無料ウェビナー(英語)は、この調査レポートからの抜粋で行われます。
後日、使用した資料も提供します。

IDTechExは、その他にも先進技術に関連するウェビナーを開催しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.idtechex.com/ja/research/webinars

【本件に関するお問合せは、下記まで】
アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人)
100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
URL: https://www.idtechex.com/ja
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

アイディーテックエックス株式会社
商号
アイディーテックエックス株式会社(アイディーテックエックス)
代表者
山元 康夫(ヤマモト ヤスオ)
所在地
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
TEL
03-3216-7209
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
https://www.idtechex.com/ja

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.