2022年07月08日 09:00

【電子書籍】『嫌われる勇気』の著者がおくる、幸福に生きる「学び」のヒント! 『ゆっくり学ぶ 人生が変わる知の作り方』(岸見一郎著)7月7日より発売中!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作品紹介

「競争のために学んではいけない」

「学ぶことそれ自体が喜び」
「学び方を変えると生き方が変わる」

勉強がつらくて、やりたくない、長続きしない……。多くの人は受験や資格を取るために勉強し、悩み苦しんでいる。しかし本来の学びというのは、効率よく目的を達成するためにあるわけでない。
本書は、哲学者・岸見一郎が、ギリシア哲学、アドラー心理学の知見や、自らの読書や外国語学習の体験をもとに、学びの意義、楽しみ方のコツを紹介。今、学んでいるその時が喜びであり、幸福であると感じられる一冊!!


著者プロフィール

岸見一郎(きしみ・いちろう)
1956年、京都生まれ。哲学者。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(古賀史健と共著、ダイヤモンド社)、『絶望から希望へ』(大和書房)、『怒る勇気』(河出書房新社)、『プラトン ソクラテスの弁明』(KADOKAWA)、訳書に、アルフレッド・アドラー『個人心理学講義』『人生の意味の心理学』(アルテ)、プラトン『ティマイオス/クリティアス』(白澤社)など多数。韓国での講演をきっかけに、英独仏語、ラテン語、ギリシア語などのヨーロッパの言語に加えて、60歳になって初めてアジアの言語の韓国語を学び始める。韓国で出版された著書もある。


目次より(抜粋)

第一章 なぜ学ぶのか

・哲学は役に立つかどうかを考えない
・誰もが最初は何かのために学んでいない
・成功のためではない学びがある
・競争は学ぶ喜びを奪う
・「今」幸福でないなら学び方に問題がある
第二章 そもそも学びとは
・学ぶことは想起すること
・学びつつあるとともに学んでしまっている
・自分で考え抜かなければならない
・ゆっくり考える過程が楽しい
・分散学習の勧め
第三章 読書は学びの源泉
・読書がすべてではないが、学べることは多い
・ただ面白いから読む
・本があれば一人でも生きていける
・本も食事もゆっくり味わう
・電子書籍はありか
第四章 書くことは学ぶこと
・知識は「持つ」ことができない
・考えるためのアウトラインプロセッサ
・紙に書いたものはデジタル化する
・音声入力は使えるか
第五章 外国語学習は世界を広げる
・言語に優劣はない
・言葉から文化を学ぶ
・辞書を引くことを楽しむ
・例外を知るのは面白い
第六章 生きることは学び続けること
・学びを通して学びを得る
・できない自分から出発する
・学びも人生も予定を立てられない
・偶然を活かして自分の人生を生きる
・気がついたら遠くまで

試し読みページ
http://www.shueisha-cr.co.jp/reading/f/yukkuri/


書誌情報

集英社クリエイティブe単行本
『ゆっくり学ぶ 人生が変わる知の作り方』(岸見一郎著)
2022年7月7日(木)発売
発行=集英社クリエイティブ/発売=集英社
定価=1485円(税込10%)

http://www.shueisha-cr.co.jp/CGI/book/detail.cgi/2011/


【お問い合わせ先】集英社クリエイティブ 03-3239-3811

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
株式会社 集英社クリエイティブ(カブシキカイシャ シュウエイシャクリエイティブ)
代表者
茨木 政彦(イバラキ マサヒコ)
所在地
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-23-1 
TEL
03-3288-9821
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.shueisha-cr.co.jp/
IR情報
http://www.shueisha-cr.co.jp/
公式ブログ
https://www.facebook.com/shueishacr/?ref=bookmarks
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.