2022年07月21日 18:00

民間宇宙旅行時代到来!ASTRAXがリビエラ逗子マリーナスペースキーポイントで16回目の設立記念日の祝賀イベント開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人々の夢を宇宙で実現させる民間宇宙サービスプラットフォームを提供する宇宙ベンチャー企業株式会社ASTRAX(アストラックス、以下 ASTRAX、本社:神奈川県鎌倉市、代表:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地)は、2022年7月7日に初代ASTRAXの創立から16回目の創立記念日を迎え、同日にオープンした神奈川県逗子市のリビエラ逗子マリーナ「スペースキーポイント」で祝賀イベントを開催しました。
本イベントは、2022年7月7日~10日で開催された「ASTRAX宇宙革命=ASTRAX REBUILDING」の第1弾イベントとして開催されました。

本イベントには、ASTRAX代表取締役・民間宇宙飛行士の山崎大地、ASTRAXジェネラルマネージャー・宇宙ワーママ(R)の川上泰子、HEAVYDUTY代表・ASTRAX民間宇宙事業研究開発センター(ASTRAX LAB 千葉)代表のクリフ大岩氏、髙蔵染創設者・シブキアーティスト・ASTRAX宇宙服研究開発センターの大下倉和彦氏(ASTRAX LAB京丹後)が参加しました。

当日は、ASTRAX LABがある千葉県印西市某所にあるHEAVYDUTY秘密基地を見学した後、神奈川県逗子市に移動し、海の家で乾杯後、スペースキーポイントのディナーであるバーベキューをしながら、参加者と共にASTRAXの未来について語り合いました。当日は雨予報でしたが、予想に反して天気に恵まれ、夜はたくさんの星も見ることができました。

リビエラ逗子マリーナ「スペースキーポイント」の詳細はこちらのリンクからご覧いただけます。
https://www.riviera.co.jp/space_key_point/
参加者からは、「今までのASTRAXの変遷がよく理解できた」「これからの民間宇宙ビジネスを牽引するのはやはりASTRAXだ」「今後もASTRAXのため、民間宇宙ビジネスの発展のためにより一層頑張っていきたい」などの声がありました。

2016年7月7日に再始動した新生ASTRAXは7期目(2006年に設立された初代ASTRAXから数えると17期目)を迎えました。昨年2021年には世界も民間宇宙旅行時代に突入しています。ASTRAXはこれからも、宇宙を利用したい顧客のニーズを抽出して具現化させていくための技術、それらの技術を使いこなせる宇宙人材の育成など、民間の力により、これまでにない新しい宇宙事業を創造し、教育し、訓練し、実用化していくために挑戦し続けて参ります。

■■■■■

『宇宙といえばASTRAX!』

ASTRAXは、今後も人類全体の経済圏(生活圏)を宇宙に拡大させるとともに、地球上の平和と生活環境の改善や向上を目指し、民間の力で様々な宇宙サービスを提供してまいります。

【ASTRAX会社概要】
会社名:株式会社ASTRAX
代表者:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地
所在地:神奈川県鎌倉市
URL:https://astrax.space
事業内容:民間宇宙開拓事業全般及び宇宙サービスプラットフォームの提供

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ASTRAX
担当者:CEO秘書・星エリカ
E-Mail:erica.hoshi@astrax.space

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
株式会社ASTRAX(アストラックス)
代表者
山崎 大地(ヤマザキ タイチ)
所在地
〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町 ASTRAX秘密基地
TEL
0467-00-0000
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://astrax.space

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.