2022年09月01日 09:00

杉山城は上杉氏の城か、北条氏の城か?近年学界をにぎわす「杉山城問題」に鋭く切り込む!『杉山城問題と戦国期東国城郭』(著者:竹井英文)9月1日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戎光祥出版株式会社(東京都千代田区/代表取締役:伊藤光祥)は、『杉山城問題と戦国期東国城郭』(著者:竹井英文)を2022年9月1日に発売いたします。
「杉山城」はいったい誰が築城したのか?
埼玉県嵐山町に所在する杉山城の築城者をめぐっては近年、北条氏なのか山内上杉氏なのか、文献史学・考古学・縄張り研究の見解が真っ向から対立し、激しい論争が繰り返されており、「杉山城問題」と呼ばれています。本書では論争の当事者の一人である著者が問題点を整理・抽出し、「杉山城問題」に再考を迫るとともに、学際的な研究の必要性を説いています。
また、城郭に関する文献史料を徹底的に収集・分析することで、築城年代や築城主体の比定、政治史のなかでの位置付け等、戦国期東国城郭の基礎的事項を明らかにするとともに、これまで見過ごされてきたさまざまな論点を提起しています。津久井城、深大寺城、多気城、難波田城など多数の事例から課題に切り込んだ意欲的な1冊です。

【目次】
第一部 「杉山城問題」をめぐって
第一章 戦国前期東国の戦争と城郭――「杉山城問題」に寄せて
第二章 縄張編年論と大名系城郭論に関する覚書
補論一 縄張編年論と大名系城郭論に関する覚書: 補遺
補論二 房総の城郭と戦国大名系城郭論――「里見氏系城郭」を中心に
第三章 その後の「杉山城問題」――諸説に接して
第四章 城郭研究の現在
第五章 南北朝~戦国前期の「陣」について

第二部 戦国期東国城郭の研究
第一章 境目国衆の居城と大名権力――相模津久井城掟の分析から
第二章 戦国前期東国の城郭に関する一考察――深大寺城を中心に
第三章 戦国後期の南常陸と多気城
第四章 岩付太田氏と難波田城
第五章 上野国高山城の基礎的研究
第六章 戦国期の北信濃と大野田城

第三部 文献史料と城郭研究
第一章 戦国期城郭の維持・管理・生活――近世城郭との比較から
第二章 戦国期の戦争と「古城」
第三章  「戦功覚書」と城郭研究
第四章 城郭関係史料から小田原北条氏を考える
第五章 戦国時代の「名城」と「悪城」

【商品情報】
書名:『杉山城問題と戦国期東国城郭』(戎光祥城郭叢書 第3巻)
著書:竹井英文
定価:9,000円+税
体裁:A5版・上製・カバー装
ページ数:454ページ
ISBN:978-4-86403-437-1
https://www.ebisukosyo.co.jp/item/653/

【著者紹介】
竹井英文(たけい・ひでふみ)
1982年、東京都生まれ。
千葉大学文学部卒。一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。
現在、東北学院大学文学部准教授。
主な業績に、『織豊政権と東国社会 「惣無事令」論を越えて』(吉川弘文館、2012年)、『戦国の城の一生』(吉川弘文館、2018年)、『戦国武士の履歴書 「戦功覚書」の世界』(戎光祥出版、2019年)、『東日本の統合と織豊政権』(吉川弘文館、2020年)、『最上義光』(編著、戎光祥出版、2017年)などがある。

【会社概要】
社名:戎光祥出版株式会社
代表:代表取締役 伊藤光祥
所在地:〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル8F
ホームページ:https://www.ebisukosyo.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/ebisukosyo
Facebook:https://www.facebook.com/774833955871080/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
戎光祥出版株式会社(エビスコウショウシュッパンカブシキガイシャ)
代表者
伊藤 俊幸(イトウ トシユキ)
所在地
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル8F
TEL
03-5275-3361
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
https://www.ebisukosyo.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.