2022年09月21日 17:00

世界のデジタルチケット取引額は、2022年の7680億ドルから、2027年には1兆4000億ドルに達する見込み【Juniper Research社調査報告 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月13日 レポート販売取扱開始
株式会社データリソース(東京都港区)はジュニパーリサーチ(Juniper Research)が出版した下記英文調査レポートの販売を2022年9月13日に開始いたしました。


タイトル
DIGITAL TICKETING: COMPETITOR LEADERBOARD, SEGMENT ANALYSIS & MARKET FORECASTS 2022-2027
デジタルチケット:競合他社リーダーボード、セグメント分析、市場予測 2022-2027


レポート概要
このレポート「デジタルチケット」は、交通機関やイベントのチケット販売における市場の今後の進化を独自に分析したものです。このレポートでは、COVID-19の大流行後のチケット販売の回復、この非常に価値の高い市場の新たな展開と主要トレンドを包括的に調査しています。

また、Juniper ResearchのCompetitor Leaderboardでは、15社のベンダーを位置づけ、市場の競争状況を把握したい関係者に貴重なリソースを提供しています。


掲載されているベンダー
● Conduent
● Cubic
● G+D
● IDEMIA
● INIT
● Margento
● Masabi
● NXP
● OTI Global
● Ridango
● Thales
● Unwire
● Visa
● Vix Technology
● Wizway Solutions


掲載されている主な質問
● アカウントベースチケットの拡大がもたらす影響とは?
● 非接触型、モバイル、オンライン、ウェアラブルチケットの主なトレンドは?
● 各セグメントにおけるデジタルチケッティングの将来的な見通しは?
● 2027年までにモバイル、オンライン、ウェアラブルチケットの市場はどのように変化するのか?
● デジタルチケット市場のリーディングベンダーはどこか?


予測概要
世界のデジタルチケット取引額は、2022年の7680億ドルから、2027年には1兆4000億ドルに達する見込みです。今後5年間で78%というこの成長は、非接触型決済の継続的な成功によって、COVID-19の大流行による大きな影響から力強く回復することを示しています。しかし、現在の市場の断片化は、ユーザーが異なる交通機関やイベントエリアで同じ支払方法を使用できないため、成長とユーザー体験の質を制限する要因となっています。

地下鉄やバスのチケットは、最も急速に成長しているデジタルチケット分野であり、この分野の取引額は今後5年間で200%以上増加すると予想されています。ベンダーは、現在の市場に内在する断片化を解消するため、バス、電車、マイクロモビリティなど、さまざまな輸送シナリオに対応した統合非接触システムの開発に注力する必要があります。

チケットベンダーは、あらゆる種類の支払いをバックオフィスのアカウントにリンクさせることができるアカウントベースのチケットなどの戦略を追求する必要があります。障壁を取り除くことで、チケット販売におけるデジタル化を加速させ、Mobility-as-a-Serviceの開始を早めることができるのです。

また、イベントチケットのデジタル化は、2022年の1000億ドル弱から2027年には2300億ドルを超えると予想され、137%の急成長を遂げると言われています。ベンダーは、ファン体験を向上させるために、NFTとして鋳造された収集可能なデジタルチケットの半券など、付加的なインセンティブを提供する必要があります。


◆このレポートについて
DIGITAL TICKETING: COMPETITOR LEADERBOARD, SEGMENT ANALYSIS & MARKET FORECASTS 2022-2027
デジタルチケット:競合他社リーダーボード、セグメント分析、市場予測 2022-2027
https://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/220913-digital-ticketing.html
出版日:2022年9月13日


◆ジュニパーリサーチ社(Juniper Research) について
https://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/index.html
株式会社データリソースは、英国調査会社ジュニパーリサーチ社(Juniper Research)の日本における正規販売代理店として調査レポートの販売を行っています。




【プレスリリースに関するお問合せ】

ジュニパーリサーチ社(Juniper Research)日本正規販売代理店
株式会社データリソース
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531   Eメール:office@dri.co.jp
HP: https://www.dri.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社データリソース(カブシキガイシャデータリソース)
代表者
佐々木 浩(ササキ ヒロシ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
TEL
03-3582-2531
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.dri.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.