2022年09月21日 13:00

検査管理ソフトウェアの市場規模、2026年に97億2000万米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「検査管理ソフトウェアの世界市場(2022年)」(The Business Research Company)の販売を9月20日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1117633-inspection-management-software-global-market.html

検査管理ソフトウェアの市場規模は、2021年の55億6000万米ドルからCAGR12.00%で成長し、2022年に62億3000万米ドルとし、さらに2026年には97億2000万米ドルに達すると予測されています。

検査管理ソフトウェア市場は、事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による、チェックリスト、作業指示管理システム、レポート、分析ダッシュボードなど、組織の施設の安全性を保証するために使用されるデジタルソリューションを使い、受入品質管理の困難な作業を簡素化する検査管理ソフトウェアの販売で構成されています。検査管理ソフトウェアは、OSHAなどの政府機関が定めた健康と安全のための規制を遵守し、ビジネスの生産性を維持するための支援を行います。

検査管理ソフトウェアの主なコンポーネントは、ソリューションとサービスです。検査管理ソフトウェアソリューションは、技術系ユーザーと非技術系ユーザー、その他の企業に対して検査ソリューションを提供します。これにより、経営者はリスクの高いサプライヤーや材料をより効果的に監視することができ、最終製品の品質管理をし、企業の製造コストを下げ、スクラップをなくすことができます。大企業や中小企業では検査管理ソフトウェアの採用が進んでおり、クラウドやオンプレミスで展開されています。検査管理ソフトウェアは、ヘルスケア、製薬、オートメーション、製造、小売、情報技術などの産業で使用されています。2021年の検査管理ソフトウェア市場は、北米が最大地域となりました。

組織におけるスケジュール管理、文書やチェックリストの作成、結果の記録、行動のフォローといった検査業務の需要は、今後の検査管理ソフトウェア市場の成長を促進しています。業種や規模に関係なく、検査は製品の品質を維持するために不可欠です。そのためには、チェックリストや不良品の不適合記録など、多くの文書化が必要になります。例えば、2021年、KMPGの不正調査によって発表されたレポートによると、最大のリスク源として回答者の62%が従業員を挙げており、次いでサプライヤーと請負業者が挙げられています。フォレンジックデータ分析または人工知能は、回答者の38%が不正や汚職の検出を支援するために使用していると答えています。回答者の51%が、新しい事業環境が不正や不祥事を探る能力を妨げていると指摘しており、検査業務に対する需要の高まりが、検査管理ソフトウェア市場を牽引しています。

企業は、検査管理ソフトウェア市場をサポートするために新製品を開発しています。例えば、2019年には、鉄道管理ソフトウェアの製作を専門とする米国のRailroad Software社が、TrackAssetアプリケーション内で連邦鉄道管理局(FRA)準拠の橋梁点検を電子的に取り込むための橋梁点検ソフトウェアを発売しました。本ソフトウェアは、TrackAssetに組み込まれた橋梁点検ソフトウェアにより、橋梁の詳細を可視化し、年次点検をリアルタイムで実行することができます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1117633-inspection-management-software-global-market.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.