2022年09月21日 16:00

ツールテザリング(工具落下防止製品)市場:エネルギー・公共事業用途、2030年に9000万米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ツールテザリング (工具落下防止製品) の世界市場 (2022年~2030年):市場規模 (製品・用途・チャネル別)・地域的展望・COVID-19の影響・用途の潜在性・価格動向・競合市場シェア・予測」(Global Market Insights Inc.)の販売を9月20日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1121781-tool-tethering-market-size-by-product-by.html

ツールテザリング(工具落下防止製品)市場は、2022年から2030年にかけて大幅な成長を記録すると予想されています。この成長は、建設業界全体で起こっている急速な開発の結果です。

特にアジア太平洋地域では、建設部門が高い成長率を示すと予想されます。UNCTAD(国連貿易開発会議)によると、インドは2021年のFDI(外国直接投資)受入国上位7位にランクインしています。また、ArcelorMittal と日本製鉄による135億米ドルの鉄鋼・セメント工場の建設など、数多くの国際プロジェクトが同国で発表されています。ツールテザリング市場は、製品、用途、チャネル、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、リストランヤード、コイルランヤード、リトラクタブルランヤード、従来のランヤード、および特殊ランヤードに細分化されています。

特殊ランヤードセグメントは、2030年までに1億米ドルの売上を記録すると予想されています。特殊ストラップは、水、油、ほこり、グリース、塗料からの保護と、過酷な環境に耐えるための特殊コーティングが施されています。

COVID-19流行時には、顧客が快適に顔を覆うことができるように、フェイスマスクに特殊なランヤード(ストラップ)が使用されました。これらのランヤードは、ローラースケート、サイクリング、ハイキングなどの他の野外活動にも使用され、今後も需要を増加させることが期待されます。

用途別に、市場は、建設、石油・ガス、輸送、鉱業、エネルギー・公共事業、通信、一般産業に分類されます。

エネルギー・公共事業用途は、2030年までに9000万米ドルに達すると予測されています。この成長は、可処分所得の増加、経済の強化、急速な都市化などに起因しており、オールインワンテザーキットの導入も、市場の進展を後押しすると予想されます。このキットは、高い位置での作業による工具の落下を防ぐために、電力会社など特定の業種専用に設計されています。

通信分野は、2022年から2030年にかけてCAGR11%で成長すると予測されています。通信分野における技術の進歩と、信頼できる接続性と高速インターネットに対する消費者の需要が、ツールテザリング市場の成長を促進しています。

一般産業セグメントは、2030年までに4000万米ドル売上を記録すると思われます。従業員の安全に関する関心の高まりと相まって、作業施設での死亡や事故の数が増加していることから、ツールテザリングの需要が加速しています。

チャネル別に、市場は小売と産業用MROに分類されます。産業用MROセグメントは、2030年までに850万ユニットを達成する予定です。これは、1つの場所から複数の製品に簡単にアクセスできることに加え、意思決定を行うための最先端の分析が統合されていることが要因となっています。

地域別に、中東・アフリカ市場がCAGR8.5%で成長することが予測されます。MEA Vision 2030などの政府の取り組みにより、経済の多様化と複数の業種の開発が可能になり、ツールテザリング産業の成長に拍車がかかっています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/gmi1121781-tool-tethering-market-size-by-product-by.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.