2022年09月21日 11:00

「世界の水性エポキシ樹脂市場(~2028年):エポキシ樹脂種類別(高分子量、低分子量)、用途別(複合材、コーティング剤、接着剤)、最終用途別(家具、自動車、建設)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月21日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の水性エポキシ樹脂市場(~2028年):エポキシ樹脂種類別(高分子量、低分子量)、用途別(複合材、コーティング剤、接着剤)、最終用途別(家具、自動車、建設)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Stratistics MRCが調査・発行した「世界の水性エポキシ樹脂市場(~2028年):エポキシ樹脂種類別(高分子量、低分子量)、用途別(複合材、コーティング剤、接着剤)、最終用途別(家具、自動車、建設)、地域別」市場調査レポートの販売を2022年9月21日にMarketReport.jpサイトで開始しました。水性エポキシ樹脂の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 (一部抜粋)*****
Stratistics MRCによると、水性エポキシ樹脂の世界市場は2022年に45億2000万ドルを占め、2028年には85億ドルに達すると予測され、予測期間中に11.1%のCAGRで成長する見込みである。水性エポキシ樹脂は、揮発性有機化合物(VOC)の排出量が少ないため、広く使用されています。これらの樹脂は、複数の成分との高い互換性を提供し、基板への優れた接着性と高い硬化耐食性を実現するために、湿潤剤、共溶媒、添加剤を配合する能力を持っています。水性エポキシ樹脂脂は、接着剤、コーティング剤、複合材など、さまざまな用途で使用されています。

経済協力開発機構(OECD)によると、アジア太平洋地域の建設市場は2017年から2025年にかけて7~8%の成長率を記録し、2025年には5兆3600億米ドルに達し、世界の建設産業の約60.0%を占めると予想されています。Statistaによると、2020年の大型バス、小型商用車、トラックの生産台数は世界で2,180万台でした。したがって、軽量車や商用車の生産台数の増加が、自動車塗料業界で使用されるエポキシ樹脂の市場全体をリードすることが予想されます。欧州では、ドイツ政府が2021年末までに約150万戸の住宅を建設する計画に関して発表を行いました。同様に、ロシア、フランス、イギリスなどの国々における建設活動の成長も、エポキシ樹脂市場の成長を促進すると予想されます。

推進要因:環境に優しい製品に対する需要の高まり
これらの樹脂は、ホモ重合触媒により膨大な数の硬化剤に共重合されます。これは、さらに優れた機械的特性を提供するであろう熱可塑性ポリマーを開発するために使用することができます。同時に、温度耐性と制御を高めることができます。また、水性エポキシ樹脂は、そのゼロVOCsの排出のために環境にやさしいです。したがって、彼らは広く接着剤やコーティング剤産業で使用されています。これらの要因は、今後数年間で市場の成長を加速させる可能性があります。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・エグゼクティブサマリー
・序論
・市場動向分析
・ファイブフォース分析
・世界の水性エポキシ樹脂市場規模:エポキシ樹脂種類別
- 高分子量エポキシ樹脂の市場規模
- 低分子量エポキシ樹脂の市場規模
・世界の水性エポキシ樹脂市場規模:用途別
- 複合材用水性エポキシ樹脂の市場規模
- コーティング剤用水性エポキシ樹脂の市場規模
- 接着剤用水性エポキシ樹脂の市場規模
・世界の水性エポキシ樹脂市場規模:最終用途別
- 家具における市場規模
- 包装における市場規模
- 自動車における市場規模
- 建設における市場規模
- 繊維における市場規模
・世界の水性エポキシ樹脂市場規模:地域別
- 北米の水性エポキシ樹脂市場規模
- ヨーロッパの水性エポキシ樹脂市場規模
- アジア太平洋の水性エポキシ樹脂市場規模
- 南米の水性エポキシ樹脂市場規模
- 中東・アフリカの水性エポキシ樹脂市場規模
・主要な企業動向
・企業情報

※「世界の水性エポキシ樹脂市場(~2028年):エポキシ樹脂種類別(高分子量、低分子量)、用途別(複合材、コーティング剤、接着剤)、最終用途別(家具、自動車、建設)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Waterborne-Epoxy-Resin-Market-Forecasts-SMRC22SP0018

※その他、Stratistics MRC社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/stratistics-mrc
https://www.marketreport.jp/stratistics-mrc-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はStratistics MRC社の日本での販売代理店です。Stratistics MRC社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

H&Iグローバルリサーチ株式会社の最新プレスリリース

2022年09月26日 18:00
「世界のフライトシミュレーター市場(~2027年):プラットフォーム別(商用機、軍用機、UAV)、種類別(フルフライト、フルミッション)、方法別、ソリューション別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年09月26日 15:00
「世界の商業用温室市場(~2027年):種類別(ガラス、プラスチック)、商品別(果物、野菜、花&観葉植物、苗木)、機器別(ハードウェア、ソフトウェア&サービス)、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年09月26日 11:00
「世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場(~2027年):コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、用途別、種類別、組織規模別、産業別、軌道別、周波数別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年09月22日 18:00
「世界のワイヤレス接続市場(~2027年):接続別(Wi-Fi、BluetoothClassic、Bluetooth4X、Bluetooth5X)、最終用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年09月22日 15:00
「世界の自動車用バルブ市場(~2027年):推進力&コンポーネント別(ICE、EV)、車両タイプ別(乗用車、LCV)、EV別、用途別、機能別、エンジンバルブ種類別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.