2022年09月21日 15:00

「世界の自家調整検査(LDT)市場(~2028年):検査種類別(微生物、免疫、血液、分子診断)、製品別(R&D、質量分析、マイクロアレイ)、用途別、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月21日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の自家調整検査(LDT)市場(~2028年):検査種類別(微生物、免疫、血液、分子診断)、製品別(R&D、質量分析、マイクロアレイ、PCR、NGS)、用途別(遺伝、腫瘍、感染症、神経)、エンドユーザー別(専門診断センター、学術機関、病院研究室)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Stratistics MRCが調査・発行した「世界の自家調整検査(LDT)市場(~2028年):検査種類別(微生物、免疫、血液、分子診断)、製品別(R&D、質量分析、マイクロアレイ、PCR、NGS)、用途別(遺伝、腫瘍、感染症、神経)、エンドユーザー別(専門診断センター、学術機関、病院研究室)、地域別」市場調査レポートの販売を2022年9月21日にMarketReport.jpサイトで開始しました。自家調整検査(LDT)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要 (一部抜粋)*****
Stratistics MRCによると、世界の自家調整検査(LDT)市場は2022年に48億8000万ドルを占め、予測期間中にCAGR9.6%で成長し、2028年には84億5000万ドルに達すると予測されています。自家調整検査(LDT)は、単一の研究室内で計画され利用される体外診断用検査の一種です。これらの検査は、人体構造から採取した検体から、タンパク質、コレステロールやグルコースなどの化学物質、DNAなど、さまざまな分析物を測定または識別するために使用することができます。正確でエラーのない分析を行うためのラボや診療所向けの自動体外診断(IVD)技術の開発が、この増加を促進すると予想されます。研究所で開発された検査は、腫瘍、遺伝、感染症、自己免疫疾患の検出とモニタリングに有益です。これらの検査は、病気に関連するマーカーの存在について自分の遺伝的構成に興味を持つ人々にとって最良の選択肢です。この検査は、生活の質の向上、既往症のモニタリング、ライフスタイルの維持など、多くの利点を備えており、毎日の健康診断や病気の治療のための入院よりも望ましいものとなっています。

米国心臓協会によると、2017年、米国では様々な形態の心血管疾患により868,662人が死亡しており、さらに2018年には、高血圧(11%)、脳卒中(17%)、動脈疾患(2.9%)、心不全(9.6%)と並んで冠状動脈疾患(42.1%)が主要死亡原因の一つになっています。そのため、これらの循環器系疾患の発見と治療のために、体外診断法が医師から非常に好まれています。また、米国がん協会によると、2020年には、米国で新たに約180万人のがん患者が診断され、約60万6520人のがん患者が死亡しています。さらに、米国では慢性疾患を持つ人々が最も頻繁に医療施設を利用しています。

推進要因:遺伝的健康リスクに関連する製品提供の増加
世界中の自家調整検査(LDT)のメーカーは、将来的に十分な利益を得ることができるでしょう。彼らは、多様な製品ラインを提供するための研究開発費の価値を認識し始めています。例えば、23andMeとVirgin GroupのVG Acquisition Corp.は合併し、ヒト遺伝学を利用した個別化医療と治療の進歩を実現する上場企業となりました。多くの企業が、遺伝的健康リスク、家系、形質に関するデータを提供するなどのイノベーションを通じて、製品提供をより多面的なものにするための大規模な対策を講じています。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・エグゼクティブサマリー
・序論
・市場動向分析
・ファイブフォース分析
・世界の自家調整検査(LDT)市場規模:検査種類別
- 微生物検査の市場規模
- 臨床生化学検査の市場規模
- 免疫検査の市場規模
- 血液検査の市場規模
- 分子診断検査の市場規模
・世界の自家調整検査(LDT)市場規模:製品別
- 研究・開発の市場規模
- 質量分析の市場規模
- マイクロアレイの市場規模
- PCRの市場規模
- NGSの市場規模
・世界の自家調整検査(LDT)市場規模:用途別
- 遺伝子用LDTの市場規模
- 自己免疫疾患用LDTの市場規模
- 腫瘍用LDTの市場規模
- 感染症用LDTの市場規模
- 神経用LDTの市場規模
・世界の自家調整検査(LDT)市場規模:エンドユーザー別
- 専門診断センターにおける市場規模
- 学術機関における市場規模
- 病院研究室における市場規模
- 臨床研究機関における市場規模
・世界の自家調整検査(LDT)市場規模:地域別
- 北米の自家調整検査(LDT)市場規模
- ヨーロッパの自家調整検査(LDT)市場規模
- アジア太平洋の自家調整検査(LDT)市場規模
- 南米の自家調整検査(LDT)市場規模
- 中東・アフリカの自家調整検査(LDT)市場規模
・主要な企業動向
・企業情報

※「世界の自家調整検査(LDT)市場(~2028年):検査種類別(微生物、免疫、血液、分子診断)、製品別(R&D、質量分析、マイクロアレイ、PCR、NGS)、用途別(遺伝、腫瘍、感染症、神経)、エンドユーザー別(専門診断センター、学術機関、病院研究室)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/LaboratoryDeveloped-Testing-Market-Forecasts-2028-SMRC22SP0019

※その他、Stratistics MRC社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/stratistics-mrc
https://www.marketreport.jp/stratistics-mrc-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はStratistics MRC社の日本での販売代理店です。Stratistics MRC社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

H&Iグローバルリサーチ株式会社の最新プレスリリース

2022年09月26日 18:00
「世界のフライトシミュレーター市場(~2027年):プラットフォーム別(商用機、軍用機、UAV)、種類別(フルフライト、フルミッション)、方法別、ソリューション別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年09月26日 15:00
「世界の商業用温室市場(~2027年):種類別(ガラス、プラスチック)、商品別(果物、野菜、花&観葉植物、苗木)、機器別(ハードウェア、ソフトウェア&サービス)、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年09月26日 11:00
「世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場(~2027年):コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、用途別、種類別、組織規模別、産業別、軌道別、周波数別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年09月22日 18:00
「世界のワイヤレス接続市場(~2027年):接続別(Wi-Fi、BluetoothClassic、Bluetooth4X、Bluetooth5X)、最終用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年09月22日 15:00
「世界の自動車用バルブ市場(~2027年):推進力&コンポーネント別(ICE、EV)、車両タイプ別(乗用車、LCV)、EV別、用途別、機能別、エンジンバルブ種類別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.