2022年09月22日 15:00

昆虫タンパク質の市場規模、2027年に33億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「昆虫タンパク質の世界市場:昆虫の種類別 (コオロギ、バッタ、アリ、ミールワーム、ブラックソルジャーフライ、その他)・用途別 (食品・飲料、動物栄養、医薬品・化粧品)・流通チャネル別・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を9月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1123591-insect-protein-market-by-insect-type-cricket.html

昆虫タンパク質の市場規模は、2022年からCAGR33.4%で成長し、2027年には33億米ドルに達すると予測されています。人口の増加と、食糧・飼料需要への圧迫は、10年前から世界的な懸念事項となっています。世界人口の増加に伴い、食料のみならず飼料の需要も増加しており、食料生産量を70%増加させることが必要とされています。

牽引要因:研究開発および新興企業への投資の増加

昆虫タンパク質市場に参入している様々な企業が、事業の拡大と市場シェアの獲得を目的に戦略を練っています。業界参加者が採用する主な戦略には、新製品の発売、パートナーシップ、買収などがあります。例えば、2022年3月、Global BugsはSmart Vet Groupと提携し、丸焼きのコオロギとコオロギの粉末を含むペットフードやペット用サプリメント製品の処方と生産に注力し始めました。2021年11月、昆虫タンパク質企業のŸnsectは、Pure Simple True LLCと共同で、米国市場で犬用飼料の超高級・高級ブランドであるBernie'sを発売しました。

抑制要因:微生物リスクとアレルギー反応

昆虫タンパク質の摂取は、人・動物ともに様々なアレルギーリスクを伴う可能性があります。昆虫タンパク質の使用は、研究の初期段階にあるため、未知のアレルギー性疾患や関連疾患のリスクが高く、治療も即座に対応することができません。昆虫食に伴うリスクには、重金属など化学物質の蓄積や微生物による汚染の可能性もあります。昆虫の中には、食事、吸入、直接接触、刺され、噛まれることによってアレルギー反応を引き起こすことが知られています。甲殻類などの分類学的に関連した食物アレルゲンや、ダニなどの吸入性アレルゲンとの交差反応も、昆虫を摂取した後に記録される有害反応の一因となる可能性があります。

市場機会:明確な規制と政府のサポート

昆虫タンパク質製品の消費と受容は、食感、味、外観などの要素に大きく左右されます。様々な規制機関が、昆虫タンパク質の使用とその利点に関するガイドラインを消費者に提供するため、調査や研究を行っています。例えば、2021年に欧州委員会は、持続可能な食品を農場から食卓へ送り込む戦略において、昆虫養殖の重要な役割を認識しました。2021年7月に欧州連合はまた、最初の新規昆虫タンパク質、黄色のミールワームを承認し、欧州市場に導入しました。これらの規制上の受け入れと承認は、市場の参加者に有利な成長機会を提供することが予測されます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1123591-insect-protein-market-by-insect-type-cricket.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 飲食、料理

会社概要

株式会社グローバルインフォメーション
商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
JASDAQ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.