2022年09月29日 15:30

「世界の変圧器市場2022年-2031年:種類別(電力用変圧器、配電用変圧器、計器用変圧器、電子変圧器、その他)、冷却方式別(乾式・油浸式)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年9月29日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の変圧器市場2022年-2031年:種類別(電力用変圧器、配電用変圧器、計器用変圧器、電子変圧器、その他)、冷却方式別(乾式・油浸式)」調査資料の販売を2022年9月29日に開始いたしました。変圧器市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の変圧器市場2022年-2031年:種類別(電力用変圧器、配電用変圧器、計器用変圧器、電子変圧器、その他)、冷却方式別(乾式・油浸式)
■英文タイトル:Transformer Market (Type: Power Transformers, Distribution Transformers, Instrument Transformers, Electronic Transformers, and Others; and Cooling: Dry Type and Oil-immersed) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年9月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
変圧器は、電圧を増加(昇圧)または減少(降圧)させることによって、1つの交流回路から1つまたは複数の他の回路に電気エネルギーを変換する装置です。市場で入手可能な変圧器の種類には、電力変圧器、オート変圧器、回転変圧器、補助変圧器などがあります。変圧器は、発電、配電、送電、利用など様々な用途で使用されています。主に長距離の配電や電力調整に使用され、家庭用や産業用の様々な用途に採用されています。電磁誘導など用途別に設計された変圧器の動作原理はすべて同じですが、その用途はシステム要件によって異なります。変圧器業界の将来を牽引するのは、技術における新たなアプローチだと予想されます。これらのアプローチには、経済的、環境的、安全的にさまざまな利点をユーザーに提供するための高温材料の使用などが含まれます。

化石燃料の枯渇と、再生可能エネルギーの採用を促進するための政府規制の実施が増加していることが、予測期間中の変圧器の需要を促進すると予想されます。また、電力消費量の増加や再生可能エネルギー分野への官民投資の増加も、市場の成長に寄与しています。再生可能エネルギー分野では、変圧器はエネルギーハーベスティング装置で発電された直流(DC)電力を、家庭や企業、電力網環境で使用するための交流(AC)電力に変換するために使用されています。
国際エネルギー機関(IEA)によると、2020年には再生可能エネルギーの使用量が3%増加し、他のすべての燃料の需要が減少するとされています。再生可能エネルギーの需要に大きく貢献しているのは、太陽光発電と風力発電です。2021年には、中国だけで世界の再生可能エネルギー電力増加の半分近くを占め、米国、EU、インドがそれに続きますでは、ここ数十年、再生可能エネルギーが最も急成長しているエネルギー源となっています。2020年には、同国の電力事業規模の発電量に占める再生可能エネルギーの割合は約20%となり、水力発電(7.3%)と風力発電が大半(8.4%)を占めるようになります。

新興国における電力需要の増加には、急速な工業化と都市化が大きく寄与しています。また、アジア太平洋地域でのインフラ整備に伴う支出増により、エネルギー消費量も急増しています。IEAによると、アジア太平洋地域の電力需要は2020年の2%から、2021年には約8%増加しました。このエネルギー需要の増加は、主に中国とインドが牽引しており、この2カ国は2021年に10%の増加を記録しました。国家エネルギー局(NEA)によると、中国の総電力消費量は2021年に8兆3100億キロワット時(kWh)に達した。この数字は2019年のそれと比べて14.7%の伸びを示し、2年平均の上昇率は7.1%となった。しかし、初期投資の高さが世界の変圧器市場を抑制することが予想されます

変圧器の世界市場は、タイプ別に、電力用変圧器、配電用変圧器、計測用変圧器、電子用変圧器、その他に区分されます。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入が進み、マイクログリッド運用の需要が増加していることから、2021年の市場シェアは電力変圧器部門が最大となりました。電力変圧器は、主に発電や送電において、電圧を昇降させるために使用されます。金属や鉱業、石油・ガスなど、さまざまな産業で使用されています。

変圧器の世界市場は、冷却方式によって乾式と油入式に分類されます。油入タイプは、予測期間中に大きく成長することが予想されます。油入変圧器は、配電所や変電所で使用される重要なタイプの変圧器の1つです。油入変圧器は、配電所や変電所で使用される重要な変圧器の1つで、エネルギー効率の基準が高く、その結果、乾式タイプよりも長寿命です。油入変圧器のオイルは冷却剤として働き、機械の熱を制御しています。油入変圧器の場合、コイルと鉄芯で発生した熱は、まず絶縁油に運ばれ、次に冷却媒体に運ばれますーメンス・エナジーは、油入変圧器を提供する重要な企業の一つです。シーメンスエナジーは、優れた信頼性、効率性、環境性能を持つFITformer Fluid-immersed Distribution Transformersを提供しています。

2021年の変圧器世界市場は、アジア太平洋地域の急速な工業化により、同地域が圧倒的なシェアを占めています。また、中国、日本、インドにおける電力需要の大幅な増加により、同地域の市場は予測期間中に最も速い成長率を記録すると予測されます。
北米は、2021年の変圧器世界市場の約32%を占め、2番目に大きなシェアを占めています。同地域の市場成長は、主要プレイヤーの存在と電力産業における先進技術の早期導入に起因しています。米国は、2021年に北米で最大のシェアを占め、同国における新型変圧器の研究開発への投資増に牽引されました。変圧器の需要は、南米よりも中東・アフリカの方が高いが、南米の市場は中東・アフリカと比較して速いペースで成長すると推定されます。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/transformer-market-type-power-transformers/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.jp
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年11月28日 15:30
「世界のリチウム電池用鉱物市場2022年-2031年:鉱物別(リチウム、コバルト、ニッケル、マンガン、グラファイト、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月28日 14:30
「世界の高所作業台市場2022年-2031年:種類別(ブームリフト(多関節型、伸縮型)、シザーリフト)、構造別(標準型、断熱型)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月28日 11:30
「世界のイオン注入装置市場2022年-2031年:製品タイプ別(大電流イオン注入装置、高エネルギーイオン注入装置、中電流イオン注入装置、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月25日 15:30
「世界のクロロメタン市場2022年-2031年:製品別(塩化メチル、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月25日 14:30
「世界の高純度アルミナ市場2022年-2031年:グレード別(4N、5N、6N)、用途別(LED、半導体、蛍光体、リチウムイオン電池)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.