2022年10月06日 18:00

生分解性紙・プラスチック包装市場:デンプンベースのプラスチック、2030年まで飛躍的に発展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「生分解性ペーパー・プラスチック包装の世界市場 - 市場規模(タイプ別、材料別、エンドユーザー別)、COVID-19の影響分析、地域の見通し、成長可能性、価格動向、競合市場シェア、予測:2022年~2030年」(Global Market Insights Inc.)の販売を10月5日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1128106-biodegradable-paper-plastic-packaging-market-size.html

生分解性紙・プラスチック包装市場は、2030年まで大きく成長すると予想されています。プラスチック廃棄物の発生に関する懸念は、環境に優しい製品包装を目標に、企業に圧力をかけています。

メーカーは、内容物の鮮度を保ち、利便性と食品の安全性を提供するだけでなく、環境への影響を最小限に抑える持続可能なパッケージを作成するため、革新的な方法を導入しています。例えば、大麦のわらを再利用して作られたビール箱や、パルプを成形して作られたソーダ缶の利用が始まっています。このような取り組みが、業界の見通しを高めています。

タイプ別に、2030年までに、食品・飲料分野での使用拡大により、デンプンベースのプラスチックが飛躍的に発展すると予想されています。最も豊富なバイオポリマーの1つがデンプンで、完全に生分解性で、安価で再生可能、そして、化学プロセスが簡単という特性を持っています。変性デンプンベースのバイオプラスチックは、従来の石油ベースのプラスチックの生分解性代替品として関心を集めており、その成長を後押ししています。

素材別に、市場は紙・プラスチックに分類され、プラスチックセグメントにより牽引される可能性が高いと思われます。生分解性プラスチックは、生物によって分解される可能性のあるプラスチックのことです。一般的に、生分解性ポリマーの製造には、再生可能な原材料が使用されます。持続可能性に対する消費者の志向は、拡大する食品・飲料業界において、包装、カトラリー、食器、外食用容器などの使い捨て品に生分解性プラスチックの使用を増加させています。さらに、政府の支援政策が市場拡大にとって経済的に有利であることが証明されています。

エンドユーザー別に、食品・飲料部門が2030年まで大きな収益を上げると推定されています。顧客の嗜好が変化し、世界の人口が増加しているため、食品・飲料分野では持続可能性が大きな課題となっています。今日の文明が直面している土地利用、排出物、廃棄物などの環境問題は、食品ビジネスに起因していると考えられます。

企業は、水、電力、資源を節約し、より環境に配慮した意思決定を行うことに重点を置いています。このような持続可能性は、顧客の需要を満たし、世界的にプレミアムな食品を提供しながら達成されています。食品・飲料業界の拡大により、今後数年間は生分解性紙・プラスチック包装の需要が増加すると思われます。

地域別に、ラテンアメリカの生分解性紙・プラスチック包装材市場に、多くの期待が集まっています。現地生産者が複数存在するため、安価なソリューションを提供することに重点が置かれています。環境に優しい製品を推進する政府の施策が増加していることから、ラテンアメリカ市場の発展が予測されています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/gmi1128106-biodegradable-paper-plastic-packaging-market-size.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.