2022年10月17日 13:30

民間宇宙旅行時代到来!ASTRAXのグループメンバーのASTRAX IMAGINEがパリで開催された「国際宇宙会議(IAC 2022)」で宇宙フライトアテンダント事業のプロモーションを実施!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人々の夢を宇宙で実現させる民間宇宙サービスプラットフォームを提供する宇宙ベンチャー企業株式会社ASTRAX(アストラックス、以下 ASTRAX、本社:神奈川県鎌倉市、代表:代表取締役・民間宇宙飛行士 TAICHI(山崎大地))は、2022年9月18日から22日にフランスのパリコンベンションセンター(1 Place de la Porte de Versailles, 75015 Paris)で開催された世界最大の宇宙業界の国際会議、第73回国際宇宙会議(IAC 2022)で、ASTRAXグループメンバーである株式会社ASTRAX IMAGINE(本社:東京都中央区、共同代表:髙橋千惠子・桐原祐子)と共同で宇宙フライトアテンダント(以下SFA)事業のプロモーションを実施しました。
【国際宇宙会議での論文発表・プロモーション・パフォーマンス】

今年の国際宇宙会議(IAC 2022)において、ASTRAXおよびASTRAXグループメンバーは、民間宇宙旅行産業の発展と人類の宇宙進出に向けて、さまざまな民間宇宙サービスについての革新的な論文を(ASTRAX代表TAICHI(山崎大地)が12本、ASTRAXメンバーが15本)合計27本発表いたしました。また、展示ブースにおいては、宇宙フライトアテンダント、スペースコーヒー、宇宙加圧トレーニング、宇宙ビール、宇宙教育のプロモーションを行うとともに、宇宙シブキアートや宇宙書のパフォーマンスを行いました。

発表した論文、プロモーション、パフォーマンスについて、今後順次発表してまいります。

【SFA事業プロモーション】
■実施日:2022年9月18日~22日の国際宇宙会議の会期中に毎日実施

■プロモーション実施者(代行実施):株式会社ASTRAXジェネラルマネージャー・宇宙ワーママ(R) 川上泰子

■プロモーション内容:
展示ブース内で来場者にパンフレットを配布し、ASTRAX IMAGINEが実施しているSFA事業について紹介しました。
今後一般化する宇宙旅行にマッチした宇宙フライトアテンダント事業は、多くの来場者がその必要性に共感していました。

なお、宇宙フライトアテンダント事業については、2020年より3年連続で国際宇宙会議にて論文発表も行っています。

<2020年発表論文>
タイトル:CREATING A NEW BUSINESS OF SPACE FLIGHT ATTENDANT SERVICE & SFA ACADEMY(宇宙フライトアテンダントサービス及び宇宙フライトアテンダント養成学校の創出)
著者:桐原祐子、髙橋千惠子(ASTRAX IMAGINE共同代表)
共著者:TAICHI(山崎大地)(ASTRAX代表・民間宇宙飛行士)

<2021年発表論文>
タイトル:CONSIDERATION ON THE FUTURE PROSPECTS OF THE SPACE FLIGHT ATTENDANT (SFA) PROFESSION WITH THE EXPANSION OF SPACE TRAVEL MARKETING(宇宙旅行マーケティングの拡大に伴う宇宙フライトアテンダント(SFA)という職業の将来性についての考察)
著者:髙橋千惠子、桐原祐子(ASTRAX IMAGINE共同代表)
共著者:TAICHI(山崎大地)(ASTRAX代表・民間宇宙飛行士)

<2022年発表論文>
タイトル:THE ROLE OF SPACE FLIGHT ATTENDANTS IN LONG-DURATION SPACE TRAVEL
(大規模・長期間の宇宙旅行における宇宙フライトアテンダントの役割)
著者:髙橋千惠子(ASTRAX IMAGINE共同代表)
共著者:桐原祐子(ASTRAX IMAGINE共同代表)、TAICHI(山崎大地)(ASTRAX代表・民間宇宙飛行士)

【国際宇宙会議(IAC)とは】
国際宇宙航行連盟(IAF)が主催し、年に1度、開催される、宇宙業界では世界最大の国際会議です。今年は、2022年9月18日から22日までフランスのパリで、フランス国立宇宙研究センター(CNES)がホストを務め、「Space for @ll」をテーマに、第73回国際宇宙会議(IAC 2022)が開催されました。
会期中110カ国から9,300人以上が参加し、今回「責任あるイベント」の基準を見事に満たし、国際標準化機構(ISO)の認定を受けました。そして、3,000件以上の論文が発表されました。その他、たくさんのGNFセッションや特別セッション、プレナリーやハイライト講演、また250を越える出展者が参加しての展示会が行われました。

ホームページ:https://iac2022.org
ハイライト動画:https://youtu.be/qv0hGJ4wZtE

来年は2023年10月2日から6日まで、アゼルバイジャンのバクーで第74回国際宇宙会議(IAC 2023)が開催される予定です。

ホームページ:https://www.iac2023.org
プロモーション動画:https://youtu.be/s7C6kbnUrOs

ASTRAXは、民間の力でさまざまな宇宙サービスを生み出し民間宇宙旅行時代を牽引していくために、これまで発表してきたさまざまな国際論文についての研究や開発をさらに推し進めるとともに、新たなテーマにも挑戦し、来年の国際宇宙会議の場でもASTRAXの存在をアピールしてまいります。

【ASTRAX国際宇宙会議サポートサービス】
ASTRAXでは、2021年12月より、各著者に向けて、国際論文のアブストラクトの書き方、論文発表のための申請の仕方、論文本文の書き方、論文の構成サポート、論旨の進め方、発表の方法など、国際論文発表に関わる講義やサポートを実施してまいりました。
さらに、旅行会社の株式会社オン・ジ・アースや株式会社Space T、宇宙ワーママ(R)などとともに、国際会議に参加するための特別ツアーの企画、航空券や宿泊施設の手配、展示ブースの手配、国際会議場での各種サポート、論文発表時などの動画や写真の撮影サポート、パフォーマンスサポート、ユニフォームサポート、資金調達サポートなど、参加者が国際宇宙会議での論文発表を有意義に実現させるためのさまざまなサポートを行いました。
その結果、ASTRAXおよびASTRAXグループメンバーにより、27本の論文発表と、展示ブースにおける2つのパフォーマンスを実施するとともに、民間宇宙事業創造事業体ASTRAXのさまざまな活動や存在を国際的にアピールすることができました。

■■■■■

『宇宙といえばASTRAX!』

ASTRAXは、今後も人類全体の経済圏(生活圏)を宇宙に拡大させるとともに、地球上の平和と生活環境の改善や向上を目指し、民間の力で様々な宇宙サービスを提供してまいります。

【ASTRAX会社概要】
会社名:株式会社ASTRAX
代表者:代表取締役・民間宇宙飛行士 TAICHI(山崎大地)
代表者の名前を改名:これまで山崎大地という名前で活動していましたが、50歳を機にファーストネームの「TAICHI(たいち)」で活動して参ります。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
所在地:神奈川県鎌倉市
URL:https://astrax.space
事業内容:民間宇宙開拓事業全般及び宇宙サービスプラットフォームの提供

【ASTRAX IMAGINE会社概要】
会社名:株式会社ASTRAX IMAGINE
代表者:共同代表・代表取締役 髙橋千惠子・桐原祐子
所在地:東京都中央区
URL:http://astrax-imagine.space/wordpress/
事業内容:スペースフライトアテンダント(宇宙CA)の養成事業

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ASTRAX
担当者:CEO秘書・星エリカ
E-Mail:erica.hoshi@astrax.space

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
株式会社ASTRAX(アストラックス)
代表者
山崎 大地(ヤマザキ タイチ)
所在地
〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町 ASTRAX秘密基地
TEL
0467-00-0000
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://astrax.space

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.