2022年10月28日 11:00

ブルー水素市場:部分酸化技術、2030年にかけてCAGR16%で成長予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ブルー水素の世界市場 (2022年~2030年):市場規模 (技術・用途別)・COVID-19の影響・地域的展望・用途の潜在性・競合市場シェア・予測」(Global Market Insights Inc.)の販売を10月27日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1132578-blue-hydrogen-market-size-by-technology-by.html

ブルー水素市場は、低炭素経済の発展と、効果的な炭素回収・利用・貯蔵(CCUS)技術への大規模な投資が需要を促進し、2030年以降大きな成長を遂げると予測されています。改質システムと技術革新の急速な進歩は、グリーン水素とは対照的に比較的費用対効果の高い燃料であるブルー水素の製造を支えています。

先進国と発展途上国の両方が、電力を供給するための効率的なエネルギーソリューションを求めています。新興国には大量の天然ガスが埋蔵されているため、多額の資金、制度、プログラムを利用した、CCSを備えたブルー水素の製造に向けた新しい施設の設立が期待されています。

2022年3月、天然ガス大手のExxonMobilは、米国テキサス州にある同社の精製・石油化学統合拠点において、世界最大級のCCSプロジェクトとともに水素製造プラントの計画を発表しました。このプロジェクトの炭素回収インフラは、年間約1000万トンの二酸化炭素を輸送・貯蔵する能力を持つとされています。

また、複数の業界プレーヤーが、新たな低炭素システムや革新的な脱炭素化ソリューションを発表しています。2021年6月、Technip Energies N.Vは、費用対効果に優れた&低炭素の水素製造を実現するソリューション「Blue H2 by T.E.N.」を発表しました。この新しいツールは、二酸化炭素排出量を99%削減し、収量を最大化することが可能です。また、低炭素電力コジェネレーションの統合をカスタマイズするための飛行実証済み技術も備えています。

ブルー水素市場は、技術、用途、地域別に分類されます。

技術別に、市場は、部分酸化、蒸気メタン改質、自己熱改質に細分化されます。部分酸化法は、2022年から2030年にかけてCAGR16%で成長すると予測されています。これは水蒸気改質と比較してより速く、スペースを取らずに小さな反応容器で発熱するプロセスです。重質炭化水素への高い適合性、最小限のメタンスリップ、蒸気の必要性ゼロなどの要因から、部分酸化は脱炭素技術に適しています。

用途別に、市場は、石油精製と化学品に分類されます。このうち、化学品用途は、2030年にかけて大きな成長を記録すると予想されています。化学メーカーは、水素を原料としてブルーディーゼルやメタノールなどの低炭素燃料の生産に注力しています。

地域別に、中東・アフリカ市場は、継続して拡大することが予測されます。この地域には、潜在的な天然ガスの埋蔵量が豊富にあります。水素製造のための持続可能な資源を探索するための広範な研究開発イニシアティブと革新的な技術の開発は、地域産業を増強します。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/gmi1132578-blue-hydrogen-market-size-by-technology-by.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.