2022年11月14日 12:00

ITAエアウェイズ、2023年に向けた成長へのコミットメントを確認 エアバス社製新型機39機の導入と大陸間・国際線ネットワークの拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月11日 ローマ - ITAエアウェイズ(イタリア・トラスポルト・アヱレオ・エス・ピー・エイ)は、2023年の機材増強に向けたすべての計画に署名しました。来年、ワイドボディ(A330-900)9機とナローボディ30機を含む新世代の航空機39機が機材に加わり、同時に旧世代の航空機は段階的に退役する予定です。
2022年との比較では、航空機の発達により、全ネットワークの1kmあたりの提供座席数、座席キロ(Available Seat Kilometre - ASK)が73%増加します。この増加は主に長距離路線のキャパシティに起因するもので、107%増加する見込みです。
実際、2023年にはローマ・フィウミチーノ空港から米国のサンフランシスコとワシントンへ夏期から、11月には南米のリオデジャネイロへ直行便が運航され、大陸間の新しい目的地が開設され、2022年に運航開始した長距離路線へ接続される予定です。

A321Neo型機の導入に伴い、ITAエアウェイズは中東での新規就航も計画しています。また、リヤド、ジェッダ、クウェートシティといった中東の都市にも就航し、ネットワークを拡大するとともに、ローマ・フィウミチーノ空港を拠点とした接続を強化します。ITAエアウェイズのネットワークにおける就航都市数の増加は、当社のビジネスの中核であるすべてのお客様のニーズを満たすこと、そして収益性を向上させることという2つの基本目標の達成を通じて、イタリア人の移動のための基準事業者となることを目指す当社のコミットメントを示すものです。

今回の機材拡充は、ITA エアウェイズの成長戦略におけるさらなる前進であり、2026 年には保有機材の 80%を新世代航空機で構成し、ヨーロッパで最も環境に優しい航空会社となることを目指しており、その結果、130 万トンの CO2 排出量を削減することが可能となります。2023年末には、長距離路線用9機を含む39機の航空機が導入され、航空機の50%が新世代航空機となり、合計96機が導入される予定です。

運航開始からわずか1年余りで、ITAエアウェイズは2022年の成長目標を達成し、大陸間、国際線、国内線の幅広い目的地に向けて、市場での存在感をさらに高めるための基盤を築いたことを実証しています。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
イタリア・トラスポルト・アヱレオ・エス・ピー・エイ(イタリア・トラスポルト・アヱレオ・エス・ピー・エイ)
代表者
マッシモ アッレーグリ(マッシモ アッレーグリ)
所在地
〒107-0051
東京都港区元赤坂1-7-18 メットライフ元赤坂イースト3F
TEL
03-5413-8312
業種
運輸・交通・物流・倉庫
上場先
未上場
会社HP
https://www.ita-airways.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.