G20パンデミック基金

2022年11月16日 11:00

G20パンデミック基金により世界の公衆衛生を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シドニー、2022年11月15日 /PRNewswire/ -- パンデミックに対して脆弱な国においてパンデミックの予防、準備、対応に取り組むG20のパンデミック基金は発足しました。G20のパンデミック基金の発足を歓迎すると、GI Hubの Marie Lam-Frendo最高経営責任者(CEO)が述べました。
COVID-19のパンデミックは、世界各国が世界的な健康危機の管理が悲劇的なまでに準備不足であることを示しました。

G20のパンデミック基金は、パンデミックの予防、準備、対応のための十分かつ長期的でより協調的な資金を確保し、低所得国から中所得国の保健システムを強化するのに役立ちます。

投資が必要

COVID-19に対する世界の対応が不十分だったのは、数十年にわたる保健医療システムとインフラへの投資不足の結果です。

https://bit.ly/3XaXjO2パンデミックへの対策は近年(https://www.gihub.org/infrastructure-monitor/?utm_source=pr&utm_medium=media&utm_campaign=pandemicfund22&utm_id=pandemicfund22)になって少し活発化したものの、保健インフラへの民間投資は長年にわたり減少傾向にあり、2010~2020年のインフラプロジェクトにおける民間投資のうち、社会福祉業界(病院を含む)はわずか6%でした。

適切なインフラ投資は、保健システムの能力向上とパンデミックへの対応と管理にとって不可欠です。 特に、新興国や発展途上国においては、既存のインフラのレベルが低いため、パンデミックへの対応能力の課題が急務です。

準備不足のために資金を投入し大きなギャップを埋める

国際社会が政治的な意思とコンセンサスを持ってパンデミック基金を発足させたことは心強いことです。これは、たとえ困難な時代にあっても多国間主義を証明するものです。

「私はインドネシアとイタリアがそれぞれのG20議長国の下で、パンデミック基金を立ち上げ、基盤となる現在の寄付者を確保したことに祝意を表します。

この機会をパンデミックの予防、対応戦略、保健システムが最も必要とされている国々で強化するための絶好の機会だと考えています。

G20のインフラ専門機関として、この機会が、特に医療インフラへの投資が少ない国々において、レジリエンスを構築し、パンデミックへの備えを向上させるよう支援する用意があります」。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 2022年11月16日 11:00
  • 福祉
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
G20パンデミック基金

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.