2022年11月17日 09:00

創設10周年を迎えた『新時代イルミネーション』の祭典!2022年注目のイルミネーションは!?全国6,102名の夜景観光士が選んだ! 『第10回イルミネーションアワード』結果発表!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(丸々もとお代表理事)とぴあ株式会社では、2022年11月11日(金)「第10回イルミネーションアワード」授賞式を沖縄県南城市・ユインチホテル南城で開催しました。本イベントは記念すべき10年目を迎え、「ナイトコンテンツMICE 2022 in 沖縄」のメイン企画に位置付け。当日は総勢80団体、約150名もの自治体担当者や民間企業、訪日旅行エージェント、報道関係者が集う中、過去最大の盛り上がりをみせました。

代表理事の丸々もとおは、「全国各地ではコロナからの観光復興を願い、従来の鑑賞スタイルから脱皮した“新作”や“新演出”も増加しました。全国のイルミネーション施設や団体は新時代のイルミネーションの確立に向けて、様々な努力をしています。アワードも10年目を迎えられたことは支えてくれる皆さまのおかげです。」と万感のコメント。

イルミネーションアワードは、同団体が主管する全国6,102名の夜景観光士を対象に「実際に行ってみて良かった前シーズンの冬期イルミネーション」をテーマに国内の施設を対象にアンケートを実施。得票ポイントによってランキングを決定するものです。本年は「総合エンタテインメント部門」「イルミネーション部門」「プロフェッショナルパフォーマンス部門」の3部門でランキングを発表しました。

【第10回 イルミネーションランキングについて】
1、全国の夜景観光士により選ばれた信用性の高いランキングとなっています。
(投票は2022年9月実施)
2、ランキングは近年の多様化を考慮し、各施設への投票数から以下の部門で構成しています。

「第10回イルミネーションアワード」の各受賞結果は以下の通りです。( )は前年順位

☆総合エンタテインメント部門☆
=イルミネーション装飾のみならず、映像やライティング、アトラクション施設、関連イベント等との組合せの傾向が強いイルミネーションイベント

第1位:ハウステンボス「光の王国」(前年1位)
第2位:さがみ湖イルミリオン(前年2位)
第3位:日本庭園 由志園 黄金の島ジパング8th ジャポニスムイルミIMPRESSIONISM(前年4位)
第4位:よみうりランドジュエルミネーション(前年6位)
第5位:御殿場高原 時之栖イルミネーションひかりのすみか(前年5位)
第6位:大阪・光の饗宴 OSAKA光のルネサンス(前年4位)
第7位:備北イルミ(前年9位)
第8位:イルミネーション in 東武ワールドスクウェア(前年7位)
第9位:フラワーイルミネーション in とっとり花回廊(前年8位)
第10位:ミッドタウン ウィンターライツ(前年圏外)


写真は第1位:ハウステンボス「光の王国」(長崎県/佐世保市)

☆イルミネーション部門☆
=LEDストリングス(紐形状)・ネットライト(網形状)・テープライト・モチーフライト等をメインに使用して演出展開するイルミネーションイベント


第1位:あしかがフラワーパーク「光の花の庭」(前年1位)
第2位:なばなの里イルミネーション(前年3位)
第3位:東南植物楽園 沖縄南国イルミネーション(前年3位)
第4位:東京ドイツ村ウィンターイルミネーション(前年3位)
第5位:さっぽろホワイトイルミネーション(前4位)
第6位:SENDAI光のページェント(前年6位)
第7位:丸の内イルミネーション(前年5位)
第8位:けやき坂イルミネーション Roppongi Hills Christmas 2021(前年7位)
第9位:横浜港フォトジェニックイルミネーション(前年圏外)
第10位:京都イルミネーション シナスタジアヒルズ(前年圏外)

※写真は第1位:あしかがフラワーパーク「光の花の庭」(栃木県/足利市)
☆プロフェッショナルパフォーマンス部門☆
=専門性、技術性の高い光の演出(プログラムを含む)が特に評価の対象となるイルミネーションイベント。なお総合エンタテインメント部門とイルミネーション部門の重複授賞はありません。


第1位:湘南の宝石~江の島を彩る光と色の祭典 ※同率(前年2位)
第1位:伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」 ※同率(前年1位)
第3位:レオマリゾート レオマウィンターイルミネーション 2021(前年2位)
第4位:ラグーナテンボス ラグーナイルミネーション 2021(前年5位)
第5位:グリーンランド Wonder illumination(前年7位)
第6位:小倉イルミネーション(前年圏外)
第7位:マザー牧場イルミネーション光の花園(前年6位)
第8位:ローザンイルミ2021 ―ひかり奏でる丘―(前年9位)
第9位:ビッグツリーページェント・フェスタ IN KORIYAMA 2021(前年圏外)
第10位:国営讃岐まんのう公園 ウィンターファンタジー(前年圏外)

※写真は第1位:湘南の宝石~江の島を彩る光と色の祭典、第1位:伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」 (静岡県/伊東市)
全国のイルミネーションはいまや1000ヶ所以上が存在すると言われ、WEB上には多くのランキングが存在しますが、“夜景鑑賞のプロが選ぶ”イルミネーションはいずれも規模・表現力・演出要素・オリジナリティなど、こだわりが高いものばかりです。これまで10年の歴史において、2018年以降、イルミネーション部門・総合エンタテインメント部門の2つに加え、「プロフェッショナルパフォーマンス部門」の3部門で実施してきました。“イルミネーション戦国時代”と称される中、総合エンタテインメント部門では、ハウステンボス「光の王国」が史上初の10年連続第1位、イルミネーション部門では、あしかがフラワーパークが7年連続第1位を獲得するという快挙を達成。プロフェッショナルパフォーマンス部門ではまさかの同率1位。湘南の宝石は10年目にして悲願の快挙、ぐらんぱる公園は3年連続の快挙と大きな歴史を創り出しました。その他、ビッグツリーページェント、まんのう公園、ローザンイルミ、東南植物楽園など、新星のイベントもランクイン。当団体はアフターコロナの夜景観光への期待を感じると共に、ますます進化を遂げるナイトエンターテインメント業界を盛り上げていく所存です。

本年のイルミネーションアワードランキング結果および各施設の魅力は、こちらでさらに詳しくご紹介しています。


http://yakei-cvb.or.jp/news/3220


【本記事に関するお問い合わせ】
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー
〒104-0054 東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき4008
TEL:03-6204-0115 FAX:03-6204-0112
会社HP:http://yakei-cvb.or.jp


以下は授賞式の様子

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー(イッパンシャダンホウジンヤケイカンコウコンベンション・ビューロー)
代表者
丸々 もとお(マルマル モトオ)
所在地
〒104-0054
東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき4008
TEL
03-6204-0115
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.yakei-cvb.or.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.