2022年11月21日 10:00

デジタル署名の市場規模、2027年に252億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「デジタル署名の世界市場:コンポーネント別 (ソリューション、サービス)・ソリューション別 (ソフトウェア、ハードウェア)・展開方式別・組織規模別・業種別 (BFSI、政府・防衛、法務、不動産)・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を11月18日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1147400-digital-signature-market-by-component-solutions.html

デジタル署名の市場規模は、2022年の55億米ドルからCAGR35.6%で成長し、2027年には252億米ドルに達すると予測されています。市場成長の要因としては、厳しい規制基準の導入や、管理されたシームレスなワークフローによるセキュリティ強化の必要性などが挙げられます。一方、デジタル署名の合法性についての認識不足や、地域によって異なるデジタル署名の規則や規制が、市場成長の妨げになることが予想されます。

中小企業セグメントは高いCAGRで成長

中小企業は、不正アクセスや脆弱性、攻撃から組織を保護するために、主にデジタル署名ソリューションやサービスを採用しています。中小企業は、限られたリソースや予算など、いくつかの制約に直面しており、個人情報、支払詳細、その他の機密情報など、顧客の機密データへのアクセスが狙われています。文書への署名は、手作業で行われる伝統的なプロセスで、時間がかかります。中小企業では、電子署名ソフトウェアがシンプルで直感的、かつ低コストで手間をかけない安全なソリューションであると認識し、ニーズが高まっています。政府は、それぞれの国で中小企業を保護するためのイニシアチブをとっています。EUのeIDAS規制、米国のUETAとESIGN法、インドの2000年情報技術法など、各国で異なる法律が電子署名の利用を規制しています。中小企業は、リソースやIT人材、予算が限られているため、サイバー犯罪に巻き込まれる可能性が高く、資金、時間、リソース、資産を節約するためにも、電子署名ソフトウェアの導入が期待されています。そのため、デジタル署名ソフトウェアやハードウェアのプロバイダーは、さまざまなサイバー脅威や課題に立ち向かうべく、革新的なソリューションを提供しています。中小企業にサービスを提供するベンダーには、Adobe、DocuSign、DigiCertなどの企業が含まれます。

BFSI分野が最大市場を維持

BFSIの分野では、デジタル化の進展に伴い、詐欺やサイバー犯罪のリスクが高まっています。このリスクを軽減するために、デジタル署名ソリューションは、機密性の高い顧客データの保護に役立っています。BFSIは、デジタル消費者の行動や嗜好に基づき、優れた顧客体験を提供する必要があります。デジタル署名は、効率性を高め、国境を越えたコラボレーションを可能にします。また、紙ベースのプロセスを排除し、内部ユーザーやワークフロープロセスを特定し、膨大な量の文書に署名することを可能にし、真正性、追跡性、管理性を提供することで、時間の遅延を減らし、完了率の正確性を高めます。デジタル署名ソリューションは、取引を迅速化し、署名された契約書や同意書の監査証跡を維持するのに役立ちます。金融機関は、各地域で施行されている規制や法律へのコンプライアンスを維持する必要があります。これらの国々では、デジタル署名に関連するイニシアチブが政府によってとられています。2021年、ETSIは、PKIと公開鍵証明書によってサポートされるデジタル署名の仕様であるETSI TS 119 182-1を発表しました。これは、取引の起源を認証し、発信者の説明責任を果たし、さらに機密リソースへのアクセスを制御できるようにするためのものです。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1147400-digital-signature-market-by-component-solutions.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.