2022年11月22日 11:00

VPN市場の製造業用途、2032年までCAGR20%で成長予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「VPNの世界市場の規模:コンポーネント別、タイプ別、接続性別、用途別、COVID-19の影響の分析、地域の見通し、成長可能性、競合の市場シェア、予測(2023年~2032年)」(Global Market Insights Inc.)の販売を11月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1149049-virtual-private-network-market-size-by-component.html

VPN(仮想プライベートネットワーク)市場は、2032年まで大幅に成長することが予測されています。これは、世界中のビジネス接続にインターネットサービスが広く採用されていることが要因となっています。

接続性とインターネット普及率の上昇により、消費者データは悪意のあるアクセスに対してより脆弱になり、サイバー攻撃の増加が見られるようになりました。そのため、デジタル移行を進めるグローバル企業の中には、データやビジネス資産の安全性を確保するために、サイバーセキュリティ対策の導入が進んでいます。暗号化された接続は、企業が情報セキュリティを確保するために必要なツールとなっており、これがVPN市場の展望を形成しています。

仮想プライベートネットワーク市場全体は、コンポーネント、タイプ、接続性、アプリケーション、地域別に分類されています。

コンポーネント別に、市場は、ハードウェア、サービス、ソフトウェアに分類されます。サービスセグメントは、リモートワークのトレンドに後押しされ、大きな成長を遂げることが予想されます。COVID-19がワクチン接種の成果により終了に近づいているにもかかわらず、多くの組織が完全なリモートワークまたはハイブリッドワークモデルを選択しています。このため、従業員にリモート接続を提供し、VPNサービスを通じて企業のネットワークインフラを管理する必要性が生じています。

タイプ別に、市場は、IP VPN、クラウドVPN、MPLS VPN、モバイルVPNに分類されます。MPLSセグメントは、フレームリレー市場の成長鈍化により、2022年のシェアは40%超となりました。マルチプロトコルラベルスイッチングVPN(MPLS-VPN)サービスは、Voice over Internet Protocol(VoIP)、ビデオ会議などのリアルタイムアプリケーションをより良いサービス品質(QoS)で優先的に利用できるため、企業で採用される傾向にあります。

接続性別に、市場は、サイト間、リモートアクセス、エクストラネットに分類されます。リモートアクセスVPNは、グローバル企業での広範な採用により、拡大することが予想されます。リモートワークのトレンドは、企業ネットワークの拡張に対する企業の強いニーズを生み出し、同セグメントの拡大を促進しています。

アプリケーション別に、市場は、商用、コンシューマー、サービスプロバイダに分類されます。商用セグメントはさらに、BFSI、ヘルスケア、IT、製造、政府機関に細分化されます。このうち、製造業部門は、自動化が進む工場でのマシン間通信の需要増に伴い、2032年までにCAGR20%で成長することが予測されています。VPNソリューションは、インターネット経由で遠隔地にある複数のIP対応機器間で、あたかも機器が1つのネットワークに接続されているかのように、スムーズかつ安全な通信を可能にします。

地域別に、市場は、北米、中東・アフリカ、中南米、欧州、アジア太平洋に分類されます。北米市場は、2022年に1400万米ドル超を記録しました。これは、多数の産業垂直分野でサイバー犯罪が増加していることが要因となっています。Identity Theft Resource Center(R)(ITRC)による年次データ侵害報告書によると、2021年、データ侵害は前年比で68%増加したと報告されています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/gmi1149049-virtual-private-network-market-size-by-component.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.