2022年11月24日 11:30

「世界の濁度計市場2022年-2031年:産業別(廃水処理、化学&材料、石油&ガス、医薬品、パルプ&製紙、食品&飲料、研究&学術、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月24日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の濁度計市場2022年-2031年:産業別(廃水処理、化学&材料、石油&ガス、医薬品、パルプ&製紙、食品&飲料、研究&学術、その他)」調査資料の販売を2022年11月24日に開始いたしました濁度計市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の濁度計市場2022年-2031年:産業別(廃水処理、化学&材料、石油&ガス、医薬品、パルプ&製紙、食品&飲料、研究&学術、その他)
■英文タイトル:Turbidimeter Market (End-use Industry: Wastewater Treatment, Chemicals & Materials, Oil & Gas, Pharmaceuticals, Pulp & Paper, Food & Beverage, Research & Academia, Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年11月16日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
濁度計は、分析された水や溶液の濁度レベルを測定するために使用されるツールです。濁度計は、液体中に存在する懸濁物質をチェックし、水質を向上させるものです。濁度計は通常現場に設置され、プロセスサンプリングユニットからオーバーフローするサンプルストリームを連続的に分析します。ベンチトップ型やポータブル型の機器はグラブサンプルの分析に使用され、プロセス機器はシステムに配管・配線され、サンプリングポイントから連続的に測定値を得ることができます。化学・素材、医薬品、パルプ・製紙などの最終用途産業における濁度計の用途の増加が、予測期間中の世界の濁度計産業シェアを牽引すると予想されます。

人間活動における水の使用量の大半は、廃水の発生につながります。この排水の量と汚染物質の量は、世界的な水の使用量の増加により、一貫して増加しています。先進国の中には、排水の多くが未処理のまま環境中に放出されている国もあります。しかし、いくつかの国では、真水を節約し、廃水の量を減らすために、廃水処理施設の開発に力を入れています。きれいな水を放出するために、製造・加工施設に廃水処理プラントを建設するいくつかの政府の取り組みの増加は、予測期間中に世界の濁度計ビジネスを推進すると予測されます。廃水処理施設の拡張に伴い、濁度計のニーズが高まっています。米国環境保護庁によると、毎日約340億ガロンの廃水が生成され、16,000以上の集中型廃水処理施設が人口の約74%に対応しています。このため、水を浄化するための濁度計の導入が急速に進んでいます。

産業界や自治体の廃水の約80%が事前処理されることなく環境中に排出され、人間の健康や生態系に悪影響を及ぼしています。天然または人工の(異種元素を含む)化学物質が水中に放出され、深刻な健康問題を引き起こしています。農薬、塩素系溶剤、石油化学製品、水銀、PCB、ダイオキシン、およびその他の残留性有機汚染物質が水中に存在すると、深刻な健康被害を引き起こします。コレラ、下痢、赤痢、A型肝炎、腸チフス、ポリオなどの水系疾患の増加は、主に汚染された水と不衛生な環境が原因であると言われています。世界保健機関(WHO)によると、近い将来、安全でない飲料水が原因で下痢になり、毎年829,000人が死亡すると推定されています。濁度計は、水の濁りやかすみを測定するために使用されます。濁度計は水質の簡単で基本的な指標として、ろ過を含む飲料水のモニタリングに使用されてきました。そのため、人々の水系疾患に対する意識の高まりが、今後数年間における濁度計の産業成長を加速させると予想されます。

消費者の健康への関心は高く、その購買パターンもCOVID-19パンデミックのピーク以降に変化しています。消費者は現在、その容易な入手と利便性のために、オンライン流通チャネルから製品を購入することに傾斜しており、世界的なインターネットの普及に伴い、濁度計のオンライン販売も増加しています。国際電気通信連合(ITU)によると、インターネットユーザー数は世界中で急速に増加しており、オンラインウェブサイトからのタービダイム購入の急速な普及に繋がっています。このことは、予測期間中、世界の濁度計産業に拍車をかけると予測されます。

携帯性という点では、ハンドヘルド型が予測期間中に世界の濁度計ビジネスで大きなシェアを占めると予想されます。ハンドヘルドタイプの濁度計は使いやすく、持ち運びにも便利です。携帯性は、ハンドヘルド濁度計の需要増加の主な理由の1つとなっており、これらのデバイスは技術的に高度です。定置型濁度計は、実験室など現場以外の場所でより精密に使用されます。近い将来、ハンドヘルド型に比べ、据え置き型の需要は伸び悩むと予想されます。

2021年の世界の濁度計産業は、東アジアが主要なシェアを占めています。人口の増加は、予測期間中に東アジアの濁度計ビジネスを推進する産業で発生する廃棄物の量の増加につながりました。ASCEのインフラレポートカードによると、廃水処理プラントの需要は2032年までに23%成長すると予測され、水質検査に優れた技術を持つ主要メーカーの存在が、予測期間中に欧州と北米の市場を押し上げると予測されています。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/turbidimeter-market-end-use-industry-wastewater-treatment-chemicals-materials-oil-gas-pharmaceuticals/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年12月01日 15:30
「世界の使い捨てフレキシブル内視鏡市場2022年-2031年:種類別(十二指腸鏡、気管支鏡、膀胱鏡、胃鏡、耳鼻咽喉科)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月01日 14:30
「世界のコネクテッド(スマート)街路灯市場2022年-2031年:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、接続性別(有線)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月01日 13:30
「世界の間葉系幹細胞(MSC)市場2022年-2032年:コンポーネント別(製品(ワークフロータイプ、製品タイプ))、種類別、分離元別、疾患別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月30日 15:30
「世界の美容インプラント市場2022年-2031年:製品別(乳房インプラント、歯科インプラント、顔面インプラント、その他)、素材別(金属)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年11月30日 14:30
「世界の喘息治療薬市場2022年-2031年:治療タイプ別(長期喘息治療薬、短期喘息治療薬)、投与経路別(吸入、経口、点滴、皮下注射)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.