2022年11月25日 14:30

「世界の高純度アルミナ市場2022年-2031年:グレード別(4N、5N、6N)、用途別(LED、半導体、蛍光体、リチウムイオン電池)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月25日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の高純度アルミナ市場2022年-2031年:グレード別(4N、5N、6N)、用途別(LED、半導体、蛍光体、リチウムイオン電池、サファイア、その他)」調査資料の販売を2022年11月25日に開始いたしました高純度アルミナ市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の高純度アルミナ市場2022年-2031年:グレード別(4N、5N、6N)、用途別(LED、半導体、蛍光体、リチウムイオン電池、サファイア、その他)
■英文タイトル:High Purity Alumina Market (Grade: 4N, 5N, and 6N; and Application: LEDs, Semiconductors, Phosphor, Li-ion batteries, Sapphires, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年11月16日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
酸化アルミニウムは、最も純粋な相でHPA(Al2O3)と呼ばれています。一般的には、気相酸化、アルミニウムによる海底火花放電、酸化アルミニウムの加水分解、塩酸による浸出などで製造されます。主なアルミナ資源としては、グレージングの接着を促進し、高純度焼成アルミナより好ましいとされるアルミナ水和物などがあります。
HPAと呼ばれるアルミナ製品は、腐食性がなく、輝度が高く、非金属であることが特徴で、珍重されています。純度の高さによって、4N、5N、6Nに分類されます。高純度アルミナの用途は、人工サファイア基板、LED照明、半導体ウエハー、セラミックス、蛍光体、人工宝石、スマートフォン部品など多岐にわたり、また、テレビ用ガラス、光学ガラス、腕時計の製造にも使用されています。

市販のリチウムイオン電池の安全性を確保するために、複雑な構造のバッテリーセパレーターが使用されています。これらのバッテリーセパレーターは、従来のポリオレフィン膜や無機複合膜にセラミックをコーティングすることで製造されています。高純度酸化アルミニウムは、そのユニークな特性から、セパレータの強化に広く受け入れられているセラミック材料の一つです。アルミナは電気的に非導電性で、リチウム電池の部品に含まれるすべての化学物質に対して不活性です。
アルミナは、電池の効果的な性能に必要な幅広い温度範囲において熱的に安定しています。この特性により、バッテリーセパレーター製造のためのコーティングおよび添加物材料として理想的です。セラミック粒子、特にアルミナは、PE/PP 膜のセラミック層のコーティングに使用され、セパレータ性能を向上させ、熱暴走の可能性を低減します。コーティングされたアルミナ層は、高温での破損を防ぎ、セパレータのデンドライトダメージを妨げます。HPA はバッテリーセパレーターの物理的・化学的特性を大幅に向上させるため、リチウムイオン電池の製造に採用される可能性が高くなります。

HPAの需要は、世界的に大きく伸びています。従来の電球に代わってLED電球の採用が急増していることと、LEDの技術的進歩により、今後3年間でHPAの需要が倍増すると予想されています。HPAは、携帯電話のバックライト、広告用照明、ディスプレイ、自動車のヘッドライト、家庭用照明に広く使用されている白色LEDなどのLED照明システムの製造に不可欠なものです。HPAから作られる合成サファイアウェハー基板は、その優れた熱伝導性と超高純度表面により、LED照明システムやディスプレイに使用されています。

高純度アルミナ市場規模予測によると、今後数年間は4Nグレードが急成長すると予想されています。同セグメントは、2021年のグレード別市場において、64.0%近い突出したシェアを占めています。4NグレードのHPAは純度99.99%です。LED、リチウムイオン電池、様々な家電やガジェットに使用される傷のつきにくいガラスなどの需要の増加が、このセグメントを席巻しています。

アジア太平洋地域は、同地域のエレクトロニクス分野におけるアルミナ茎の需要増加により、2021年の金額ベースで世界のHPA産業の主要シェアを占めています。中国、韓国、台湾、日本は、アジア太平洋地域における電気・電子製品の主要な製造拠点となっています。北米の高純度アルミナ産業の拡大は、同地域のHPA生産者の存在感の高まりに起因していると考えられます。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/high-purity-alumina-market-grade-4n-5n-and-6n-and-application-leds/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年12月07日 15:30
「世界のウイルスベクター製造市場2022年-2032年:ワークフロー種類別 (上流工程、下流工程、ベクター種類別、用途別、エンドユーザー別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月07日 14:30
「世界の炭化ホウ素市場2022年-2031年:形態別(粉体、粒体、ペースト)、グレード別(研磨材、セラミック、耐火物、原子力、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月07日 11:30
「世界のスマートファブリック市場2022年-2031年:製品別(超スマートファブリック、アクティブスマートファブリック)、機能別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月06日 15:30
「世界の手術室統合市場2022年-2032年:コンポーネント別 (ソフトウェア、サービス)、デバイスタイプ別、用途別 、エンドユーザー別 」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月06日 14:30
「世界の持続可能な(サステナブル)船舶燃料市場2022年-2031年:種類別(水素、アンモニア、メタノール、バイオ燃料、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.