2022年12月05日 09:00

「商業・産業用デマンドレスポンスとフレキシビリティマーケット」市場レポートの取り扱い開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月28日 レポート販売取扱開始
株式会社データリソース(東京都港区)はガイドハウス(Guidehouse)が出版した下記英文調査レポートの販売を2022年11月28日に開始いたしました。


タイトル
Commercial and Industrial Demand Response and Flexibility Markets
商業・産業用デマンドレスポンスとフレキシビリティマーケット


レポート概要
分散型エネルギー源(DER)を設置し、最終用途を電化することで、光熱費の削減と事業からの排出量削減を目指す顧客が増える中、商業・産業(C&I)のデマンドレスポンス(DR)と仮想発電所(VPP)の容量が増加しています。同時に、電力会社や系統運用会社は、化石燃料を使用しない発電源への移行を模索しています。このようなトレンドの収束により、柔軟性のあるC&I DERの容量が、柔軟性市場を通じて顧客のニーズに応え、必要不可欠なグリッドサービスを提供する機会が生まれています。

柔軟性のあるC&I DER容量の増加を後押しするのは、企業の持続可能性目標や、頻発する自然災害の影響を受けて信頼性と回復力を強化したいという要望です。再生可能エネルギー容量の増加と系統インフラの老朽化による制約が、電力網の柔軟性へのニーズを高めています。また、新しいエネルギー市場規制により、電力会社以外の資源が柔軟性を提供することで補償を受けることが可能になりつつあります。

一方、新たなエネルギー市場規制により、電力会社以外の資源が柔軟性を提供するための補償を受けられるようになりました。電力会社によるビハインド・ザ・メーターの資源運用の可視化は限られており、顧客の関与や教育に関する問題が、柔軟性のあるC&I DERの普及を阻む要因の1つとして残っています。

Guidehouse Insightsの本レポートでは、柔軟性市場で利用可能なDRやVPPを含む柔軟なC&I DER市場について検証しています。2022年から2031年にかけての主要5地域の容量、導入費用、収益について地域レベルの予測を示し、容量予測を技術タイプ別に区分しています。柔軟性のあるC&I DERの総容量はヨーロッパで最大となる一方、ラテンアメリカと中東・アフリカで最も急速に成長すると予測されています。


主な質問
● フレキシビリティ市場とは何か?
● エネルギー移行におけるフレキシブルなC&I DER容量の役割とは?
● フレキシブルDER容量の種類はどのように異なるのか?
● グリッド運用におけるフレキシブルなC&I DER容量の利用を促進しているものは何か?
● フレキシブルな C&I DER 容量の利用を妨げているものは何か?
● C&I の顧客が DR と VPP の容量を増やすためにできることは何か?
● 技術ベンダーとアグリゲータは、どのようにしてDRとVPPの採用を促進することができるか?
● フレキシブルなC&I DER容量からの収益は地域によってどのように異なるか?


このレポートが必要な人
● 商用および産業用エネルギーユーザー
● VPPプロバイダー
● デマンドレスポンスプロバイダー
● IoTベンダー
● 太陽光発電事業者
● エネルギー貯蔵事業者
● 公益事業者・系統運用者
● 規制当局・政策立案者


目次抜粋
- エグゼクティブサマリー
- マーケット・ドライバーズ
- 市場のバリア
- 産業バリューチェーン・マージン分布分析
- 市場の概要
- 市場の課題
- 市場の原動力
- 送電網における再生可能エネルギー容量の増加
- オープンなエネルギー市場の構築と新たなDER規制
- 容量制約とインフラの老朽化
- DER導入の増加と資産全体の最適化に対する顧客の要望
- 市場の障壁
- 業界バリューチェーン・マージン分布分析
- 市場予測
- 本予測の前提条件
- 世界のC&I DERフレキシビリティ市場
- 地域別の予測
- 結論と提言
- C&I部門の大口エネルギー消費者
- DERベンダー、DRアグリゲータ、VPP事業者、柔軟性ソフトウェアプロバイダ
- 電力会社およびグリッドオペレーター


◆このレポートについて
Commercial and Industrial Demand Response and Flexibility Markets
商業・産業用デマンドレスポンスとフレキシビリティマーケット
出版日:2022年11月28日
https://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/commercial-and-industrial.html


◆ガイドハウス社(Guidehouse) について
https://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/index.html

________________________________________

株式会社データリソースは、米国調査会社ガイドハウス社(Guidehouse)の
日本における正規販売代理店として調査レポートの販売を行っています。

【プレスリリースに関するお問合せ】

ガイドハウス社(Guidehouse)日本正規販売代理店
株式会社データリソース
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Eメール:office@dri.co.jp
HP: https://www.dri.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社データリソース(カブシキガイシャデータリソース)
代表者
佐々木 浩(ササキ ヒロシ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
TEL
03-3582-2531
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.dri.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.