2022年11月29日 11:00

PEG化タンパク質の市場規模、2030年に30億6000万米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「PEG化タンパク質の市場規模、シェア、動向分析レポートタンパク質タイプ別(CSF、インターフェロン)、用途別(がん、肝炎)、製品・サービス別(消耗品、サービス)、エンドユーザー別、およびセグメント別予測、2022年~2030年」(Grand View Research, Inc.)の販売を11月28日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi1147620-pegylated-proteins-market-size-share-trends.html

PEG化タンパク質の市場規模は、2022年からCAGR11.71%で成長し、2030年には30億6000万米ドルに達すると予測されています。PEG化は、治療薬、薬剤、ベシクルなどの分子にポリエチレングリコールポリマー鎖を共有および非共有で結合させるプロセスです。また、PEG化化合物には、タンパク質分解防止効果、半減期の延長、低毒性、低免疫原性など、業界拡大に寄与する特定の付加的な利点もあります。

一方、PEG化プロセスのコスト上昇と一部の医薬品の特許切れにより、業界の拡大がある程度抑制されると予想されます。しかし、非タンパク質ベースの薬剤よりもタンパク質ベースの薬剤を好む傾向が強まっており、PEG化によってタンパク質の安定性と循環半減期が改善されるため、市場の成長が促進されるものと思われます。癌、腎臓病、関節リウマチのような慢性疾患の発生率が上昇していることが、同市場拡大の主な要因となっています。IARC(国際がん研究機関)は、2020年の世界におけるがん死亡者数は1030万人、新たながん患者数は1930万人と推定しています。

さらに、年間2950万人の新規発症のうち、2040年までに1640万人ががんに関連した原因で死亡すると予測されています。また、国連合同エイズ計画(UNAIDS)のファクトシート「Global HIV and AIDS Statistics 2021」によると、2020年にHIV陽性と診断された人は世界で3770万人に上ります。その結果、慢性疾病および感染症の負担増加とともに、医薬品を製造の需要が高まることが予想されます。このことは、研究を促進することになり、市場にプラスの影響を与えるものと思われます。

2021年6月に発表された「PEGylated nanoparticle albumin-bound steroidal ginsenoside derivatives alleviate SARS-CoV-2-mediated hyper-inflammatory responses」と題する研究によると、SARS-CoV-2 ICU患者で、PEGylated Nano Particle Albumin-Bound (PNAB)-steroidal GinsenosideはヒストンH4とNETosis関連因子の血漿レベルを下げることに成功し、SREBP2媒介全身炎症を軽減させることができるといいます。PNAB-ステロイドジンセノサイド薬は、重症のSARS-CoV-2患者によく見られる凝固とサイトカインストームの症状を治療するのに役立つと思われます。COVID-19パンデミックでは、PEG化技術を使用して多くの研究活動が行われており、市場に好影響を及ぼしています。

さらに、製薬会社やバイオテクノロジー企業による研究開発プロジェクトへの投資の増加も、市場の拡大を後押ししています。例えば、2022年3月、抗体特性評価やタンパク質精製プロジェクトを強化・迅速化するために設立されたプロテインサイエンス部門のFlow Eighteen38の親会社であるCRO FairJourneyBiologics S.Aは、部門のタンパク質生産と物理・生物特性評価能力およびサービスに対して558万米ドルの投資を発表しています。このような投資は、市場全体の成長を補完すると考えられます。また、過去数年間、研究開発プロジェクトを支援するために主要プレイヤーによる戦略的パートナーシップが形成されており、業界再編の傾向が見受けられます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1147620-pegylated-proteins-market-size-share-trends.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.