2022年11月30日 14:30

「世界の喘息治療薬市場2022年-2031年:治療タイプ別(長期喘息治療薬、短期喘息治療薬)、投与経路別(吸入、経口、点滴、皮下注射)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月30日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の喘息治療薬市場2022年-2031年:治療タイプ別(長期喘息治療薬、短期喘息治療薬)、投与経路別(吸入、経口、点滴、皮下注射)」調査資料の販売を2022年11月30日に開始いたしました喘息治療薬市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の喘息治療薬市場2022年-2031年:治療タイプ別(長期喘息治療薬、短期喘息治療薬)、投与経路別(吸入、経口、点滴、皮下注射)
■英文タイトル:Asthma Treatment Market (Treatment Type: Long-term Asthma Control Medications and Quick-relief Medications; and Route of Administration: Inhaled, Oral, Intravenous, and Subcutaneous) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年11月16日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
喘息は、気道が狭くなったり腫れたりすることで、余分な粘液が形成される疾患です。このため、呼吸が困難になり、咳や笛のような音、息切れなどを引き起こすことがあります。喘息は、人によっては小さな悩みの種です。人によっては、日常生活に支障をきたし、喘息増悪とも呼ばれる生命を脅かす喘息発作を引き起こす可能性のある大きな問題になります。
人によっては、運動誘発性喘息などの状況で症状が悪化し、寒さや乾燥した空気で悪化する可能性があります。化学物質の煙やガス、ほこりなど、職場にある刺激物が職業性喘息の原因となります。花粉、カビの胞子、ゴキブリの排泄物、ペットが排出する皮膚や乾燥した唾液などの空気中のアレルゲンは、アレルギー性喘息を引き起こします。
喘息治療薬には、ネブライザーやスペーサーなどがあります。喘息の患者さんには、ネブライザーが好まれます。これは、喘息の患者さんに素早く簡単に薬の量を届けることができる装置です。

喘息は、全世界で数百万人が罹患している公衆衛生上の大きな問題です。微生物への曝露、受動喫煙、大気汚染などの遺伝的・環境的要因によって、大人と子どもの両方で疾病負担が増加しており、それによって喘息治療薬のニーズが高まっています。
WHOによると、2019年に喘息は約2億6200万人が罹患し、455,000人がこの病気で命を落としました。喘息関連の死亡の大部分は低・中所得国で発生しており、過小診断や過小治療が一般的です。
CDCによると、喘息は米国で約2,600万人が罹患しており、この病気による社会的コストは年間560億米ドル以上と推定されています。したがって、喘息患者数の増加が、予測期間中の喘息治療薬の需要を促進すると予測されます。

喘息は、生涯続く一般的な慢性疾患の1つです。人々は、喘息とその治療についてますます認識するようになってきています。世界喘息デーは、世界喘息イニシアチブ(GINA)が主催する、世界中で喘息発作治療に関する認識を向上させるための年次イベントです。5月いっぱいは「全米喘息・アレルギー疾患啓発月間」と定められ、喘息の管理と啓発を行い、すべての人々の生活を向上させることを目的としています。人々は、加圧式定量吸入器や乾燥粉末吸入器など、喘息の一般的な治療法について知っています。
CDCの全米喘息対策プログラムは、より良い健康と生活の質の向上を達成するために、米国内の人々の喘息治療を支援することを目的としています。このプログラムでは、州、学校、非政府組織が喘息のサーベイランスを改善し、医療従事者を訓練し、喘息について個人とその家族を教育し、一般市民に喘息を説明できるよう資金援助を行っています。

治療法の観点から、世界の喘息治療薬市場は、長期的な喘息コントロール薬と即効性(レスキュー)薬に二分化しています。2021年には長期的な喘息コントロール薬セグメントが業界を支配しました。これは、喘息の最も効果的な治療法の選択肢です。吸入コルチコステロイド(ICS)は、最も強力で効果的な長期喘息治療薬で、GlaxoSmithKline plcのADVAIR DISKUSとAstraZenecaのSymbicortは、事業で主要シェアを占める重要な長期喘息治療薬です。

世界市場は投与経路によって、吸入剤、経口剤、静脈内投与剤、皮下投与剤に分類されます。2021年は吸入薬が主要シェアを占め、吸入薬は、肺の上皮に直接吸収されるため、喘息発作の治療法として最も好まれています。

喘息治療薬の世界市場は、流通経路の観点から、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に分けられます。2021年には、小売薬局セグメントが最大のシェアを占めています。これは、小売薬局を通じて調剤される喘息治療薬の増加や、発展途上国での小売薬局の増加によるものと考えられます。

2021年の主な市場シェアは、北米が占めています。これは、最近のFDA承認、パイプラインにある多数の医薬品、未診断の喘息患者数の減少に対する注目度の上昇、および同地域における早期治療の利用可能性に起因するものです。CDCによると、2017年、米国では喘息が推定160万件の救急部(ED)受診と18万3千件の入院を引き起こしたとのことです。
アジア太平洋地域の市場は、予測期間中、より高いCAGRで拡大すると予想されます。これは、中国とインドにおける喘息の高い有病率、喫煙の増加、環境汚染の上昇に起因しています。Lung India誌に掲載された研究によると、喘息患者数は1.5~2兆人と推定され、世界の喘息患者10人に1人はインド出身者であることが分かっています。呼吸器疾患管理への注力と喘息管理に対する意識の高まりが、同地域の市場拡大に拍車をかけています。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/asthma-treatment-market-treatment-type-long-term-asthma-control-medications-and-quick-relief-medications/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年12月29日 15:30
「世界の自律走行搬送ロボット(AMR)市場2022年-2031年:提供形態別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、種類別(コンベア、昇降)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 14:30
「世界のバイオマスボイラー市場2022年-2031年:原料別(木質バイオマス、都市残渣、バイオガス&エネルギー作物、農林産物)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 11:30
「世界の集積型受動素子(IPD)市場2022年-2031年:受動素子別(バラン、フィルタ、カプラ、ダイプレクサ、レゾネータ、その他)、基板別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 15:30
「世界の持続可能な(サステナブル)包装材市場2022年-2031年:材質別(紙&板紙、プラスチック、金属、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 14:30
「世界の電動歯ブラシ市場2022年-2031年:種類別(平型、先鋭型)、用途別(治療用研磨、歯冠/美容用研磨、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.