2022年12月01日 11:00

協働ロボット(コボット)の市場規模、2028年に92億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「協働ロボット (コボット) の世界市場:コンポーネント別・ペイロード別 (5kg以下、5~10kg、10kg以上)・用途別 (ハンドリング、加工)・産業別 (自動車、エレクトロニクス、医療、家具・設備)・地域別の将来予測 (2028年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を11月30日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1151818-collaborative-robot-cobot-market-by-component.html

協働ロボット(コボット)の市場規模は、2022年の11億米ドルからCAGR41.5%で成長し、2028年には92億米ドルに達すると予測されます。同市場の成長は、従来の産業用ロボットシステムと比較して高い投資収益率、あらゆる規模の企業に利益をもたらす協働ロボットの特性、協働ロボットのプログラミング技術の向上、COVID-19の有事による電子商取引や物流業界での需要の増加といった要因によってもたらされます。同市場は、タイプ、コンポーネント、ペイロード、アプリケーション、産業、地域別に分類されています。

米国の高い市場シェア

2021年の北米市場のうち、米国は金額ベースで73%のシェアを占有し、今後も高いシェアを維持する見込みです。米国は、北米で最大の製造業を有しています。

メキシコ全域で産業のオートメーション化に伴い、費用対効果の高い自動化ツールの導入が進んだ結果、協働ロボットの需要はさらに高まると思われます。協働ロボットは、自動車産業など大規模産業から家具・設備などの小規模産業まで幅広く利用されています。また、協働ロボットの利用が拡大していることから、Productive Robotics, Inc.(米国)やRethink Robotics GmbH(米国)など、新興の協働ロボット メーカーの台頭が見られるようになりました。

市場の主要プレイヤーには、Universal Robots A/S(デンマーク)、FANUC Corporation(日本)、ABB(スイス)、Techman Robot Inc(台湾)、KUKA AG(ドイツ)、Doosan Robotics Inc(韓国)、デンソー(日本)、安川電機(日本)、AUBO (Beijing) Robotics Technology Co, Ltd(中国)などが挙げられます。その他のプレイヤーとしては、Omron Adept Technologies, Inc.(米国)、Franka Emika GmbH(ドイツ)、Comau S.p.A.(イタリア)、F&P Robotics AG(スイス)、Staubli International AG(スイス)、Bosch Rexroth AG(ドイツ)、Wyzo(スイス)、 Neura Robotics GmbH(ドイツ)、 Elephant Robotics(中国)、Elite Robot(中国)、Kassow Robots(デンマーク)、Siasun Robot&Automation Co. Ltd. (中国)、MIP Robotics (フランス)、Hanwha Corporation (韓国)などが含まれます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1151818-collaborative-robot-cobot-market-by-component.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.