2022年12月02日 09:00

『バッテリー開発やエネルギー貯蔵技術』の最新市場動向に関する無料ウェビナーを、IDTechExが開催します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IDTechEx(先進技術調査会社: 本社英国 ケンブリッジ)は、『電池、エネルギー貯蔵、水素の成長と課題』と題したウェビナーを、2022年12月7日(水)に開催します。

この5年間で、バッテリーやエネルギー貯蔵の重要性がますます明らかになってきました。電気自動車業界は、新型コロナウイルス感染症や半導体不足、バッテリー用原料価格の上昇による逆風を受けながらも成長軌道を維持してきました。そのため、リチウムイオン業界への投資に衰えは見られません。そうしたなか、シリコン負極、負極のないセル設計、全固体電池、セル・ツー・パック構造の開発による性能の一段の向上が強く求められています。コスト削減に取り組むバッテリーメーカーや自動車メーカーにとって、リチウムイオン電池の価格も考慮すべき重要課題になりつつあります。例えば、バッテリーメーカーは、低コストなLFPやマンガン含有量の多い正極を採用し、よりコストのかかる高ニッケルNMC・NCAと置き換えようとしています。
IDTechExがリチウムイオン電池の用途先として急成長すると予測する定置型セクターにとっても、エネルギー貯蔵コストの削減は重要な課題です。定置型エネルギー貯蔵セクターは、ナトリウムイオン電池、レドックスフロー電池といった別の貯蔵技術や、圧縮空気貯蔵、液化空気貯蔵といった非電気化学的選択肢の利用にも適しているでしょう。こうした技術は、資本コストや均等化原価を低下させ、スケーラビリティを容易にし、耐用年数の長期化をもたらします。また、リチウム、コバルト、ニッケルなど、今後5~10年にわたり供給不足が見込まれる材料を使用しないで済むことにもなります。
水素についても、エネルギー輸送や運輸のほか、鉄鋼やアンモニア生産など、排出削減が困難な産業の脱炭素化に使用されることで、世界経済の脱炭素化において重要な役割を担うことになりそうです。

本ウェビナーでは、IDTechExのシニアテクノロジーアナリストDr Alex Hollandが、エネルギー貯蔵技術、アプリケーション、市場について解説します。

<開催概要>
テーマ:『電池、エネルギー貯蔵、水素の成長と課題』
(Growth and Challenges for Batteries, Energy Storage and Hydrogen)
開催日時: 2022年12月7日(水) 11時もしくは19時から 30分間
開催方法:オンライン
言語:英語
参加費:無料(事前登録制)
https://www.idtechex.com/ja/webinar/38651-27744-12289-12456-12493-12523-12462-12540-36015-34101-12289-27700-32032-12398-25104-38263-12392-35506-38988/464


当日カバーする内容(予定)
- リチウムイオン市場
- 先進バッテリー技術
- 全固体電池
- 定置型エネルギー貯蔵
- グリーン水素とブルー水素

IDTechExは、バッテリー、エネルギー貯蔵関連で多くの種類の調査レポートを発行しています。
『定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー2023-2033年』
https://www.idtechex.com/ja/research-report/batteries-for-stationary-energy-storage-2023-2033/905
『リチウムイオン電池市場 2023-2033年: 技術、有力企業、用途、予測』
https://www.idtechex.com/ja/research-report/li-ion-battery-market-2023-2033-technologies-players-applications-outlooks-and-forecasts/898
『プロトン交換膜(PEM)燃料電池の材料 2023-2033年』
https://www.idtechex.com/ja/research-report/materials-for-pem-fuel-cells-2023-2033/899
『先進的リチウムイオンおよび次世代バッテリー2022-2032年: 技術、有力企業、トレンド、市場』
https://www.idtechex.com/ja/research-report/advanced-li-ion-and-beyond-lithium-batteries-2022-2032-technologies-players-trends-markets/852
本無料ウェビナー(英語)は、これらの調査レポートからの抜粋で行われます。
後日、使用した資料も提供します。

IDTechExは、その他にも先進技術に関連するウェビナーを開催しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.idtechex.com/ja/research/webinars

【本件に関するお問合せは、下記まで】
アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人)
100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
URL: https://www.idtechex.com/ja
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
アイディーテックエックス株式会社(アイディーテックエックス)
代表者
山元 康夫(ヤマモト ヤスオ)
所在地
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
TEL
03-3216-7209
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
https://www.idtechex.com/ja

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.