2022年12月05日 18:00

「世界の鉱業自動化市場(~2027年):提供別(機器(自動運搬/採掘トラック、自動掘削リグ)、ソフトウェア(遠隔操作&監視システム))、技術別、ワークフロー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月5日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の鉱業自動化市場(~2027年):提供別(機器(自動運搬/採掘トラック、自動掘削リグ)、ソフトウェア(遠隔操作&監視システム)、通信システム)、技術別、ワークフロー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の鉱業自動化市場(~2027年):提供別(機器(自動運搬/採掘トラック、自動掘削リグ)、ソフトウェア(遠隔操作&監視システム)、通信システム)、技術別、ワークフロー別、地域別」市場調査レポートの販売を2022年12月5日にMarketReport.jpサイトで開始しました。鉱業自動化の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
"鉱業自動化市場規模は2022年31億米ドルから2027年42億米ドルまで、CAGR 6.3%で成長する見通し"
鉱業自動化市場の成長を促進する主な要因は、海外投資を誘致し、鉱業自動化を推進する政府のイニシアティブの増加、IoTやAIなどのテクノロジーと各種鉱業自動化機器やソフトウェアとの統合の増加、世界の鉱業のデジタル変革の進展などです。金属、鉱物、石炭、鉱石など、さまざまなプロセス産業やディスクリート産業における需要の増加も、鉱業自動化市場の成長に寄与する大きな要因です。

"鉱山機械が最大のシェアを占め、通信システムは予測期間中に最も高い成長率を記録すると予測"
自律走行式運搬トラックなどの採掘機器は、独自の無線ネットワークを持ち、トラックから生成されたデータを送信して遠隔状態監視に役立てることができます。また、ワイヤレスネットワークは、目標コース、速度、ダンピングスポットに関するコマンドを監視制御装置から受信するために使用されます。トンネル掘削機(TBM)、トンネル掘削ジャンボ、ロードヘッダーなどの最新のトンネル掘削機器の導入により、鉱山会社の作業は容易かつ経済的になりました。しかし、レビュー期間中は、通信システムが最も高い成長率を示すと予想されます。無線通信システムは、頑丈で設置が簡単、メンテナンスコストが低いことから、鉱山会社での導入が進んでいます。

"2021年、地下採掘技術が市場の圧倒的なシェアを占める見込み"
地下採掘技術の最も一般的なタイプには、柱房式採掘、カット&フィルストッピング、長壁採掘、シャフト採掘、斜面採掘などがあります。柱房式採掘は、鉱石を採掘する場所から一定の間隔で配置された岩柱で坑道の屋根を支えます。カット&フィルストッピングは、垂直方向のストップや、高品位の不規則な鉱体を採掘する際に使用されます。自動車、建設、石油・ガス、エネルギー・電力などの多くのエンドユーザー産業では、金属、鉱物、石炭、鉱石などの用途に対する需要が高まっており、その結果、世界中で地下採掘活動が行われています。さらに、地下採掘は、崩壊、有毒ガスの放出、適切な換気の欠如などの潜在的な危険性のために地表採掘よりもかなり危険であるため、地下採掘活動用の自動採掘装置に対する需要が高まっています。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の鉱業自動化市場規模:提供別
- 機器の市場規模
- ソフトウェアの市場規模
- 通信システムの市場規模
・世界の鉱業自動化市場規模:技術別
- 露天採掘技術の市場規模
- 地下採掘技術の市場規模
・世界の鉱業自動化市場規模:ワークフロー別
- 鉱山開発の市場規模
- 採鉱プロセスの市場規模
- 鉱山メンテナンスの市場規模
・世界の鉱業自動化市場規模:地域別
- アジア太平洋の鉱業自動化市場規模
- ヨーロッパの鉱業自動化市場規模
- 北米の鉱業自動化市場規模
- その他地域の鉱業自動化市場規模
・競争状況
・企業情報
・隣接・関連市場

※「世界の鉱業自動化市場(~2027年):提供別(機器(自動運搬/採掘トラック、自動掘削リグ)、ソフトウェア(遠隔操作&監視システム)、通信システム)、技術別、ワークフロー別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/Mining-Automation-Market-Offering-Equipment-SE5658-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.co.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.