2022年12月06日 15:30

「世界の手術室統合市場2022年-2032年:コンポーネント別 (ソフトウェア、サービス)、デバイスタイプ別、用途別 、エンドユーザー別 」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月6日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の手術室統合市場2022年-2032年:コンポーネント別 (ソフトウェア、サービス)、デバイスタイプ別(オーディオビデオ管理システム、鉗子、ディスプレイシステム、ドキュメント管理システム)、用途別 (整形外科、一般外科、脳神経外科、その他)、エンドユーザー別 (病院、外来手術センター (ASC))」調査資料の販売を2022年12月6日に開始いたしました。手術室統合市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の手術室統合市場2022年-2032年:コンポーネント別 (ソフトウェア、サービス)、デバイスタイプ別(オーディオビデオ管理システム、鉗子、ディスプレイシステム、ドキュメント管理システム)、用途別 (整形外科、一般外科、脳神経外科、その他)、エンドユーザー別 (病院、外来手術センター (ASC))
■英文タイトル:Operating Room Integration Market by Component (Software, Services), By Device Type (Audio Video Management System, Forceps, Display System, Documentation Management System), By Application (Orthopedic Surgery, General Surgery, Neurosurgery, Other Applications), by End-use (Hospitals, Ambulatory Surgical Centers (ASCs)), and by Region (2022-2032)
■発刊日:2022年11月16日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
医療業界は技術革命を遂げました。手術室のコンポーネントを統合することで、外科チームはより生産的に手術し、手順を合理化し、それによってワークフローを最適化することができます。手術の効率化は生産性の向上と相関し、統合された手術室システムのより良い実装をさらに意図しています。
OR統合技術により、医療業界は、デバイスの単純な視覚化から、デバイスの制御と接続、4K超高解像度の高度な視覚化のサポート、ビデオ会議やライブ配信を使用したリアルタイムコミュニケーション能力でのコラボレーションを含む複雑性の高いORまで選択することができるようになりました。
さらに、OR統合システムは、診断画像や報告書を含む患者データのセキュリティを可能にします。これにより、患者は一切の移動を排除し、OR内にのみ滞在することができます。さらに、医師は患者のレポートや画像にアクセスし、必要なときにいつでも使用することができます。さらに、最適な技術統合によって節約された時間によって、病院はより多くの手術を行うことができ、人命を救うことができるのです。

手術室の統合は、どのように手術室の範囲を進化させたのでしょうか?
統合手術室システムの出現は、低侵襲手術の需要に端を発しています。小切開で済むため、不快感が少なく、回復が早く、入院期間も短くなります。ロボット手術と遠隔医療は、低侵襲手術の発展により、今後10年間で需要が増加すると考えられます。従来の手術室の限界は曖昧になる可能性が高いです。
単切開の腹腔鏡および内視鏡手術技術の開発が進んでいるため、腹腔鏡治療の傾向が変わってきています。また、画像誘導によるバスキュラーアクセス技術やその他の内視鏡的アクセス技術により、全身麻酔下での処置が可能になりました。これらの技術は、従来の外科手術に取って代わるものであり、統合手術室や画像誘導に特化した手術の必要性がより高まっています。

手術室統合市場の課題は何ですか?
ハイエンドのIT対応システムと様々な機器やソフトウェアの費用がかかるため、手術室の統合には高い設定コストと運用コストがかかります。ソフトウェアのインストールには、ソフトウェアの拡張に伴う継続的なアップデートが必要であり、結果として支出コストが増加します。また、高度な技術を維持することは、ソフトウェアを購入するよりもコストがかかります。ソフトウェアライセンスの初期価格の20~25%が年間保守費用になると推定されます。
さらに、多くの国では、データ交換や保存のためのIT標準のルールがないため、相互運用性の問題が懸念されます。相互運用性の欠如は、患者の健康に対する要求の誤解を招き、手術室の統合に非効率をもたらす状況をさらに悪化させる可能性があります。
さらに、新しいシステムを導入する際には、医療スタッフに対して大規模なトレーニングが必要となり、多大な時間的・金銭的コストが発生します。当初、手術室統合市場のメンテナンスとアップグレードから発生する高い投資コストと高いコストは、ある程度まで医療業界の抑制要因として作用します。

アジア太平洋地域の手術室管理システム市場はどのように形成されているのでしょうか?
アジア太平洋地域は、手術室統合市場において有利な機会を目撃することになりそうです。手術室統合産業は、治療のためにアジアに渡航する近年の国際的な患者によって牽引されています。例えば、膝関節置換術の費用は米国では最高53,000米ドルですが、シンガポールでは13,000米ドルにまで下がります。
さらに、美容整形を希望する患者さんは、韓国を希望しています。韓国では美容整形外科の患者のうち中国と米国が最も多く、そのため手術室の統合が必要となっています。また、韓国はロボット手術の分野で医療技術の構築に力を入れており、これがさらに韓国の高度な手術室統合市場の需要を後押しすることになるでしょう。

米国の手術室統合市場の分析
米国の手術室市場は、2032年までに24億米ドルと評価されています。同市場は今後さらに成長し、予測期間中に13.6%の成長率を達成すると見られています。米国では人口のほぼ半数が低侵襲手術を受けており、その結果、OR統合の需要が高まっています。
また、National Coordinator for Health Information Technologyによると、米国では電子カルテの利用が急増しており、相互運用性の向上と手術室統合の必要性が高まっています。米国には大手企業が2社あり、2022年から2032年にかけて17億米ドルの市場規模があると予想されるのも不思議ではない。

イギリスの手術室市場は、2032年までに297Mn米ドルの市場規模になると予測されます。2022年~2032年の間に、同市場は206Mnドルの絶対的なドル建て機会を記録すると予測されます。

日本では、手術室市場の評価額が298Mnドルに達すると予測されています。CAGR15.3%で成長する同市場は、2億2700万米ドルの絶対的なドル建て機会をもたらすと予測されます。

韓国の手術室市場は、予測期間中に1億100万米ドルの絶対的なドル機会を獲得すると予想されます。2032年には148百万米ドルの評価額に達する見込みです。

文書管理システムが手術室統合市場の収益をリードしている理由は?
文書管理システムは市場を支配し、2017-2021年の間に10.7%の成長率を目撃しました。文書管理システムによる市場収益は、2022年から2032年の予測期間中に13.1%のCAGRで成長すると思われます。情報は、高品質で費用対効果の高い医療の基盤となり、その結果、医療業界では文書の効率的な管理への傾向が強まっています。
文書管理システムは、すべての患者記録を単一のプラットフォームで管理するため、外科医は手術中に患者の履歴や関連データにアクセスすることができ、生産性を高めることができます。さらに、ドキュメント管理システムは、ユーザーが情報をコントロールすることを可能にし、プライバシー侵害を防止し、機密性を保持します。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/operating-room-integration-market-by-component-software-services/
■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年12月29日 15:30
「世界の自律走行搬送ロボット(AMR)市場2022年-2031年:提供形態別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、種類別(コンベア、昇降)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 14:30
「世界のバイオマスボイラー市場2022年-2031年:原料別(木質バイオマス、都市残渣、バイオガス&エネルギー作物、農林産物)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 11:30
「世界の集積型受動素子(IPD)市場2022年-2031年:受動素子別(バラン、フィルタ、カプラ、ダイプレクサ、レゾネータ、その他)、基板別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 15:30
「世界の持続可能な(サステナブル)包装材市場2022年-2031年:材質別(紙&板紙、プラスチック、金属、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 14:30
「世界の電動歯ブラシ市場2022年-2031年:種類別(平型、先鋭型)、用途別(治療用研磨、歯冠/美容用研磨、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.