2022年12月07日 13:00

ソフトウェア無線の市場規模、2027年に125億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ソフトウェア無線の世界市場:プラットフォーム別 (航空、海上、陸上、宇宙)・用途別 (政府・防衛、商業)・コンポーネント別 (ハードウェア、ソフトウェア)・種類別・周波数帯域別 (シングルバンド、マルチバンド)・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を12月6日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1153486-software-defined-radio-market-by-platform-airborne.html

ソフトウェア無線の市場規模は、2022年の100億米ドルからCAGR4.6%で成長し、2027年には125億米ドルに達すると予測されています。最新の軍事戦術通信システムの調達が増加していることが、2027年までの同市場の成長を促進すると予想されます。

ソフトウェア無線(SDR)の継続的に進化するダイナミクスは、北米、欧州、アジア太平洋、中東、ラテンアメリカ、アフリカなどの国々における、政府間の状況の変化に影響を受けています。

通信業界におけるSDRの需要の高まりや、次世代軍事通信システムの導入の増加は、2027年までのSDR市場の成長を後押しすると予想されます。

世界中の先進国や発展途上国の政府当局は、高い技術をもつ製品を継続的に調達するなど、軍事費に力を入れています。米国、フランス、ロシア、イスラエルなどの国々は、軍事および防衛製造分野で優位に立つことに主眼を置いています。また、中国、インド、韓国などの国々は、近年、軍事費を強化しており、世界の経済力がアジアにシフトしている可能性が考えられます。中国は世界でも有数の防衛費支出国である。中国が軍事・防衛分野で強力なプレーヤーとして台頭してきたことで、インド、ベトナム、日本などの近隣諸国も軍事費の増加に注力しています。これらの国々は、米国と並んで、国境や国防を強化するために高い防衛予算を組んでいます。例えば、2019年11月、L3Harris Technologies, Inc.は、米国特殊作戦司令部(USSOCOM)から戦術無線機の供給で8600万米ドル超の契約を獲得しました。Elbit Systemsは2019年10月、スイス軍から無線通信システムの供給で2億米ドル超に相当する契約を獲得しました。このような契約は、今後のソフトウェア無線市場を牽引することが考えられます。

陸上セグメントが最大シェアを獲得

プラットフォーム別に、市場は、航空、海上、陸上、宇宙に分類されます。防衛分野では、安全で妨害のない通信への要求が高まっており、ソフトウェア無線(SDR)市場の成長につながっています。SDRは、軍事、公共安全、通信など、さまざまな分野で多くの明確な用途を見出すことができます。SDRは、マルチサービス、マルチ機能、マルチバンドの無線機器の拡張を加速するのに役立つ先進技術です。

SDRは、従来は複数の無線コンポーネントを統合することで実現していた幅広い機能を、単一の無線機器でサポートすることを可能にします。SDRの製造中、業界関係者が最初に注目するのは、多目的デバイスの開発です。1台のソフトウェア無線デバイスで、セルラー接続、GPS位置情報サービスの提供、AM/FMレシーバーとしての機能、無線データネットワークとの接続、HDTVレシーバーとしての機能などを実現することができます。

また、単一のハードウェアデバイスで多数の規格を瞬時に操作できるため、ユーザーのニーズを満たすために必要なアップグレード可能性と柔軟性を提供します。この技術は、ソフトウェアRANソリューションにも対応しており、携帯電話事業者は、バックホール輸送とともに共有のRF機器を含む単一のハードウェアプラットフォームで複数の規格を同時にサポートすることができます。SDR市場は、北米とアジア太平洋地域で大きな成長を遂げています。これは、地域で通信システムや電子プラットフォームの製造設備が増加していることに起因しています。米国、中国、日本、韓国、インドなどは、通信システムや電子プラットフォームの製造拠点として大きな役割を果たしています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1153486-software-defined-radio-market-by-platform-airborne.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.