2022年12月07日 15:00

「世界のオリゴヌクレオチド合成市場(~2027年):製品別(医薬品、合成オリゴ、試薬)、種類別(カスタム、プレデザイン)、用途別(治療、研究)、エンドユーザー別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月7日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のオリゴヌクレオチド合成市場(~2027年):製品別(医薬品、合成オリゴ(プライマー)、試薬)、種類別(カスタム、プレデザイン)、用途別(治療(ASO、siRNA)、研究(PCR、シーケンシング、診断)、エンドユーザー別(製薬、CRO、CMO)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のオリゴヌクレオチド合成市場(~2027年):製品別(医薬品、合成オリゴ(プライマー)、試薬)、種類別(カスタム、プレデザイン)、用途別(治療(ASO、siRNA)、研究(PCR、シーケンシング、診断)、エンドユーザー別(製薬、CRO、CMO)」市場調査レポートの販売を2022年12月7日にMarketReport.jpサイトで開始しました。オリゴヌクレオチド合成の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
"世界のオリゴヌクレオチド合成市場は、2022年77億米ドルから2027年167億米ドルまで、予測期間中に16.8%のCAGRで推移すると予測"
市場の成長は、腫瘍学などの主要な治療分野に対するオリゴヌクレオチドベースの治療法の進行中の臨床試験が増加していることに起因していると考えられます。

"合成オリゴ市場の製品別ではプライマー部門が最も大きく成長する見込み"
合成オリゴヌクレオチド市場の製品別セグメントは、プライマー、プローブ、DNAオリゴ、RNAオリゴ、BNA&LNAオリゴなどその他の合成オリゴに分けられます。プライマーは、PCR、シーケンシング、遺伝子合成、クローニングなどの幅広い用途に使用されるため、予測期間中に最も高い成長を示すと予想されます。

"治療用途別では、2021年のオリゴヌクレオチド合成市場において、アンチセンスオリゴヌクレオチドベースの治療分野が最大のシェアを占める見込み"
治療用途セグメントはさらに、アンチセンスオリゴヌクレオチドベースの治療法、siRNAオリゴヌクレオチドベースの治療法、CpGオリゴヌクレオチドベースの治療法に分類されます。2021年には、アンチセンスオリゴがこのセグメントの最大のシェアを占め、現在臨床試験中の多くの治療の基礎を形成しているため、セグメントの成長を後押ししています。

"アジア太平洋地域は、オリゴヌクレオチド合成市場で最高のCAGRを記録する見通し"
アジア太平洋地域のオリゴヌクレオチド合成市場は、予測期間中に最も速い速度で発展すると予想されています。研究開発資金や研究活動の増加、製品の入手可能性の向上、外注費の減少などが、市場成長を促進させる要因のひとつと考えられます。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のオリゴヌクレオチド合成市場規模:製品別
- オリゴヌクレオチドベース医薬品の市場規模
- 合成オリゴヌクレオチドの市場規模
- 試薬の市場規模
- 機器の市場規模
・世界のオリゴヌクレオチド合成市場規模:用途別
- 治療における市場規模
- 研究における市場規模
- 診断における市場規模
・世界のオリゴヌクレオチド合成市場規模:エンドユーザー別
- 病院における市場規模
- 製薬&バイオテクノロジー企業における市場規模
- 診断研究室における市場規模
- CRO&CMOにおける市場規模
- 学術・研究機関における市場規模
・世界のオリゴヌクレオチド合成市場規模:地域別
- 北米のオリゴヌクレオチド合成市場規模
- ヨーロッパのオリゴヌクレオチド合成市場規模
- アジア太平洋のオリゴヌクレオチド合成市場規模
- 中南米のオリゴヌクレオチド合成市場規模
- 中東・アフリカのオリゴヌクレオチド合成市場規模
・競争状況
・企業情報

※「世界のオリゴヌクレオチド合成市場(~2027年):製品別(医薬品、合成オリゴ(プライマー)、試薬)、種類別(カスタム、プレデザイン)、用途別(治療(ASO、siRNA)、研究(PCR、シーケンシング、診断)、エンドユーザー別(製薬、CRO、CMO)」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/Oligonucleotide-Synthesis-Market-Product-Drug-BT2680-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.