2022年12月09日 13:30

ラックは、映画『レッドシューズ』に特別協賛しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、2023年2月24日全国公開の映画、『レッドシューズ』に特別協賛しましたことをご報告します。

当社は、北九州テクノセンターの開設以降、北九州市や地場企業のみなさまと一緒に地域の活性化に取り組んでおります。また、SDGsの取り組みの一環である働き方の多様性、女性の社会進出や障がい者雇用などにも力を入れております。この映画への協賛がさらなる地域活性化や、様々な困難を乗り越え夢の実現に向けて努力する方々のサポートとなることを期待し、映画の制作費の一部をサポートするかたちで特別協賛しました。

映画『レッドシューズ』は、北九州地域を舞台にし、シングルマザーのヒロインが女子ボクシングの世界に挑むヒューマンストーリーです。本作の主人公には本格的なトレーニングを受けて身体作りに挑んだ朝比奈彩、主人公に厳しくも寄り添うトレーナーに市原隼人、主人公の親友に佐々木希や松下由樹、森崎ウィン、観月ありさが出演しています。また、全編北九州オールロケを敢行し、若戸大橋や北九州空港、小倉旦過市場などの美しい風景を収録しました。監督は、中国のアカデミー賞と呼ばれる金鶏百花映画祭で三冠を獲得した雑賀俊朗氏で、逆境に立ち向かう母と子の愛情を描いた作品となっています。

映画『レッドシューズ』
2022年12月9日(金)北九州先行公開
2023年2月24日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

映画「レッド・シューズ」Official サイト (Facebook)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100067627389856

■株式会社ラックについて (http://www.lac.co.jp/
ラックは、システムインテグレーションとサイバーセキュリティの豊富な経験と最新技術で、社会や事業の様々な課題を解決するサービスを提供しています。創業当初から金融系や製造業など日本の社会を支える基盤システムの開発に携わり、近年ではAIやクラウド、テレワークなどDX時代に適した最新のITサービスも手掛けています。また、日本初の情報セキュリティサービス開始から25有余年にわたり、国内最大級のセキュリティ監視センターJSOC、サイバー救急センター、脆弱性診断、ペネトレーションテストやIoTセキュリティなど常に最新のサイバー攻撃対策や事故対応の最前線に立ち、情報セキュリティ分野のリーディング企業としても成長を続けています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社ラック(ラック)
代表者
西本 逸郎(ニシモト イツロウ)
所在地
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー
TEL
03-65757-0100
業種
その他IT関連
上場先
JASDAQ
従業員数
5000名未満
会社HP
https://www.lac.co.jp/
IR情報
https://www.lac.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.