2022年12月08日 15:00

オリゴヌクレオチド合成の市場規模、2027年に167億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「オリゴヌクレオチド合成の世界市場:製品別 (医薬品、合成オリゴ (プライマー)、試薬)・種類別 (カスタム、設計済み)・用途別 (治療 (ASO、siRNA)、研究 ((PCR、シーケンシング、診断薬))・エンドユーザー別 (製薬、CRO・CMO) の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を12月7日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1157273-oligonucleotide-synthesis-market-by-product-drug.html

オリゴヌクレオチド合成の市場規模は、2022年の77億米ドルからCAGR16.8%で成長し、2027年には167億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、腫瘍学などの治療分野におけるオリゴヌクレオチドベースの治療法の臨床試験が増加していることに起因しています。同市場は、製品、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に、分類されています。

製品別に、プライマー部門が高い成長率

製品別に、市場は、プライマー、プローブ、DNAオリゴ、RNAオリゴ、BNA&LNAオリゴなどに分類されます。プライマーは、PCR、シーケンシング、遺伝子合成、クローニングなどの幅広い用途に使用されるため、今後、最も高い成長を示すと予想されます。

アンチセンスオリゴヌクレオチドベースの治療分野が最大シェアを占める

治療用途別に、市場は、アンチセンスオリゴヌクレオチドベースの治療法、siRNAオリゴヌクレオチドベースの治療法、CpGオリゴヌクレオチドベースの治療法に分類されます。2021年は、アンチセンスオリゴが、臨床試験中の多くの療法の基礎を形成していることから、最大シェアを占め、市場の成長を後押ししています。

アジア太平洋市場は、最高のCAGRで成長

アジア太平洋市場は、2027年までの間、最速で発展することが予想されます。研究開発資金や研究活動の増加、製品の入手可能性の向上、外注費の減少などが、同地域の市場成長を促進しています。

市場で活動する主なプレーヤーとして、Danaher Corporation(米国)、Thermo Fisher Scientific, Inc.(米国)、Merck KGaA(ドイツ)、LGC Limited(英国)、Maravai Life Sciences(米国)、Agilent Technologies, Inc(米国)、Eurofins Scientific(ドイツ)、株式会社カネカ(日本)、Biolegio B.V(オランダ)、Biolytic Lab Performance Inc(米国)、Microsynth AG(スイス)、ATDBio Ltd. (米国)、Twist Bios Inc. (米国)、Twist Bios Inc. (英国)、Twist Bioscience Corporation(米国)、Eton Bioscience, Inc(米国)、CSBIO(米国)、Tag Copenhagen A/S(デンマーク)、Biogen Inc(米国)、Sarepta Therapeutics, Inc(米国)、Ionis Pharmaceuticals, Inc(米国)、Alnylam Pharmaceuticals, Inc(米国)が挙げられます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1157273-oligonucleotide-synthesis-market-by-product-drug.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.