2022年12月29日 12:00

テープストレージの市場規模、2026年に63億2000万米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「テープストレージの世界市場(2022年):ウクライナ・ロシア戦争の影響」(The Business Research Company)の販売を12月28日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1166488-tape-storage-global-market-report-ukraine-russia.html

テープストレージの市場規模は、2021年の41億1000万米ドルからCAGR9.6%で成長し、2022年に45億1000万米ドルとし、さらに、2026年には63億2000万米ドルに達する予想されています。
ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19大流行からの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、世界中の多くの市場に影響を与えています。
テープストレージ市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、システム障害時のバックアップや長期保存のためのデータアーカイブに使用される、テープストレージ機器の販売で構成されています。テープストレージとは、磁気テープにデジタル情報をデジタル記録で保存する技術で、大容量のデータを保存するために使用される磁気テープデータストレージのことを指します。

テープストレージ市場の主なコンポーネントには、テープカートリッジ、テープ保管庫の種類があります。容量は、アーカイブ、バックアップです。テープカートリッジは、企業データ、オーディオ・ビデオファイルなど、さまざまなデータを格納するために使用されます。テープストレージ市場におけるテープカートリッジとは、磁気テープのスプールを含むストレージデバイスを指し、ユーザーがテープを扱うことなくアクセスできるよう、適切なテープトランスポートに装填されます。また、LTO-1~LTO-5、LTO-6、LTO-7、LTO-8、LTO-9、DDS-1、DDS-2、DDS-3、DDS-4、DLT IVなど様々な技術が使われています。最終用途はクラウドプロバイダー、データセンター、企業であり、デバイスが使用されるさまざまな産業分野は、IT、テレコム、BFSI、メディア・エンターテイメント、ヘルスケア、石油・ガス、政府・防衛などがあります。2021年のテープストレージ市場は、北米が最大地域となりました。アジア太平洋は、今後最も成長する地域になることが予想されます。

各国の主要企業でテープストレージの採用が拡大していることが、今後のテープストレージ市場の成長を促進すると予想されます。大企業は、さまざまなビジネスファイルを保存するためにテープストレージを使用しており、寿命や可搬性などの面で利点をもたらします。また、大量のデータを小さな物理パッケージで保存するのにも役立ちます。例えば、米国の技術関連企業であるHewlett Packard Enterprise、IBM、Quantumは、2021年にLTOテープの容量出荷が新記録に達すると述べています。大企業によるテープストレージの採用増が、同市場の成長を促進しています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1166488-tape-storage-global-market-report-ukraine-russia.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議:https://www.giievent.jp/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.