2023年11月28日 13:00

JIG-SAWとSBIセキュリティ・ソリューションズによる、金融業界を中心にサービスをグローバル展開する合弁会社SBI JIG-SAWモダナイゼーションズ設立の最終契約締結のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JIG-SAW株式会社
SBIセキュリティ・ソリューションズ株式会社

JIG-SAW株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山川 真考、以下「JIG-SAW」)とSBIセキュリティ・ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:バスケス カオ フェルナンド ルイス、以下「SBISecSol」)は、今月、設立に向けた協議を進めることで合意していた、金融業界におけるデータコントロール(監視・運用・制御)サービス、並びに、中長期的には金融業界を中心として多種他業種向けにAI、IoTサービスを、グローバルに展開する合弁会社について、2024年1月に設立する旨の最終契約を締結しましたので、お知らせいたします。

2023年9月7日付の基本合意にかかるプレスリリース(*)でお知らせした通り、昨今では、サイバー空間における安定的な運用の実現と、その運用を支えるためのセキュアな開発が、より高度に求められています。特に、その傾向は、金融に関する領域ではより顕著に表れています。そのような高度な需要に応えるべく、今後、JIG-SAWの卓越した監視・運用・制御技術及びIoT技術、SBISecSolの伝統的金融から先端的金融までの広範な知見とグローバルネットワークを生かして合弁会社を設立し、グローバル市場を見据えた共同事業を行ってまいります。
*https://www.jig-saw.com/news/20230907/

合弁会社の社名は、「SBI JIG-SAWモダナイゼーションズ」です。「モダナイゼーション(Modernization)」は、元々は「近代化」「現代化」という意味を持つ英単語であり、昨今ではテック業界において、古くなったIT資産(ハードウェアやソフトウェア)を最新の製品や設計に置き換えることを指す際にも用いられています。
モダナイゼーションには、「リプレース」「リライト」「リホスト」「リビルド」といった手法があり、今回、両社の強みを生かして、「古いシステム概念や手法を置き換えること」をミッションとすべく、本社名に採用いたしました。更に、中長期的には金融業界に留まらず、多種他業種までも事業領域を拡張する理念を反映するため、複数形として「モダナイゼーション “ズ” (Modernization“s”)」といたしました。

JIG-SAWとSBISecSolは、それぞれの強みを融合し、金融業界を中心としてサービスの高度化・高質化をグローバルに推進してまいります。

【合弁会社の概要】
商  号:SBI JIG-SAWモダナイゼーションズ株式会社
事業内容:データコントロール(監視・運用・制御)サービス IoT向け各種サービス
本  社:東京都港区
代 表 者:市村 元信
設  立:2024年1月中を予定
資 本 金:1億円(資本準備金を含む)
出資比率:SBISecSol 51%、JIG-SAW49%

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
JIG-SAW :https://www.jig-saw.com/contact/
SBISecSol:https://www.sbisecsol.com/ja/contact/

※記載内容(リンク先を含む)のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

JIG-SAW株式会社
商号
JIG-SAW株式会社(ジグソーカブシキガイシャ)
代表者
山川 真考(ヤマカワ マスナル)
所在地
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 18F
TEL
03-6262-5160
業種
通信・インターネット
上場先
マザーズ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.jig-saw.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2024 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.