TPCマーケティングリサーチ株式会社

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

TPCマーケティングリサーチ株式会社が過去に配信したプレスリリース

今回、子宮筋腫の治療の実態を探るべく、医療機関を受診している606人を対象にアンケート調査を実施。その結果、治療法としては、「経過観察」が半数以上と最も多かった。次いで「偽妊娠療法」が約2割であった。また、薬物治療によって「強い月経痛」や「過多月経」が改善した人が6割以上にのぼることもわかった。当調査では、子宮筋腫の重症度と治療実態、及びその効果について分析している。

2016年度のヨーグルト・乳酸菌飲料市場は、前年比4.2%増の5,803億円となった。要因としては、健康機能をより強く訴求した“機能性アイテム”が好調に推移したことが挙げられる。当資料では、ヨーグルト・乳酸菌飲料市場を種類別、メーカー別、ブランド別等に調査。さらに今回は、“機能性アイテム”の訴求別、機能別マーケットのほか、主要メーカー15社の商品展開状況や開発動向等についても明らかにしている。

製パン・製菓原材料市場は、2016年度で9,956億円となった。同市場は、原材料価格の高騰や小麦価格の値下げ実施、消費者の低価格志向の高まりにより伸び悩んでいる。その中で各社は、“風味・食感向上”や“作業の簡便性”を訴求した商品を投入し、需要の拡大を図っている。当資料は、製パン・製菓原材料市場を分野別、種類別、業態別等に分析しており、原材料各社のマーケティング戦略立案に資する資料となっている。

今回、子宮内膜症の治療の実態を探るべく、医療機関を受診している510人を対象にアンケート調査を実施。その結果、“ホルモン療法”を行っている人は、全体のおよそ7割にのぼった。なかでも、「偽妊娠療法のみ」及び「黄体ホルモン療法のみ」を行っている人が多く、総合的な満足度も高かった。当調査では、子宮内膜症の治療法と処方薬の使用状況、薬物治療の満足度等を分析。今後のマーケティング活動に役立つ資料としている。

2016年度のスーパー惣菜/CVS・FF市場は、前年比3.3%増の3兆6,763億円となった。要因としては、共働き世帯や単身世帯、シニア層の利用者が増加したことが挙げられる。当資料では、今後の拡大が期待されるスーパー惣菜/CVS・FFの市場動向を調査し、米飯・惣菜事業の商品戦略・開発動向を分析。さらに、関西圏の主要スーパーの品揃えを調査し、現状のスーパー惣菜の店頭販売実態も明らかにしている。

カフェ(喫茶店)市場は、2016年度で1兆1,666億円となった。このうちフード分野は、約23%の2,672億円となった。近年のカフェフードは大手企業を中心に、競合店との差別化により、サンド類やトースト等のパンメニューや単価の高いパスタメニューの開発が強化されている。当資料はカフェフード市場を種類別に実査するとともに、食材マーケットも分析することで、食材メーカーの営業開拓のためのデータとしている。

2016年度のダイエット食品市場は、前年度比4.1%増の873億円となった。同年度は、機能性表示食品を上市した企業や、ダイエット領域に特化した健康食品企業が躍進。加えて、燃焼系・抑制系の訴求商品が支持を集めたことで市場が拡大している。当資料は、ダイエット食品市場についてサプリメント、代替食品、ドリンクを対象に調査。さらに、ダイエット食品を訴求別に分類し、商品展開や市場規模等を分析している。

今回、1年以内に「かゆみ」「かぶれ」「ニオイ」のトラブルに対して何らかの対策をした20代~60代女性を対象に、デリケートゾーンのトラブル実態と商品ニーズに関する調査を実施。その結果、「かゆみ」のトラブルは再発率が高く、OTC利用者は5割弱にのぼることが分かった。また、「ニオイ」対策におけるデリケート用のソープや石鹸の利用者は3割程度と少なく、これら商品の使用感の訴求が今後の課題となっている。

近年の食系企業は、特に“健康”を切り口とした高付加価値製品の開発に注力している。これは、乳酸菌の機能性に対する注目度の高まりや、今後のシニア層の拡大などが背景にある。このほか、応用製品の開発に向け、機能性表示食品制度を積極的に活用する動きも目立っている。当資料は、食系企業27社を対象に、基礎・開発研究から製品開発動向について、健康・機能性製品事業の推進状況と、R&D戦略の両面から調査している。

当資料は、欧米化学メーカー16社の成長戦略を分析したもの。近年の欧米化学メーカーは、経営資源を重点事業と注目エリアに投下することで、利益重視の成長を図っている。具体的には、注力事業の買収及び非コア事業の売却、さらに経営効率を意識した事業再編を推進。その結果、営業利益が大幅に改善された。当資料は欧米化学メーカー16社について、業績分析、R&D戦略、主要生産投資状況などを詳細にレポートしている。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.