TPCマーケティングリサーチ株式会社

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

TPCマーケティングリサーチ株式会社が過去に配信したプレスリリース

2017年度の接着剤市場は、前年度比4.0%増の2,830億円となった。伸びの要因としては、リフォーム需要の拡大に伴う住建・木工・合板用途の増加や、エレクトロニクス関連向け高機能接着剤の需要増が挙げられる。同市場では、各社が海外展開を加速させており、今後も需要の拡大が見込まれる。当資料では、接着剤6品目を対象に、地域別・品目別・用途別市場規模推移、企業別シェア、技術開発動向等をレポートしている。

2017年度の大手ケミカルメーカー20社の海外売上高は、前年度より2桁増となった。各社は世界経済の景気回復を受け、グローバル展開としてアジアを重点エリアとしている。また、領域としては、自動車、エレクトロニクス、エネルギー、インフラ、ヘルスケアをターゲットにしている。当資料では、ケミカルメーカー20社の海外進出変遷やエリア別売上高及び拠点・投資状況から、グローバル戦略の方向性を分析している。

今回、20~60代の男女を対象に、果汁飲料の飲用実態と今後のニーズについて調査を実施。その結果、“糖分”や“カロリー”に対する意識の高まりから、飲用経験率は減少した。一方で、「果汁100%未満」の飲料を日常的に飲用する人は2年連続で増加した。また、今後の飲用意向としては、“機能性”よりも“製法”が重視される傾向から、 “フレッシュ”や“ハンドメイド”に着目した商品開発が有効的であるといえる。

2017年度のメディカルフーズ市場は、前年度比2.2%増の602億円となった。低栄養患者の増加や在宅介護・医療の推進によって、市場は成長している。こうした市場を背景に、各社は機能性を強化した商品の拡充やメニュー提案等に注力している。当資料は、メディカルフーズ市場を分野別(介護食・治療食)、チャネル別、ブランド別に調査するとともに、参入各社の商品展開状況や販売促進策等についてもレポートしている。

2016年度の美白スキンケア市場は、前年度比4.8%増の2,425億円となった。要因としては、美白ケアの通年化が浸透したことや、日々のスキンケアに取り入れやすい美白アイテムの需要増が挙げられる。また、商品面では、潜在シミや定着シミ、ストレスが肌に与える影響に着目したアイテムが注目されている。当資料は、美白スキンケア市場の動向を、主要企業別、ブランド別、種類別、成分別などで分析している。

今回、成人の気管支喘息治療の実態を探るべく、医療機関を受診している669人を対象にアンケート調査を実施。その結果、直近1ヶ月間の症状が“中等症持続型相当以上”の人は全体の1/4を占めたが、そのうち6~8割は「ある程度コントロールできている」と自己評価しており、症状の実態と自己評価に相違がみられた。治療満足度は比較的高いが、重症度が高い人の4~5割は、より効果の高い注射薬の使用意向を示した。

本調査は、最近注目されている有機EL材料を中心に、ディスプレイ関連材について実査・分析。合わせて、国内外の有機EL材料関連メーカー34社の研究開発、事業展開動向についても詳細にレポートしている。調査の結果、開発面では、燐光発光材料、熱活性遅延蛍光(TADF)、塗布印刷型材料等の実用化に向けた動きが活発化している。これら有機EL材料の市場規模は、2020年に3,500億円を超える見通し。

今回、クローン病の治療の実態を探るべく、医療機関を受診・服薬している161人を対象にアンケート調査を実施。その結果、治療薬としては、活動期・寛解期ともに「5-ASA製剤」が最も使用されていることがわかった。次いで、「生物学的製剤」が使用経験率6~7割で続いた。当調査では、活動期・寛解期に使用している薬剤の種類・ブランド、生物学的製剤/バイオ後続品の使用状況や治療満足度等を分析している。

2017年度の酒類市場(数量ベース)は、低アルコール飲料、ワイン、ウイスキー、梅酒が前年を上回った。特に低アルコール飲料とウイスキーは2年連続で拡大した。一方、苦戦の続くビール類では、各社が付加価値商品の品揃え強化や主力ブランドへの経営資源集中など、独自性のある商品提案で需要を喚起している。当資料は、酒類市場を分野別に調査するとともに、メーカー別・ブランド別シェアや商品動向等をレポートしている。

2017年度の清涼飲料市場は、前年比ほぼ横ばいの3兆8,217億5,000万円となった。果汁飲料やコーヒー飲料、スポーツ・機能性飲料が縮小したものの、炭酸飲料や茶系飲料、野菜系飲料等が前年を上回った。特に野菜系飲料は、スムージーが市場拡大に大きく寄与している。当資料は清涼飲料市場を分野別にレポートするとともに、参入企業の販売動向について分析。さらに、今後の市場性や商品開発ポイントも提案している。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.